2017-03

ファールドリーダーのテスト

afr1.jpg

ファールドリーダーのテストに行ってきました。
タイプの異なる3本のリーダーをそれぞれテストいたしました。

結論から先に話をすると・・・・

第1弾としては、失敗でした。。


afr2.jpg

7.5フィートのファールドリーダーに先ずは4Xティペットを約5フィートほど付けて全長12.5フィートとし、そこへ#14のワイルドキャナリーを結んでスタードです。

三者三様それぞれに個性はありましたが、共通してターン能力が凄まじかった。。
1.5mものティペットを付けているのに#14のフライだとターンし過ぎてしまう。
その後、3Xティペットに#10ジャシッドまで色々使ってみましたが、結果はそう大差ありませんでした。

実践において、僕の理想のターンは、ゆっくりと目で追えるくらいのスロースピードでループを作り、ロッドティップを止めた状態で待っていると、フライはゆらゆらと惰力でターンする。。
これが僕の基本ターンオーバー状態です。
あくまでも惰力でターンする・・がとても大事で、これがあるからロッドを振るスピードや力加減で、しっかりとターンさせたり、逆にさせなかったりのコントロールが調整できるのです。


afr3.jpg

テスト第1弾としてのファールドリーダーは、そのターン性能は極めて強く、リーダーコントロールやティペットコントロールがちょっとしたコツが必要でした。
この辺りは、リーダーそのもののテーパーを変えたり、織り込む糸の本数を加減したりと改善方法はあるらしいのですが、ファールドリーダーはその柔らかさから、比較的短いシステムでもナイロンと同じような釣りが出来るのではないかと期待してましたが、今回のリーダーの場合に関してはそれでは無かった。

実践での欠点はありましたが、利点もあったのは事実です。
取り敢えずテーパー変更やその他考えられる方法で再チャレンジしてみる事とします。
上手く行けばジーニアスリーダーとして・・と考えていますが、さてどうなることやら。。。



ファールドリーダー

Fouled Leader
afl.jpg

ファールドリーダーってご存知ですか?
細い糸を何層にも編んだリーダーのことなんですが、意外に知名度が低い様で僕も実際に知りませんでした。

どちらかと言えば構造はシルクリーダーに近いものだと思いますが、相手がシルクに対してこれはナイロンです。
長所と言えば、非常に柔らかく柔軟性に富んでいると言うことと、ターンオーバー性が非常に良いと言うことらしい。。

らしいと言うのは、実際にまだ使ってませんので、らしい。。と言う表現になってしまいます。

実はこの写真のリーダーは市販品ではなく、特別に作って頂きました。
まず、全長を7,5フィートと定め、異なったバット長を3タイプ。
これらを今季のフィールドでテストしようと思っています。

このリーダーに興味を持った最大の理由は、柔らかいと言うこと。
柔らかい故に複雑な流れに同調し易いと言う点ですが、その上ターン性能がいいと言うことですので、僕達が推奨するハックル一杯の大きなドライフライも単純に考えて使い易いのではないか・・と思ったからです。

まだ実際にフィールドで使っていませんので、近々テストしてこようと思ってます。
その結果はまた報告させて頂きますが、ちょっと期待のリーダーを見つけてしまいましたが、果たして結果は如何に。。。

***********************************************************
ジーニアスロッド 秋田ミーティング 開催
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-625.html

 
『即出荷可能バンブーロッド販売中』 
Chantez 6' 6" #4
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-626.html

Master-Bow LONGCHANP 7' 5" #5
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-629.html

Wild Canary

Wild Canary
spent1.jpg

ワイルドキャナリーを巻いてみた。
サイズは一番上から左回りに#12 #14 #16
どのサイズもフックはサワダDU3 リマリックスピナーだ。。

ワイルドキャナリーは、僕の大好きなフライの代表格で、もう一つはスペントバジャー。
これらのスピナーパターンは、何とも言えない魅力を感じる。
大好きの理由は単純、良く浮き、良く見え、良く釣れる、そして何より格好いい! 
正にドライフライの鏡の様な存在だ!

僕がフライを巻くとき、常に心掛けていることは、出来る限りパターンに忠実に巻く事です。
それはそのパターンが生まれた理由とか、どうしてそのマテリアルを指定したのかという作者の意図が必ず有るからです。
100年以上も続くフライフィッシングの歴史から見れば、フライ歴僅か40年の僕が、ちょっとやっただけで分かったことを言い、指定されているパターンを自分勝手に変えることなんておこがましくて出来ません。。

だから出来るだけ忠実に巻きたいのです。。

スピナーは通常アップアイフックに巻かれます。
このフックは、使い方を間違えるとひっくり返ったり、逆立ちしたりとちょっと厄介なフックです。 
だからと言って容易に形を変えたりはいたしません。
何故なら・・それらを使って何の苦もなく釣りをされている諸先輩方が沢山居られるからです。
世界中のフライマンがアップアイを使ったとき、ひっくり返ったり逆立ちしたりが当たり前であれば兎も角、いつ投げても何回投げても躍動感あふれる流れ方で沢山の渓魚を釣っている人達が実際にいます。
つまり厄介な部分は形のせいでは無く、自分のせいであると言う事です。
ならば、諸先輩方の様に釣れる様勉強すれば良いだけと思っております。

安定した状態で浮かぶプロポーション。

ひっくり返らないプレゼンテーション。。

フッキング率を高める流し方。。。

たった1個のフライが、自分自身のスキルを高めてくれるなんて、他にこんなパターン見当たりません。。
このフライを使うだけでフライフィッシングの奥深さを感じるのです。
何でもかんでも、合理的だと言う理由で簡素化するのでは無く、じっくりと歴史と向き合って見れば、もっともっとフライフィッシングの楽しさや、本質が見えて来る様な気がするのは僕だけでしょうか。。

キャスティングの師匠である岡崎市の平岩豊嗣氏は私にこんな金言を教えてくれました。

「名人と子供は太い糸を使う」 これ、、深いですよね!

今は諸先輩方を見て習い、何の邪念も持たず日々過ごす子供であっても、いずれは名人になりたいと願っています。
そうなれば、自分オリジナルって堂々と言えるコンセプトが一つくらいあってもいいかも!
でも生きているうちに、どうも来そうじゃないな。。この調子で行けば。。。

ワイルドキャナリーはフライフィッシングって何か! そんな熱い想いにさせてくれる貴重なパターンですね!

少なくとも僕にとっては・・・


***********************************************************
ジーニアスロッド 秋田ミーティング 開催
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-625.html

 
『即出荷可能バンブーロッド販売中』 
Chantez 6' 6" #4
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-626.html

Master-Bow LONGCHANP 7' 5" #5
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-629.html

フライの話

20141118194915ede.jpg

私の使うフライは写真の様にハックルをいっぱい巻いたドライフライです。
ちょっと常識では考えられないほど一本のフックに何枚ものハックルを巻いて行きます。
そして、吟味したマテリアルを一つ一つ丁寧に時間を掛けて巻いて行きます。

ドライフライで一番大事な事。。
それは良く浮き、よく見え、壊れ無い事です。
それらを上手に流す事で、良く釣れるフライとなるのです。

バランスが崩れては浮きも悪くなりますし、直ぐに壊れてしまう様な物では、折角時間を掛けて巻いてもその努力も台無しになります。

そこ迄してこのフライ達にこだわる理由はただ一つ!

格好良いから… それ以下でも以上でも無い。。
少なくとも僕自身は。。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ