FC2ブログ

2019-04

平成最後の丹沢レクチャー

tanzawa2019no41.jpg

今回で数えて17回目の丹沢レクチャー。
平成最後となる4月12日13日の二日間、天気にも恵まれ無事終了いたしました。

土曜日のキャスティングは、ちょっと控え目の参加者で、時間たっぷりと指導させて頂きました。
今回もまたまたニューフェイスが2名。
やはりキャスティングから参加される方達は、何方も皆勉強熱心で、こちらとしてもいやが上でも力が入ります。

午前9時から夕方5時まで、みっちりレッスンさせて頂きました。

tanzawa2019no42.jpg

一夜明けて14日は実釣レクチャーです。
もう毎回の恒例ですが、やはりキャスティングよりちょっとだけ人気の様です。

春の丹沢レクチャーは、ドライフライフィッシングを基本としレクチャー致します。
厚巻ハックルのドライフライをコントロールするためのリーダーシステム。
またそれを上手に投げるため、そして流すために必要なプレゼンテーション等を説明。

ラインをコントロールするという事は、その先のリーダーはもちろんフライまでコントロールするという事。
これが出来るか否かで、ドライフライの楽しさに大きく違いが出てきます。

tanzawa2019no43.jpg

右岸に立った場合のキャスト、左岸に立った場合のキャスト。

それを理解してプレゼンテーションすると、信じられないほど綺麗に流れる。
常連さんは今一度再確認。そしてニューフェイスの方は、センセーショナルだった様です。

tanzawa2019no44.jpg

同じポイントを狙うにしても、立つ位置や、ポイントまでの距離の違いで、うまく流せるかどうかが大きく違います。
ここは、ポイントに近付きたい気持ちを”グッと”こらえて、プレゼンテーション。

一生懸命キャスティングの勉強をした甲斐もあり、しっかりとその成果は出ていました。

tanzawa2019no48.jpg

今回は、ある本の出版の取材も兼ねてのレクチャーとなりました。

気になるその本ですが、私がここで喋る訳にはいきませんので、改めて告知する時がくると思いますが、バンブーロッドのあれこれ・・・といった内容の濃い本です。


tanzawa2019no45.jpg

日頃釣に行ってると、色んな疑問が湧いてくるものです。
どうしても流せないポイントや、出るのに合わない等、その疑問も様々。

中には、スピナーをキャストするんですが、直ぐに逆立ちして流れるんです・・・
なんて質問も。。

スピナーはね、こうしてこうすると・・ほら!ちゃんと浮くでしょ!!!
僕が今まで通って来た事だから、自信を持って教えられる。
こんな何気無い疑問でも、理解できれば嬉しいものです。
そんなたわいも無い会話で、午前中を過ごしました。

tanzawa2019no46.jpg

昼食後は希望者のみ個人レッスンをいたしました。

約3名の方がエントリーして頂き、各々に魚が出るもののフッキングまでに至らずって感じで、フィールドでは時折落胆の声が飛び交いましたが、遂にニューフェイスのT氏が綺麗なヤマメをいい感じの流れから、良い感じに出してHIT!。

このヤマメを最後に2日間のレクチャーは終了です。

tanzawa2019no47.jpg

平成最後の丹沢レクチャーでしたが、毎回志を同じにする人達と過ごす時間は本当に楽しい。

出来る事ならこのレクチャーはずっとずっと続けて行きたいし、多くの新しい人にも見て頂きたい。

近年またスタンダードフライを使って釣りたいと言う方が、少しづつですが増えて来ている様な気がします。
しかし、使う気はあってもどう使ったら良いの分からないや、使うんですが直ぐにドラッグが掛かってしまうなど・・
いまいち踏み切れない人も少なく無いとか。今回のニューフェイスのT氏もその一人でした。
スタンダードフライをチョイスした時から、細く長いティペットやリーダーは使えなくなります。
これは物理的に無理です。今までのシステムに無理矢理スタンダードフライを結んだだけでは上手くいきません。

解決方法は、リーダーシステムとプレゼンテーションの方法を変える事です。
これを理解する事で、誰でもがスタンダードフライで上手に釣ることができるのです。

この丹沢に集まる人達の多くは、この釣り方をしたくて来て頂いております。
今までの釣り方を封印しろとは言いません。
しかし、新しい世界を見て見ることもまた楽しいのでは。。

そんな僕の発信に共感された方は、是非一度参加して見てください。
きっと、もっと早く知り合っていれば良かったな〜〜って感じて頂けると思います。

次回の予定は、令和元年11月中旬ごろです。
心よりお待ちしております。


写真提供:▪️ふらい人書房 阪東幸成  ▪️佐久間たかむ

クラフト展 終了しました。

今回も盛況のうちにクラフト展が無事終了致しました。

turuyaf1.jpg

今年も多くの方々に、ジーニアスブースで足を止めて頂き、ロッドは勿論色々なお話をお聞かせ頂きました方々、この場をお借りしてお礼申し上げます。有難うございました。

今回は、例のデタッチドグリップのバンブーロッド、そして2019年新発売の6' 6" #4/5 3Pバンブーと、持参致しましたロッド全てが人気で、色々な方にご覧頂けました。

特にデタッチドグリップのデザインや仕組みが面白いと、購入まで至らない方々にも今後のご購入検討商品として十分アピールできたと自負しております。


turuyaf2.jpg

ここ数年間は、クラフト展全体の売り上げも良い様で、会場はそれを物語るかの様な活気ある時間が続いておりました。

弊社もその活気のご相伴に預からせて頂きました。

ご来場のお客様の中に、グラスロッドは持って来てないのですか?とおっしゃる方が数人。


turuyaf3.jpg

そのグラスですが、現在最終ラッピング塗装中でクルクルとロッドラップで硬化進行形です。

明日には、レタリングのデザインを決定し、竿袋と専用ケースの出来上がりが約10日後。

と言う訳で、出来上がりはやはり3月の第2週目くらいかと思います。

レタリングが完成して、ロッドへそれを印刷した時点で、ロッド詳細を今一度ご案内致します。
その時に、発売日をご案内致しますので、ご購入ご検討頂いております方々は、今しばらくお待ち頂くとともに、このブログを時々チェックして下さい。

第16回 丹沢レクチャー結果報告

tanzawa2018aki1.jpg

第16回 丹沢レクチャーが無事終了いたしました。

今回は2名の新規お客様を含め、17日初日が6名 18日は12名という近年稀に見る大所帯となりました。
心配していた天気も何とか持ってくれて、17日はちょっと暑いぐらいの好天でのスタートとなりました。

Read More »

天竜川 スペイイベントを振り返って。

ジーニスロッド初のスペイイベントが無事終了致しました。

当日の参加者は7名と小規模ではありましたが、時間を持て余すことなく楽しんで頂けたと思います。

tenryu s17

Read More »

ハンドクラフト展 ご来場ありがとうございました。

kurafutoriza1.jpg

今年も盛況のうちに無事終了いたしました。
3日間に渡り、大変多くの方にお越し頂き、感謝申し上げます。

ジーニアスブースでも、大勢の方に足を止めて頂きました。
中でもデタッチドグリップシステムは、想像以上に反響があり、販売の時期が待ち遠しいとの声も頂きました。

帰宅後のPCメールでは、すでに数件のお問い合わせを頂いていて、正直びっくりしております。
お客様の期待にお答えすべく、超特急でリリースの準備を進めて行こうと思っておりますが、今しばらくテストをし、完全なる商品であるかどうかを確認した上での発売とさせて頂きます。
今しばらくお待ちください。

その経過等は、このブログで随時アップしていきますので、気になる方は”テェック”の程、宜しくお願い致します。


kurafutoriza2.jpg

さて、盛況だったのはデタッチドグリップだけではありません。

今年は私が日頃渓流でパイロットフライとして使用しています、ドライフライのタイイングデモもさせて頂きました。
リクエストされるパターンは100%ワイルドキャナリーでした。。

キャストしているとウイングが”やじろべい”の様になる・・・
複数のハックルがうまく巻けない・・
巻いてはみるものの、使用したことがない・・ets

と、やはり日頃これらのフライを使って釣りたいのだが、どうやって使えば良いのか分からないと言う方が大変多くおられました。

タイイングのコツや実戦での使い方等の説明を加えながらですので、たった1本のフライを巻くのに随分と長丁場であったにも関わらず、多くの方に最後までご覧頂きました。
そして使い方のコツの話では、質問される方もあり、今後に期待出来るのではないこと嬉しく思いました。

この実践攻略については、4月中旬あたりに「丹沢イベント 第15回ジーニアスロッドを楽しむレクチャー」を開催予定です。ここに出席して頂きますと、今回ご紹介したワイルドキャナリーを始めとしたハックルをたっぷり巻いたスタンダードフライの使い方を実践を交えて詳しくご指導いたします。
もちろんその様なフライパターン限定の釣り方では無く、パラシュートやエルクヘヤーカディス等のフライでも大丈夫。

騙されたと思って出席してみてください。
きっとそれまでのフライフィッシングに関する人生観が変わるはずです。。。

詳しくはこの時期を見てこのブログで告知いたしますので”チェック”してください。
第14回の様子は→http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-680.html

kurafutoriza3.jpg

今回も沢山の皆様にきて頂き、そしてロッドを見て頂き、タイイングを見て頂き誠にありがとうございました。

タイイングでは、まだまだそれらのフライを使って釣って見たい人達が多くいらっしゃることも実感いたしました。
そしてデタッチドグリップに興味を持って頂きました方々の多くは、新規のお客様であったこと。
ジーニアスロッドのホームページもブログも見たことがないと言う方が、興味を示して頂きました。

ドライフライを愛好するお客様層、スイッチロッドやスペイロッドで湖や河川を楽しむお客様層との二極化がはっきりと別れたことにも、この後のジーニアスロッドとしての方向性を感じたイベントでありました。

もちろん、どちらもブレる事なく、一生懸命発信してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。

丹沢レクチャー2017 

tanzawa2017no1.jpg

随分と報告が遅くなりました。

今年も丹沢レクチャーが無事終了いたしました。
今回は今までに無い、少人数での2日間でしたが、参加された皆さんにとっては内容の濃い2日間だったようです。

Read More »

GENIUS MEETING AKITA2107

meeting1.jpg

ジーニアスミーティングを開催いたしました。

記念すべき第1回の会場は秋田。
秋田はご存知 池田浩悦氏を育てた地でもあり、素晴らしい渓相はもちろん、素晴らしい渓魚たちに出会う事のできるフライマンにとっては憧れの地です。

その素晴らしい秋田で、ジーニアスロッドユーザー6名が集結いたしました。


Read More »

レッスン・・フルコース!

abab1.jpg

先日東海からと関東から2名がキャスティングレッスンと実釣レッスンに来られました。

初日はキャスティングレッスンです。

Read More »

クラフト展が終了しました。

kurafuto1.jpg

毎年恒例のつるやハンドクラフト展は無事終了いたしました。

今回も本当に沢山の方々にお越しいただき、誠にありがとうございました。


kurafuto2.jpg

常連ジーニアスユーザーの方々は勿論、久し振りにお会いする方も来場頂きました。

肝心のロッドの話ですが、ジーニアスグラファイトが全ラインナップ完成と言う事もあってか、それを目的にいらっしゃった方も多く、中でもHUNT7'2"#4 4Pが人気でした。

クラフト展は年に1回、このイベントでしかお会い出来ない方々も多く、そんな方々から色々なお話を伺える大変貴重な時間でして、今回も皆さんにいい刺激を頂きました。

ありがとうございました。

kurafuto3.jpg

さて、今回残念ながらクラフト展にてユーザー様の元へ旅立てなかったロッドはこのブログにて販売いたします。

帰宅後の仕事の処理等すみ次第、ご案内申し上げます。
今しばらくお持ちください。。





クラフト展が終われば、いよいよ解禁です。

今年はどんなドラマが待っているのか・・今からワクワクです。。

丹沢レクチャー2016

tanzawa20162.jpg

2016年11月24日 関東地方では実に54年ぶりに大雪に見舞われました。

自宅でテレビを見ながら思う。。
26日からの丹沢レクチャーに影響が無ければ良いのだけど・・・
何だか悪い予感が・・・・・

そして26日当日
初日の参加者とヤビツ峠入口付近で合流と約束をしてあった。
それは、もしかするとヤビツ峠が積雪や凍結の場合、仲間がいるのと居ないのとでは大違いであるためだ!
深夜に天理から順調に車を走らせてきた私は、約束の時間まで随分あったため、最寄りのIC少し手前のSAで仮眠することにした。SAに着いた時はまだ真っ暗であったが、目がさめるともう外はすっかり明るかった。
ちょうど時間は6時30分を少し回っていた。

狭い車で丸まって寝ていた体を伸ばす為、車から降りて伸びをし、ふと振り返ると、何と真っ白になった富士山が直ぐそこに見えた。。
関西人の私としては、真っ白な富士山はそう簡単に見れるものではないため、思わず写メを・・・

なんか得した気分になったのは束の間。
その後、部屋で感じた悪い予感が見事的中したのであった。




Read More »

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ