2018-02

”Merry”

merry11.jpg

本日納品させて頂きました SIR-GREEN "MERRY" 8' 3" #4/5 4P

お客様の希望により、リールシートを変更いたしました。


merry12.jpg

MERRY(メリー)は、シングルハンドグラファイトの中でもHUNT(ハント)7'2" #4 4Pと1.2を争う人気商品です。

どちらかと言うと、ハントは実践的なイメージが強く、バンブーロッドにも共通するポテンシャルを有していることから
大変人気商品です。
一方メリーは8' 3"で、しかも#4/5というスペックですので、少し大きな渓流でドライフライやウエットフライをするのに打って付けですが、そんな理屈より一度振ってしまうとそのフィーリングが忘れなれない不思議なロッドです。


merry13.jpg

本来はシルバー色のリールシートが標準ですが、今回はそれのステンアルマイトをチョイス。

既存と同じ形ですが、色が変わるだけでちょっと高級感が出ましたね!

merry14.jpg

もちろんリールシートの色が変われば、ワインディングチェックも同色です。

その他は既存メリーと何も変わりませんが、お値段だけ3千円弱お高くなります。


このロッドを振っているだけで、なんだか楽しくなるんです。
そう! この不思議なロッドは、フライマンの一番楽しいと感じるツボをちゃ〜んと分かってるんですよね!
サーグリーングラファイトを一通り振った人の中で、大体の方がこのメリーが良い!って言われるほどですからね!


開発時の話なんですがね・・
この竿振っているだけで、愉快で楽しい!!  ってことですぐに名前は"MERRY"にしょう!って決まったんです。

あと数日でクリスマスですが、メリークリスマス♬のメリーです。
そんなメリーも、ブランクはあと残り僅かになりました。
勿論、限定販売とかじゃありませんが、リピートオーダーの注文本数(業者間の取引状況)を考えると、しばらくは・・・
って感じです。。

欲しいと思う方は、お早めにお願いします。。

SIR-GREEN販売ページはhttp://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-category-55.html





またまたマ◯ザー風

maz1.jpg

GENIUS SIR-GREEN SPEY "SEACHER" 13' 9" #7/8

以前このブログでマ◯ザー風に仕上げた、とあるロッドを紹介しました。

maz2.jpg

今回も マ◯ザー風に仕上げて欲しいと依頼があり、久々に作ってみました。。

前回は他社ブランクを持ち込んでの依頼でしたが、今回のお客様は弊社のGENIUS SIR-GREEN SPEY "SEACHER" 13' 9" #7/8でのご注文です。

maz3.jpg

このグリップは、ラバーコルクとバールコルクのコンビネーションですが、そこへ塗装を施し”ピカピカ”に!

この作業が結構時間が掛かりますが、ようやく出来上がりました。

すぐに発送と行きたいところですが、竿袋とケースがまだ入荷してません。。

入荷まであと2週間ほど掛かるらしいです。。

付属品が入荷次第発送いたします。。

ご依頼者様、今しばらくお待ちください。。

納品は月末から来月初め頃

limited2d.jpg

先日リミテッドエディションとして販売しました2本のSIR-GREEN

グリップ整形とガイド取り付けが終わりました。
週明けからバーニッシング(ガイド類に塗装を施す事)です。

25日から29日まで留守をしますので、納品は早くて月末から来月初め頃になりそうです。

ご注文頂きました方々、今しばらくお待ち下さい。。

アクション決定

sirdebutt.jpg

遂にライトライン最終モデル7' 2" #4 と 7' 7' #4 のアクションが決定いたしました。

実に7'2"#4が10回 7'7"#4が7回の試作の末、ようやく納得のいくアクションが出来ました。
こんなアクションが良く出来たものだと、自分でも感心するぐらい、素晴らしいものが・・・
だから、その詳細を早く皆さんにお伝えしたいのですが、現在バンブーロッド製作が鬼の様に忙しく、中々グラファイト発売の仕事に掛かれません。。

SIR-GREENは私独自の考えの元にアクションを出しています。
よって、既存のモデルも自信作でしたが、特に今回は私の大好きなドライフライロッドですので、とことん納得のいくところまで試作を繰り返させていただきました。だから、既存のもの以上に自信作です。
そしてパーツ類にも拘りました。。
兎に角、出来たことに私自身一番喜んでおります。

そんなわけで、早くお伝えしたいところですが、バンブー製作が一段落したら、改めて発売告知を申し上げます。

今までお待ち頂きました方々は、申し訳ありません今暫くお待ち下さい。

限定販売グラファイトPV


限定販売となりました、『HUNT LimiteddEdition7'2"#5』『WILD BERRY 7'2"#6』
先日の北海道釣行で使ってきました。
その時のヒットシーン&ランディングシーンを簡単ですが、編集しました。



▪️SIR-GREEN HUNT LimitedEdition7' 2" #5 4P
▪️アクション:パラボリックファストアクション(ドライフライロッド)
▪️グリップ:リッツグリップにステン色アルマイトのカップ&リング(品番:PZp185 ジーニアスペゾンタイプ)
▪️竿袋、専用ケース付き
▪️価格:¥75,000(税・送料別途)
▪️ご注文予約期間 販売は終了いたしました。

▪️SIR-GREEN WILD BERRY 7' 2" #6 4P
▪️アクション:パラボリックファストアクション(ドライフライロッド)
▪️グリップ:リッツアップグリップにオリジナルアップロックシート
▪️竿袋、専用ケース付き
▪️価格:¥75,000(税・送料別途)
▪️ご注文予約期間 販売は終了いたしました。


ロッドの詳細は一つ下のページを参考にしてください。

7'2"#4 実釣テスト

testo.jpg

長い間天気続きで、奈良の川も渇水で魚を釣るのが少し難しい時でしたが、1日も早く7'2"#4のテストをしたくて、先日地元の川へ行ってまいりました。

午前10時過ぎに現地へ到着。
前回の釣行時にテスト出来なかったタイプB(製造番号4と6を組み合わせた物)は、グランドでの試投では中々のポテンシャルを見せてくれた。

実践ではどうなるか? 出来れば納得の行く結果であってほしいと祈る様な気持ちで、あり得ない水の低さの川へ入渓した。

この日も、使用したラインはサワダARⅡ WF4F にスーパーテックリーダー12f 4Xに#12のドライフライを結びました。

さて、、、結果は如何に。。。

Read More »

試作ロッドを試投して

sirgreen724.jpg


前回実践テスト時にあえなく時間切れとなって、試すことが出来なかったタイプB。

次回の実践テストまで待ち切れず、仕事の合間を見て軽く試投してきました。

どうせならと、タイプAと5番の相性も今一度テェックです。

先ずはタイプB。 タイプBとは、試作製造NO-4と試作製造NO-6との組み合わせで、ティップ/セカンド/サードセクションが24tカーボン通常肉厚。バットセクションは同じく24tカーボンであるがこの部分だけ厚巻したシャフトである。
因みにタイプAは全て24tカーボンを厚巻したものです。

Read More »

SIR-GREEN 7'2" #4 4P

sirgreentest3.jpg

ジーニアスグラファイトSIR-GREEN

次なるモデルは7' 2" #4 4P モデル。
つい先日実に5回目の試作が上がってきました。

テーパーと肉厚を微妙に変えたちょっとづつ異なるブランクが4本。
その中で、これは!と思うものが何本かあったので早々実践出来るように組み上げフィールドテストをしてきました。

Read More »

SIR-GREEN SPEY 間も無く発売

sirgreenspey1.jpg

お待たせを致しました。

間も無くジーニアススペイグラファイトが誕生いたします。

度重なる試作の結果、とても良いフィーリングのアクションが出来上がりました。

sirgreenspey2.jpg

このシリーズは、主に湖をターゲットにおいて開発致しました。
Master-PaPa SugisakaFavoriteで協力頂きました杉坂隆久氏の意見も取り入れ、国内の湖に打って付けのスペックを具現化致しました。
一番の特徴として、番手の割にロッドが短いことです。
短いロッドは回転半径が小さくできることから、バックスペースをあまり必要としません。
これはウェーディング時でもバックの取れないロケーションには強い味方となってくれるでしょう。
短いロッドの割によく飛ぶこともあり、私なんかは土地柄河川でバンバン使っていきたいと思っております。
兎に角投げていて非常に気持ちいアクションに出来上がりました。

ブランクの出来上がる時間と、組み上げる為のパーツの調達時間も考えると、早くても4月下旬にリリースできれば・・と思っております。

お待ち頂いている皆様、今しばらくお待ち下さい。。






完成の明かりが見えてきた!

sirgreenspey.jpg

間も無くSIR-GREEN に新しい仲間が誕生いたします。

その名も”SIR-GREEN SPEY”

度重なる試作を経て、ようやく納得のいくアクションが出ました。。

このロッドは全部で3モデル

番手の低い方から ⭐️11'6" #5/6  ⭐️13'9" #7/8  ⭐️12'11" #9/10

特に12'11"は実に5回の試作の末、非常にフィーリングの良いアクションになりましたが、これからコンプリートに組み上げて今一度テストいたします。

11'6"と13'9"はほぼ完成で、タイミングを見て正式にブランクの発注をしようと思っています。

ジーニアススペイロッドのコンセプトは、湖を主にアクションの捻出を図りました。
あまり立ち込めないポイントでも、竿が短い分、後方にスペースを必要としません。
それでいて、釣るに必要十分な飛距離を稼ぐための番手とアクション。
特に12'11"は朱鞠内湖や金山湖のイトウにターゲットを置いています。

とは言うものの、最近では川の釣りも以前に比べて、竿は短くなり、同時に番手も低くなっています。
桜鱒の聖地である九頭竜川でも14'前後の#7/8あたりが標準だとか・・
オーバーヘッド時代に比べて、スペイは同じ番手指定でもラインの意味合いは全く違うので、当たり前といえばそうかもしれません。
そう考えると、13'9" なんかは九頭竜でも丁度良いし、犀川や利根川でも使っていただけそうです。
また、11'6"は中規模本流に打って付けです。。
本来は阿寒湖でアメマス釣りにどうぞ・・って感じで進めていたものですが。

ただ・・

スペイも色々とその人その人の拘り・・というものがありますので、湖をターゲットに置いたロッドで川釣りなんて・・
と思う方も居られるでしょう。
その辺りは、好き嫌いが左右しますので、お好きにお使いください・・ってのが正直な気持ちかな!!!

あ! 最後にこのロッド達は”まったり”と伝統的なスペイアクションではありません。
どちらかと言うと、ヘッドを多用して良い感じで飛ぶようにしております。
しかし、そうは言っても僕の作るロッドです。
生理的に感じる”曲がって気持ち良い”ってフィーリングは忘れていません。
そういう意味からは、フルベリーのスペイラインも使っていただけますが(実際にCNDラインでもテストしています)ロッドが短いので番手に対して丁度良いラインが中々無いのも現状です。

何はともあれ、先ずは一日も早く12'11"を組み上げて最終テストを終了しなければ、前へ進めません。。

早くみなさんに使っていただきたいと思いますので・・

***********************************************************************
キャスティング・フィッシングレッスン常時受け付け中
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-561.html

ペゾン・エ・ミッシェルの名竿 ”スーパーマーベル”
そのアクションをジーニアステイストで再現いたしました。

http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-557.html
限定数5本 好評発売中(残りわずか)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ