fc2ブログ

2024-05

LIGHTNINGとHONYCOMBSTEELHADER

ikeda1_20240513102807153.jpg

またまた秋田の師匠「池田浩悦氏」より報告がありました。

今季4本目は57cm。
ルアーの方々が帰った後に、なんとなく確信して、やっぱり来ました!

とのコメントを・・

ikeda2_20240513102806718.jpg

いや〜立て続けに釣る池田さんはほんと凄いと思いますが、送られた来た写真のタックルを見てちょっと感動しました。

ロッドはローウォーター時に威力を破棄するLIGHTNING SakuraMasterになんとハニカムスティールヘッダーが!
この黄金コンビに花を添えてくれるのが57cmのサクラマスとは・・

よ〜出来た話です(笑)

しかし、この写真映えに映えまくってます。

さくらマスター情報は↓↓↓
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-815.html

人生5匹目の女神

mae1.jpg

GW明けに九頭竜へ行ってきました。今季3回目になります。
初日は自分にしては珍しく夕方からのスタート(イブニングは好きじゃないので‥)。

苦手なローウォーターで流れもあまりないポイントなので、モノは試しとバーティゴシャドースイッチのスポルトに自作フローティング7.5m24gをセット。
リーダーは18ftで先端1m強を2号に結び替えています。
で、開始15分ほどで釣れてしまいました。

釣れる時はこんなもんですね。


mae2.jpg

こんなロッドで掛けたら楽しいだろうなーと思っていたスポルトですが、掛けた魚は拍子抜けするくらいおとなしく、問題なくランディングできました。
スリムな51cmだったこともあるでしょうが、翌日はでかいニゴイで思い切りファイトしても問題ありませんでした。


mae3.jpg


こだわって新藤さんに作ってもらったペゾンタイプのオリジナルリールシートも魚と一緒に写真に収めることができて感無量です。


投稿者:奈良県在住 カメラマンM

バーティゴシャドースイッチ情報は↓↓↓
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-702.html

レッスン

saka2.jpg

先日は大阪のSさんの実釣レッスンでした。
午前9時からのスタートでしたが、季節外れに寒い日になり、魚達の活性も低いのでは?と思っていましたが、釣ってみると意外や以外・・・
水深の無い速い瀬からも、大きなドライフライに飛び出すと言う、外は冬の様な気温でも水中はパラダイス状態。

saka3.jpg

実に5年振りのレッスンでしたので、もう一度ドライフライキャストの基本から指導。
しっかりとロッドは高い位置で止めて、フライがターンするまでティップを下げない!

フォルスキャストは凄く上手なのに、プレデンテーションが不味い。多くの方がそうなんです。
最後にロッドを”ビュン”と振り下ろしてプレゼンテーションするから、全部リーダーから先に落ちちゃう。
なのでフライが落ちる頃には、リーダーが下流に流されてるので直ぐにドラグが掛かっちゃう。。
このプレゼンテーションが可能なのは、ロングティペットロングリーダーだけ。
リーダー全長が12フィート前後での釣りでは、絶対にやっちゃいけないプレゼンテーションなんです。

saka1.jpg

Sさんは非常にセンスの良い感覚を持ってらっしゃる方で、僕のアドバイスを瞬時に理解して、ドライフライキャストを実践しておられました。
とは言えまだまだ完璧ではありませんので、出た魚の数は多くても、キャッチ出来た数は僅かでしたが、自分が思い描く通りのプレゼンテーションが出来た、その上で釣れた1匹は非常に価値があるんです。
ご本人も喜んでおられました。

このドライフライキャストを常に行えた上で、そのバリエーションが増えていきます。
3〜4個のバリエーションを身に付ければ、確実に釣れる魚の数も増え、もっともっと楽しいフライフィッシングライフを送ることが出来るのです。

長いリーダーでの釣りはなんだか飽きてきた・・・
長いリーダーは面倒臭い、短いリーダーで上手に釣りたい・・・
そんな方は、是非ご一報ください。
1日の実釣レッスンで、短いリーダーでもこんなに流れるのか!と驚かれるはずです。
世の中シンプルなのが1番です。それは釣りも同じ事。
シンプルでカッコ良いフライフィッシングを目指す方、ご連絡お待ちしております。

info@genius-rod.com←ここから問い合わせて

あ!最後に一言
よく短いリーダーしか使わない!って言う方も沢山おられます。
しかし、そんな方と話をしていくと、時として話が食い違うときがあるんですね。
よくよく聞いてみると、そんな方達は、かなり小さな沢で釣りをなさってる・・・
そりゃ、長いリーダー使えないよね!と言うようなフィールドです。
僕が、常日頃から発信しているのは、世間の方々がロングティペットロングリーダーで釣っておられるフィールドであえて短いリーダーを使い、キャストを駆使ししながら釣る事を意味していますので、そこんとこ宜しくです。

師匠からの報告

ikedasakura1.jpg

池田浩悦氏からまたまたサクラマス釣果の報告が届きました。

ikedasakura3.jpg

今年2本目は小ぶりのフレッシュラン。ロッドは ” LIGHTNING SakuraMaster” で軽快で楽しい釣りでした。

ikedasakura2.jpg

2日連続で、今度は62cmの太サクラ!
” LIGHTNING SakuraMaster” がすごい!


今年は季節の移り変わりが早く、川の様子もハイウォーターからローウォーターとなり、それまで使っていた HIGHLANDER SakuraMasterやSEARCHER SakuraMasterからLIGHTNING SakuraMasterに持ち替えた釣果です。
そして更にローウォーターが進むとSUNNY SakuraMasterの出番となるでしょう。

Sakura Master情報は→http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-815.html

ジーニアスオリジナルフライラインの話①




この度、フライラインを作る事になりました。

現在入手出来るラインでも十分釣りは可能なんですが、やっぱり僕の中にはサワダARラインの使用感が一番好きで、入手できなくなって以来、ずっとそれに変わるラインを探し続けて来ました。
そして遂に出会ったのが、リーウルフロングベリー(リーウルフラインの中でこれ1択です)でした。
ロングベリーと言うだけあって、サワダARと比べてもかなりベリーは長いのですが、キャスト中のフィーリングが物凄く似ていたんです。あとリーウルフラインではバンブーラインと言う銘柄の物も、それに似ていました。

なのでそれ以来、そのロングベリーラインを弊社ロッドの推薦ラインとして現在に至りました。
また購入価格の8000円台とお求め安い価格でしたが、現在は12000円と非常に高くなってしまいました。
これは明らかに円安が原因と考えられ、ある意味仕方ないとは思うのですが、12000円は簡単に勧められなくなってしまいました。

とは言え、このぐらいの価格は現在では当たり前・・とも言えるほど、どのラインも高額ですよね。
特にスペイラインはちょっと異常?とも言えるほど高い。。

高額なバンブーロッドを売っていて、何言ってるんだ?
と突っ込まれそうですが、私の考えはこうです。

ロッドやリールと言ったハードギアに関しては、使い方によっては一生物です。
壊れたら直して・・ガイドを交換して・・グリップも交換して・・と!
しかし、ラインはあくまでも消耗品です。
消耗品が高額だったら駄目なんです。。


オリジナルライン2

そんな事を思っていたある日のことです。
あるお客さんと話をしている時に「それじゃフライライン作れば?」との一言が・・
初めはそんなの無理だよ! 幾ら掛かるか分かんないし・・なんて電話口では初めっから諦め回答でした。

電話を切って数分後。
駄目元で一回聞いてみよう・・とあるメーカーへ問い合わせたところ。
「オリジナルライン大丈夫ですよ」との回答が。

金額もなんとか行けそうではないか。

よし決めた! ライン作ろう。。

まずは試しにそのメーカーさんの販売しておられる既存ラインを試す為、WF4FとWF5F 2本を購入致しました。
そのテスト風景が、上のYouTubeにてご覧頂けます。

使った感想をメーカーに伝え、これからの打ち合わせをしていた所、そのメーカーさんにも色々お知恵を頂き、最終的に信じられない展開になってしまったのです。今の段階では詳しくは言えないんですが、私にとっては非常に喜ばしい展開になりました。
いずれまたその内容はお伝えするとして、お客さんとの電話で、あ〜ダメダメ!と初めっから諦めて、次の行動に出なかったら、この話は無いわけで、物事はなんでも諦めては行けない・・と、物作りの基本を改めて勉強させて頂きました。

今後は、完全オリジナルラインが出来上がるまでを、youtubeとこのブログにてその経過をアップして行きますので興味のある方はどうぞお楽しみにしていて下さい。

あっそうそう。
ラインが作れると分かって直ぐに、助言して頂いたお客さんに速攻で電話したのは言うまでもありません。

実釣レッスン

こばレッスン3

つい先日、兵庫県にお住まいのK様から実釣レッスンの申し込みがあり、地元の川へ行って来ました。

解禁から約1ヶ月、更に土曜日という事もあり、川沿いの車道には釣り人と思われる車でいっぱい。
ちょうど時間は10時、比較的人の少ない区間へ入渓したが、今人が居ないだけで、もっと早い時間に誰か釣っているのは間違い無い。
これはこの時期、仕方ないと言えは仕方ない。

そんな時どうやって釣るのかも、レッスン内容としてはあって然るべきである。

こばレッスン1

私の実釣レッスンは、懇切丁寧にここに立って、この方向へ投げて、こう釣るんですよ!って決して過保護には致しません。K氏は過去にも2回ほどレッスンさせて頂いておりますので、より過保護扱いは致しません。。

とりあえず、自分なりに釣って頂きます。
私はしばらくの間、何も言わず後ろからその様子を見ています。そう観察です。
2〜3個のポイントを見ていると、その人の癖や釣り方が見えてきます。

その癖がいい時は何も言いませんが、もっとこうしたら良い時、初めて指導に入ります。
Kさんの場合は違いますが、時にはフィールドでキャスティングレッスンの様な時間を設ける事もあります。

過保護に指導すると、優しい先生や丁寧な指導と高評価を貰えるでしょう。
でもね・・そういう教え方はダメだと思っています。
何故なら、その人は僕が居ないと釣れないからです。
本人が自力で釣れる様に指導してこそ、本当の意味でその人の為になると思っています。

こばレッスン2

Kさんの場合、レッスン以外にも時間を見つけて釣りに来ている様です。
そこでどうしても出来なかったことや、分からなかった箏が僕の指導によりピントが合った様です。

この日は残念ながら、写真の1匹とその後ちょっと小振りなアマゴがもう1匹釣れただけでしたが、その2匹は完全に自力で釣った2匹でした。

ポイント移動の車中でKさんはこんな事を話してくれました。

「今まで長いティペットリーダーで釣ってましたが、狙って釣った!って感じがしなかった」
「勿論上手い人はちゃんと狙って釣られるのでしょうが、私はそうでは無かった」
「でもこの釣りは立つ場所や、ラインの落とし方まで考えて釣るでしょ!」
「めちゃくちゃ難しんだけど、上手くキャスト出来てフライが上手く流れた時の感動と喜び」
「魚釣れなくてもめちゃくちゃ楽しい・・と思うんです」

・・・と。

その話を聞いて、Kさんもフライフィッシングの本来の楽しみ方をとうとう知ってしまったな・・
って思いました。

上手く流せればめちゃくちゃ楽しい。。
あの楽しさを味わいに、釣りに行こう。。
それを繰り返すうちに、釣れなかった・・が釣れる!に変わっていき。
最後には、釣れないのが不思議・・と進化していくのでしょうね。

ジーニアスロッドではKさんの様な、1匹を釣る価値観を大切に思う、またそれを志すフライマンの指導にあたっています。興味のある方は是非ご連絡ください。

info@genius-rod.com まで



22回 丹沢レクチャーリザルトレポート

IMG_8599.jpg

投稿が随分遅くなってしましました。すみません。
第22回 丹沢レクチャーは、2日間共に快晴(ちょっと暑かったほど)に見舞われ無事終了しました。

13日初日の参加者は7名 14日が8名での2日間でした。

Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ