FC2ブログ

2019-02

第17回丹沢レクチャー告知

meeting_20130307120124.jpg

「ジーニアスミーティング&キャスティングスクール」

恒例となりました丹沢ホームでの弊社単独イベントのご案内です。
今期で平成最後のイベントですので、それを記念して参加者に何か得する情報を検討中。

4月13/14日(土・日)に決定。

ロングティペットリーダーシステムが日本のドライフライフィッシングシーンの常識となった昨今使用されるフライもそのシステムに合ったパターンが常用されて来ました。それはエアスルー効果の高い、つまり空気抵抗の小さいフライです。
近年、スタンダードパターンが再び見直され、それらを使って釣りたいと言う方々が増えています。しかし、多くの方がそれまでのロングティペットシステムに慣れている事から、スタンダードパターンが上手く使えないと言う声が各地で聞こえている様です。

空気抵抗の大きいフライパターンを、細く長いティペットに付けてしまうと、ターンしないは、ティペットはクルクルとギンクするわで、使いたい意思があってもシステムがそれを許してくれ無い、そんな経験ありませんか…?
それらを使って上手に釣るには、まず短いリーダーと太いティペットが不可欠です。しかしそんなシステムでは、あっと言う間にドラッグが掛かり、釣りどころでは無い… という事になります。

ところが、そうでは無いのです。

『プレゼンテーションに全ての鍵があり!』

俗に言うドライフライキャストと言われるテクニックを用いれば、太く短いリーダーでも、誰でも簡単に魚を釣る事が出来ます。そう!驚きのナチュラルドリフトの演出です。
ただ、そのドライフライキャストをするには、ちょっとしたテクニックを理解しないと出来ません。
そのテクニックを、皆さんにレクチャーさせて頂く、イベントです。


✳️4月13日(土)はキャスティングスクール(お一人様 ¥5.000)
 『短いリーダーでのナチュラルドリフト』それは投げ方の工夫で誰でもができるテクニックです。
 そのちょっとした・・を伝授いたします。
 勿論、キャスティングの基本を学びたい人も大歓迎です。

午前9時に管理事務所に集合してください。
スクール開始はおおよそですが、午前9時半頃から午後2時半頃まで。
その後ジーニアスバンブー.SIR-GREENグラファイトロッドの試投会(日没 まで)


✳️4月14日(日)実釣スクール(お一人様 ¥3.000)午前9時から正午まで その後日没まで自由行動
スクール参加希望をされない方々は、自由に釣りをしてください。

この実釣スクールは、丹沢のフィールドをどう釣るのかの指導ではありません。
短いリーダーでの実践です。どのようにそのフライをプレゼンテーションすれば綺麗に流せるのか?
そのためには、どのようなループを作らなければいけないのか?等を詳しく説明いたします。
このレクチャーはフィールドで困らない様に、基本的なプレゼンテーションをご指導いたします。


✳️両日ともに昼食は丹沢ホームさんで用意していただけます(¥900別途必要)
万が一アレルギー等で特定なものしか食べれない方はご一報ください。
丹沢ホームさんへ掛け合って見ますので。。

また、入漁券は各自ご購入ください。

宿泊の有無に関係なく2日間参加、どちらか1日のみの参加、そして宿泊しての1日のみの参加と、ご都合の良いプランで参加OKのイベントです。

3月に入った時点で、参加表明欄を設けます。
エントリーはそこからお願いいたします。

このイベントに初めて参加してみようとお考えの方、様々なご質問に、お問い合わせにお応えいたします。
ご遠慮なくメールください。

ご質問・お問い合わせは↓↓↓↓↓↓
info@genius-rod.com


過去の記事はこちらhttp://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-category-9.html

バンブー専用グリップ

今週末開催されます、つるやハンドクラフト展にて、販売いたします、VertiogShadow Switch Bambooに専用グリップを作りました。
バンブーシャフトと共に、お求め頂けたらと通常のグリップと一味違うデザインで作りましたので紹介致します。

dtd1.jpg

全体的なフォルムは、既存のものと変わりませんが、金具類を変更致しました。
また、このグリップに限りコルクグレードも良い物を使っております。

dtd2.jpg

イギリスの名門ブランドでも採用していました、6角リングです。
やはり6角バンブーにはこのデザインは良く似合う・・・様な気がします。。

dtd3.jpg

ヘッドはコルクのコンビネーションを基本仕様として設計しました。


dtd4.jpg

バットエンドマッシュルームも、このロッドの為に新しく設計。
グリップ全体のフォルムに合う様、真ん丸でもなく半円でもなく、その中間的デザインに纏めて見ました。

dtd5.jpg

今回は、このグリップに特別にメタルヘッドもセットで販売いたします。
ヘッドのネジを緩めて付け替えるだけで、ガラリとイメージが変わります。
使うリールに合わせるたり、気分で着せ替えて下さい。
(メタルヘッド付きでの販売は、クラフト展開催の3日間のみです)

dtd6.jpg


【Detached Grip BambooType】
⬛︎ ヨーロピアンデザインセミダブルタイプ
本体価格:48,500+税

超〜〜!格好いいです!
と・・自画自賛していますが、本当に格好いいと思います。
是非クラフト展で、実際にご覧下さい。。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

追伸:汚れ防止の保護フィルムを施してからの撮影となった為、少し違和感のある写真となってしましました。


経過報告

grass2019.jpg

例のグラスロッドが徐々に形になって来ました。

出来上がりまで、まだ色々な工程をクリアしなければいけませんが、ガイドとグリップが付いた途端に竿らしくなって来ますね〜。

コンプリート販売するためのパーツ等の選別も完了していますが、使用するパーツの色々を考えれば、販売価格はやはり5万円代後半になりそうです。

修理不能という販売方法から考えても、5万円代後半価格には賛否両論色々あるとは思いますが、何より各1本づつしかないと言う事に加え、近年のグラスロッドでは出せないフィーリングと、素晴らしいパラボリックアクションの捻出で、その価値は十分あると自負しています。
もし売れなかったら、タイミングを見て自分が使おうと思っているくらいです。。

気になっているお客様は、販売までもう少しお待ちください。


途中経過報告でした。。。


クラフト展販売商品ご案内

クラフト展目前にして、漸くバンブーロッドが出来あがった。
今回販売用のバンブーは2本。

3Pシングルハンドが1本。
デタッチドグリップのスイッチロッドが1本です。

buzz_20190206125606dc4.jpg

Power-Bow Lyric(リリック)と名付けたこのシリーズは、弊社が最も得意とするパラボリックアクションを3ピース設計したシリーズで、Power-Bowシリーズ(ワン&ハーフ)のパラボリックアクションを進化させたものです。
3ピースにも関わらず、2ピースより軽く感じ、振り抜きの良さと抜群の使い易さを持った、全く新しいパラボリックです。古典的なパラボリックはどうも苦手だ!という方にも使って頂ける、モダンパラボリックアクション、それがPower-Bow Lyric(リリック)シリーズです。

そのLyricシリーズに新しく6' 6"モデルが誕生いたしました。
近距離・・特に足元から、遠く離れたポイントまで、ベリーの張ったタイトなループが容易に作れ、理想的なドライフライプレゼンテーションを約束してくれます。

ポイントから離れて釣りたい、また釣らなければいけない、そしてテンポ良く釣りたい方には4番。
谷深い小さな渓流で、近距離ではあるが大きなフライを正確にプレゼンテーションしたい方には5番をお勧め致します。

⬛︎ Power-Bow Lyric "Buzz"
⬛︎ 6' 6" #4/5 3P 本体価格:¥175,000
⬛︎ オプション追加価格¥28,500
総額:¥203,500(税込) 専用ハードケース付き。

クラフト展30周年記念特別価格 ¥188,500(税込) にて販売いたします。
※この価格はクラフト展の3日間のみとし、即売用は1本のみですが、この間にご予約頂いた方々にもこの価格を適応させて頂きます。

このシリーズの情報はhttp://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-673.html



impara.jpg


昨年のクラフト展にて、弊社Sir-Greenグラファイトのシャフトの後端にグリップ(取り外し式)を着けてスイッチロッドとして発表させて頂きました。

そのロッドをVertigo-Shadow Switchと名付けました。

このロッドは、ベイトロッド(バス釣りに使うもの)に多く用いられています、シャフトとグリップが別パーツで出来ていて、グリップ先端の穴にシャフトを突っ込み、グリップに取り付けられたネジを回し固定すると言ったものです。

バスロッドの世界では常識的な仕組みでも、フライロッドの世界では意外にありませんでした。
私の好きなペゾン・エ・ミッシェルにソーヤニンフというロッドがあります。
それもグリップとシャフトが取り外せる仕組みですが、それはバンブーロッドに常用される金属フェルールで脱着するもので、弊社が今回使用した仕組みとは少し違ったものです。
その仕組みをDetached Grip System(デタッチドグリップシステム)と名付け、2018年2月から販売を開始しています。

それから1年、そのVertigoShadow Switchシリーズに新しくバンブーロッドを追加致しました。
スペックは、11' 0"(グリップを取付けた全長)でライン番手は6/7番。
グレイン数でご紹介しますと、350gr~450grの間でご使用下さい。
スカジット系の短いラインでは350gr前後、スカンジナビアンタイプの様なシューティングヘッドタイプを使用する場合は450gr相当のラインが最もフィーリングよく飛んでいきます。

一見して、非常にしなやかにも感じるこのロッドですが、実際にラインを投げてみると、想像以上のパワーに驚かれるでしょう。とは言えよく飛ぶグラファイト並みの飛距離・・とは言いませんが、実戦で使うには十分な飛距離を約束してくれます。

⬛︎ VertigoShadow Switch "Impala"
⬛︎ 11' 0" #6/7 本体価格:¥165,000(シャフトのみ)
⬛︎ オプション追加価格¥8,640
販売価格:¥173.640(税込) 専用ハードケース付き

注)初めてお求め頂くお客さまに関しましては、上記ロッド価格意外にグリップ¥45,980(税込)〜が必要です。
バンブーロッドと共にお求めいただきましたグリップは、このシリーズのグラファイトロッドにも使用できます。また、すでにグリップをお持ちのお客様も、バンブーシャフトのみのご購入でお持ちのグリップを合わせて頂けます。

このシリーズの情報はhttp://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-702.html

その他、■PLATON(プラトン) ¥51,300 ■SPORT(スポルト) ¥51,840 も各1本づつではありますが、販売用として持参いたします。
注)販売用グラファイトスイッチは全てオプション追加でシャフトのみの税込価格となっています。


tsuruya2019.jpg


皆様のご来場 心よりお待ち申し上げます。

Parabolic Genius 2

grass4.jpg

グラスロッドのスペックが決定しました。

最初に予定していたのは、7' 3" #4 と 7' 5" #4/5でした。
これは、工房の片隅で、これぐらいでブランクをカットすると良いんじゃ無いかな?って事で,おおよそのスペックを出した時の実寸です。

開催まであと15日となったクラフト展の用意や、ご注文頂いてますお客様のロッド製作やら、時間が幾らあっても足らなくなる時期ではありますが、今日は久々の快晴。。このタイミングを逃したら、今度いつになるか分からないし、クラフト展の用意もどんどん押し迫ってくる。。

よし!グラスロッドの検証に行くなら今だ!って事で、行ってきました。
そして、一番理想のスペックが出ました。。

最初に予想を立てていた長さも悪くはなかったんですが、よく考えると今までこのブランクを使って近い所のスペックは出した事あるし、投げていて確かに気持ち良いんだけど、やっぱりグラス・・ちょっとシャープさにかけるでは無いか。
とは言っても、最近のグラスとは別物ではありますが、も少しシャキッとした”キレ”が欲しい。
もっと短かくするとどうなるんだろう?
しかし、ティップはもうこれ以上カット出来ない。
カットすれば番手が上がってしまうのと、バットとの繋がりのバランスが悪くなっていくからである。
そうなると手段は一つ、バットに借り止めしたグリップの位置を数センチづつ移動させ、それに伴いガイドも付け直し(テーピングだけだから簡単)一番フィールングのいい所を探す。これしか無い。
すると、時間は掛かったが、”ここだ!”って言う最も光る所を見つけました。
最初より随分良くなった。 シャッキっとキレてくれるフィーリングは申し分無い。。
よし!、この長さで決定しよう。
2本ともにここだ!という所に印を入れ帰宅。

工房に着くや否やロッドを繋いで計測した所、偶然にもハンサムボーイ・ハンサムボーイ イオと同じ長さであった。
この偶然は一体何なんでしょう・・
ちょっと気持ち悪い感じもあるにはあるが、実際にそうなった以上このスペックで決定です。

その詳細は

⬛︎ 6' 9" #4(ワン&ハーフ)
ティップ仕舞寸:120,5cm バット仕舞寸:89.5cm(スピゴット先端から)

⬛︎ 7' 2" #4/5(ワン&ハーフ)
ティップ仕舞寸:126.5cm バット仕舞寸:96.5cm(スピゴット先端から)

アクションについては、しのごの言いません。。
買った人は、買ってよかった!ときっと思って頂けるすばらしいアクションが出ました。
自信を持ってお勧めできるロッドです。

気になるコスメや販売価格は改めてご案内いたします。
次回は、ほぼ完成状態のロッドをお見せしたいと思いますが、各1本づつしかありませんので、欲しい人に不公平が出ない様に、販売時期を決めてご案内する予定です。



では・・改めまして。。
欲しいな〜と思っている人は、お楽しみに・・
期待を裏切らないアクションになってますので是非!!!!




Parabolic Genius

grass1.jpg
grass2.jpg

数年前、カレイドスコープや、バーティゴシャドーとしてちょっと珍しいグラスロッドがありました。
あるメーカーのデットストックとして残っていたグラスブランクを買い取り、ティップ/バット共に切り詰めて欲しいアクションを出した物を、ジーニアスグラスロッドとして販売していた事は、記憶に新しいと思います。

当時は大変人気で、修理対象外(定番商品では無いため修理不可能)にも関わらず、お陰様でリリースするロッドすべてが時間も掛からずに完売致しました。
数に限りがあったため、一人でも多くのお客様に使って頂きたいという事から、私自身のストックは持たず(デモロッド)全て売り切りました。なので当然弊社にも存在しません。

そのブランクは、今では使えなくなったフェノール樹脂を使用していて(使える時代のものである為違法では無い)柔らかい割には背筋に芯の通った様な、この時代独特のグラスフィーリングのある竿でした。
アクションも基本的な設定がパラボリックであった為、弊社で売るにはもってこいの商材でしたが、アクションが些か”ダルんっ”としたフィーリングでした。
しかしティップとバットを切れば、僕の理想にかなり近いものが出来る・・と直観し、ストック分全部買い取り、後にカレイドスコープ、バーティゴシャドーとして生まれ変わった訳です。

今回なんと在ろう事か、その当時のブランクが2本入手出来ました。
それもスペック違いで2本ですので、事実上1本づつという事になります。
もう二度と手に出来ないブランクだと思っていたので、奇跡的な出会い・・と言っても過言では無い嬉しさです。

勿論このロッドも、後がない為修理対象外であるのですが、こんな逸材を遊ばしておくのは実に勿体無い!
1本づつしか無いと言う事から、自分自身で使うために形にしようか!と何回も考えましたが、ここはグッと堪えて・・このページにて販売をいたします。
各モデル1本しか無いのが、非常に心苦しいんですが、是非このチャンスに手に入れてください。
最高のアクションを捻出致しますので・・

さて、肝心のスペックは、◼︎7' 3" #4 ◼︎7' 5" #4/5 の2本です。
これは、この辺りで切ったら良いアクションでるな〜って言う第1段階の予想スペックです。
今回は、バリバリのドライフライロッドとなりそうです。
まずティップの強さを確認しながらティップトップを数ミリ単位でカットします。
そしてバットはこの辺りかな?と言う所でグリップを仮止めして、一番フィーリングの良いスペックを探します。
実際にラインを通して投げて見て、ループの形はどうか? フィールドを想定しての色々な投げ分けはどんな感じか?
そして、高度のあるラインを投げる事が出来るか?など色々テスト致します。
そして、一番落ち着いた所の長さがどれ位かで最終スペックが決定いたします。
写真の黄色いテープが、予想カット位置です。
あくまでも予想ですので、実際にはもっと短くなる場合、またその逆も考えられます。
したがってこの竿も、出来上がりはワン&ハーフ(ティップがバットより仕舞寸が長い)になります。

grass3.jpg

コンプリートはペゾンタイプのシート金具にライトグリーン/レッドトリムと言った、コスメを検討中。

お値段も、修理不可能と言う事ですから出来るだけお安くしたいと思いますが、非常に価値のあるブランクを使用してのオリジナルロッドですので、5万円代中盤から後半になりそうです。

このロッドはこのブログページのみでの販売です。
よってクラフト展には持って行きませんので、ご了承ください。

スペック、価格等の詳細が決定次第、販売開始致しますので、興味のある方はこのブログを逐一チェックして見てください。


この竿に関するご質問、お問い合わせはこちら→info@genius-rod.com

新しいロッド2

swtbmb1.jpg

今年新しく発売予定をしているロッドの1本として、バンブースイッチロッドがあります。
簡単に言うと、昨年からちょこちょこ売れているVertigoShadowSwichシリーズのバンブー版です。

このシリーズは、デタッチドグリップシステムと言い、本体のシャフトとグリップが別パーツで出来ていて、数種類のシャフトを1本のグリップで汎用させると言った大変ユニークなシステムを採用しています。

昨年新商品としてリリースした、■BORDER(ボーダー) 10' 0" #5 ■PLATON(プラトン)10' 4" #6  ■SPORT(スポルト)11' 0" #7 のグラファイトに加えてバンブースイッチがもう直ぐ誕生いたします。

VrtigoShadow Switch情報はこちら→http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-702.html

swtbamb2.jpg

このスイッチロッドを開発するにあたって、昨年1本のバンブースペイロッドを作りました。
それは、弊社Pawer-Bow Lyricシリーズ(3Pバンブー)のあるモデルのシャフトエンドに金属フェルールを取り付け、グリップを延長したものです。
長竿はどうバランスよく作っても持ち重り感は避けて通れませんので、パワーを失う事無く持ち重り感を軽減するため、僕なりの理論の元に中空構造を採用し作りました。

そのロッドが上の写真左側のものです。
手前のロッドが今回開発のロッドです。

スペイはオーバーヘッドと違って、常にロッドを回してキャストする為、中空構造はその行為に耐え切れないのでは?つまり不向きでは無いかと昨年1年間フィールドや、練習で使い続け見てみました。

中空により軽くなったけど、強度が足らない・・・
では、段巻きや、何かの方法で補強しよう・・・

なんのこっちゃ! それではまるで減量したのに鎧を着て馬に乗るようなものではないか!
全く支離滅裂である。
そんな事をするくらいなら、潔くこの企画はやめてしまおう・・と思っていましたが・・
心配とは裏腹・・驚いた事になんの補強もなく、ただ中空にして接着しただけのブランクでしたが、全く問題ありませんでした。ただし、10番とか重たい番手のロッドを作ってテストしたわけでは無いので、その辺りは不透明です。
あくまでも、7番あたりまでの話です。。

ロッドアクションと、中空構造と、接着剤が全てバランスよく融合したわけで、正に三位一体です。

残念ながらこのロッド、スイッチロッドとは言えちょっとスペックが短過ぎたことから、商品として販売は致しませんでした。昨年のクラフト展で展示のみしていたので、触って頂いた方も多いと思います、あのロッド全長9’1"(グリップ含む)です。

強度的に問題が無い事がわかったので、次なるプロジェクトは実践的スペックである11フィートのバンブーでした。

そして漸く納得のいくバンブースイッチが完成いたしました。
写真のシャフトに化粧を施して、販売用のロッドとしてクラフト展へ持参いたします。
出来上がりの経過と、正式なスペック、お値段等はまたこのブログでご紹介いたします。

興味のある方、是非ご覧下さい。。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ