FC2ブログ

2007-09

Scene of memories

Title: 『古くも新しい釣り方』
DSC02114.jpg
 #10に巻かれたジャシッドをしっかりと咥えている尺岩魚

パラボリックの竿を使って、ラインは4番、ティペットは4X、フライはハックルを4枚も5枚も巻いた10番で釣をする。この釣り方で本当にヤマメ、イワナは釣れるのか?昨今、雑誌等で取り上げられている記事とは全然違うけれど。
まだまだこのスタイルのフライフィッシングの入り口に立ったばかりですが、今シーズン、私はこのスタイルを貫きました。
その結果、自分なりに成果を出せてきているのではないかと感じています。

過去の経験からこの川へ行くタイミングを見計らい、台風が過ぎ去った2日後、午前5時に現地へ到着出来る様、深夜の高速で車を走らせました。現地に近づくにつれて、夜がだんだんと明け始めるのですが、高速道路から見下ろしたその目的の川の下流は大増水中でした。しかしもうここまで着ているのだからと、目的の川へ不安と期待を膨らませながら車を走らせますが、どこまで行っても車中から見る川の様子はかわりません。そして、目的の入渓場所に到着。しかし、川を見下ろすとものすごい濁りでした。しょうがなく車で1時間仮眠して再度川を見に行きました。
00000073.jpg
 ロッドはパワーボウ“ホスキンス” 7’8”#4/5 カスタム仕様

すると何とかドライが可能な位の濁りに成っていたので、早々に身支度をすませ入渓しました。濁りは平気なもののあまりの増水(普段の水量の3倍)に翻弄され、最初のうちはキャスティングのリズムが掴めませんでしたが、暫らくするとその水量にも慣れて調子をとり戻すことができました。この水量だと狙える場所が限られてしまい、キャスティングも落ち込みの下の巻き返しや、岸際のトローンとした所ばかりに成ってしまいますが、期待どおり、いや、それ以上にイワナが出てきてくれます。白泡だらけ状態ですので、おそらくかなり近寄っても良かったのでしょう。しかし私はフライフィッシングの醍醐味でもあるキャスティングを楽しむためにあえてポイントに対して出来る限り遠い場所からアプローチし、時にオバーハングした枝の下にフライをねじ込むことによってイワナを次々に釣ることが出来ました。
DSC02105.jpg
 テクニックを駆使して釣った一匹の価値は大きい

スポーツは試合に勝ってこそ喜びを得ることが出来るのであって、試合の為に練習をするのです。練習の為の練習であっては試合では決して勝つことはできません。
釣りで言うのであれば、普段のキャスティング練習や、釣果を優先せずに川へ行きポイントへのアプローチを練習しに行くこと。これらを鍛錬することにより、自分がイメージした通りの釣が展開することが出来るのではないかとおもいます。そのときが本当に満足のいくフライフィッシングが出来たと感じる時だと思います。
新藤さんが「釣りと言うものは、自分の考え一つで進化も退化もします。フライというものは沢山釣るから上手いとは決して判断できないのはその釣り方がどうかと言う事です。」私に言ってくれました。
私にとってこの「古くも新しい釣り方」の楽しさ、凄さを十分に感じさてくれた釣行でした。来シーズンは今以上に鍛錬して自分の納得の行くフライフィッシングをしたいものです。また、新藤さんにフライフィッシングの楽しさを再度認識させて頂けたことに心より感謝します。                   
                                                     
写真と文:下條 輝彦 


Scene of memoriesの投稿及び詳細はこちらから


Scene of memories all


Genius Rod Maker officialsite

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ