2009-05

Development story 第8話 『Hoskins』

画像-113aaa
パワーボウ(旧パラボリック)シリーズをこの世にリリースしたいと考えた時から、私の中で大きく3つのアクション分けを考えていた。
先ず基本となるアクションが1パターン。 そのアクションをニュートラルポジションと考え、それをファストに振るかスローに振るかで、何に使うかと言う色分けがはっきり出来る。 つまりファスト→ニュートラル→スローとティップの返る早さを変え、そのカテゴリーでそれぞれの持ち味を強調することで、明確なコンセプトが生まれるからである。

弊社の考えるニュートラルとは、ドライフライにもウエットフライにも使える、言わば万能ロッドのことで、どちらに優れていると言うわけではなく50/50(DRY/WET)がこのニュートラルポジションと認識し同時にそれを定めた。

Read More »

鳥取の彼から・・「今年も大ヤマメの花が咲く」

画像-303aaa
このヤマメは、ゴールデンウィークに私が鳥取へいった時に彼が釣った1匹
100%天然種のこの川では、28センチもあろうなら、その引きは強烈・・
成魚放流で育った尺ヤマメより遥かに強い。。

ロッドは、HandsomeBoy7’2” #4 ご存知・・池田浩悦ロッド!

IMG_0479aaa.jpg
4月初旬の本流ヤマメ。
「あまり大きくないが、体高のあるプロポーション良いヤマメが釣れたから」とPCに送ってもたっら時の1匹。  ロッドはCrimsonBeauty7’6” #4/5


IMG_0490aaa.jpg
私達がGWに来るからと、試し釣りをしているときに出てきたヤマメ!
どうも鳥取の大ヤマメは彼に飼い慣らされている様だ・・・
ロッドは最強ハンサムだったそうです。


以上、鳥取の彼からの報告をざっとまとめてみました。


Scene of memoriesの投稿及び詳細はこちらから


Scene of memories all


Genius Rod Maker officialsite



"DS-6"絶好調です。

CIMG0007aaa.jpg

こんにちは、新藤さん。

先日とあるダム湖に行ってきました。

今回の釣果は、70cmアップから60cm弱の合計6本、痛恨のバラシが1本でした。

DS-6は素晴らしい仕事をしてくれる竹竿です。

キャスティングレッスン、丹沢レクチャーを通じてやっと竹竿を振ることに体が慣れつつあります。
すると、フィールドでいつも竹竿を振りたい衝動にかられるようになりました。

実践に合ったキャスティングは本当に大切なんですね。

DS-6は魚を掛けると、どんなにパワフルな走りも、暴力的な暴れも容易く和らげてくれるので、グラファイトに無い感覚に衝撃と感動を与えてくれます。

今回の魚も、パッキングまで走り、船縁まで暴れ、手漕ぎボートを15分間引きずったパーフェクトコンディションの70cmアップの相手でした。
欠損のないボディに感動で全身震えました。

CIMG0005.jpg


これからもDS-6を大事に、バリバリとフィールドに持ち出して感動を増やしたいと思っています。

次の中禅寺湖釣行が楽しみになってきました。
また、良い報告ができるよう楽しんできます。

ありがとうございました。

池田敏之





池田さん 良い釣りをされたようですね! おめでとうございます。
高番手の竹竿の良さは、使った人にしか分からないと思います。。
グラファイト全盛のこの時代に、あえて竹竿で大物を仕留める!!!
多くの方は、ノスタルジックな雰囲気を楽しんでいると思われがちですが・・
実は違うのです。。  
そのあたりは、池田さんが一番分かっておられるでしょう。。

これからも、DS-6を良きパートナーとして、思い出に残る素晴らしいドラマの主人公となってくださいね! また 投稿心よりお待ちしております。

ジーニアスロッドメーカー  新藤 忠伸


Scene of memoriesの投稿及び詳細はこちらから


Scene of memories all


Genius Rod Maker officialsite



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ