FC2ブログ

2012-03

やっぱりドライフライは面白い。

3月の解禁からそろそろ1ヶ月、奈良の渓流では、少しづつではあるが一日一日春を感じる季節になってきました。
冬が長かったせいもあり、今年の釣行は例年よりちょっと遅めのスタート。

これは昨日の釣行での話です。

この時期は何時もそうなんですが、大きなドライフライが使える季節まで、本流の比較的水温が高い所で「WET」をすることが私のお気に入りのスタイル。
この日も、5番のソーラーブレットに#10と#12のウエットを9Ft 4Xのリーダーに結び、いざ本流へ・・
入渓して直ぐに20センチ強の放流アマゴがドロッパーに結んだ“コックロビン”を捉えた。。
しかしその後は反応は無し・・

前回来た時にはそこそこ反応は良かったのだが、今日は何だか違う。

ポイントを変え、色々試してみたものの余り“ぱっと”しない。
それもそのはず、休日のこの川は、人、人、人。
至る所に釣り人の姿。。
こんな時は、釣り人の「モラル」や「ルール」を重んじてては何処にも入れない。
全く激戦区は困ったものである。
単純なことであるが、放流事業でその殆どが賄われている河川では、“人の居ない所に魚はいない”のである。
だから人の居ない所に入渓しても結果は・・・(><)である。
どうしても釣りたいと思ったら「モラル」や「ルール」を無視せざるを得ないのが、この時期の特徴であるが、それもどんなんだろう・・と思ってしまう。。

そこで友人と相談し、上流部へ移動する事にした。
幸い暖かい日でインナーにヒートテックを、アウターにフリースを着ていると、ちょっと暑く感じる日であった。

これならドライフライで十分釣るになる。。

しかし、幾ら暖かいとは言え、小さなフライでしか釣果は望めない事は容易に想像できたが、流れを見ていると無性にドライフライをしたくなり、私もそれにチェンジして上流部のお気に入りコースに入った。

それまでのロッドからスピードスターに持ち替えた私は、持参のフライの中で一番小さなフライをチョイスし、5Xに結んだ。 そのフライはシーリーSF2の#14に巻いてあるイエローサリーである。
シーリーは一般的なフックに比べて、シャンクが短いため、巻き上がりスタイルが#16程度になる。
つまり小さなシルエットでありながらワンサイズ大きいフックが使えるため、フッキングも良い事から結構気に入って使っているフックである。

しかしどう考えても今の状況には、お呼びでないサイズである。。
でも仕方ない・・そもそもそれ以上小さなフライは持っていないのだから・・・

友人のフライボックスを拝見すると、#18のフライがあった。
「これが良いと思うからこれを結んで・・」
友人はすんなり私の意見を取り入れてくれた。
友人が5Xのティペットに結んだそのフライは、ジンジャーで巻かれたスタンダードパターンであった。

入渓して二つ目のポイント。 プールの開きで時折ライズがある。
先ずは私の#16に見える#14のフライをそのライズに向って投げた。
場を荒らさないように、何投かしてみたが、全く見向きもしない。
代わって、友人が今まで私が狙っていたライズに投げた1投目、アマゴがそのフライを捉えた。

やっぱりサイズって大事なんだよな~~! と痛感した瞬間であった。
その後友人は調子良くアマゴを出すが、私は全く音無しの構え・・

しかし時間が経つにつれ非常に小型ながらメイフライのハッチが始まった。
私は水生昆虫には疎いので、何と言う虫か全く分からないが、サイズにして18番くらいのグレーっぽいダンが飛んでいる。
それならばと、私はイエローサリーからブラックバットに交換して釣り上がる事にした。
このブラックバットもシーリーSF3の#14に巻いてあるが、ウイングを本来のブラックからブルーダンに変更している私のアレンジパターンである。
不思議なもので、それまでのイエローサリーに何の反応も無かったのに、ブラックバットに変えてからというものは、全てのポイントで反応があった。 しかしサイズが合っていないのだろう、出るわ良いがフッキングしない。
そこで私は、そのフライのハックルの下側を何時も以上にカットし、何時も以上に出来るだけ遠くから、しかも出来るだけ長い距離をナチュラルドリフトするように釣り方を変えてみた。
それはとても難しい事であるが、そのポイントに対して立つ位置や投げる角度等、慎重に行なえば攻略することが出来た。慌てず、ゆっくりと落ち着いて考えながら釣歩く。。
するとどうだろう、今までフッキング率が1割未満であったのが3割近くにUPしたではないか。。

思い通りのピンスポットへフライが入る。

流芯の脇をゆらゆらと長い距離をまるで本当のスピナーが流されているかのように流れている。

もう直ぐ出るぞ!・・・ ほら出た!!!!!!

やっぱりドライフライは面白い。。

その後数匹のアマゴを釣り、午後4時過ぎに退渓した。

さて今年もガンガン釣りに行こう。。 最高のロッドを持って、最高の釣りをしに。。


PS:写真の無い記事でごめんなさい。 釣れたその殆どが放流アマゴで、そんなに綺麗じゃなかったので。。



§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

好評発売中
http://www.genius-rod.com/001/mastery/mastery.html

http://www.genius-rod.com/001/acce/acce.html

イベント情報
http://www.genius-rod.com/001/lesson3/lecture.html

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ