2018-02

クラフト展 2018 その2の2

「クラフト展ネタ  その2の2」

kurafuto2no2.jpg

またまたデタッチド・グリップのお話です。

クラフト展では、2本の異なるデザインのグリップをご覧頂けます。
グリップ下に写ってますグラファイトは、弊社Sir-GreenのHandsomeBoy G-7, ARSTA, RYDEENのシングルハンド3Pモデルをそのまま使用しています。
そのブランクのバットエンドにコレットを接着し、そこへご覧のグリップが接続できるように致しました。

当初は、ちょっとした遊び心で試してみたのですが、個々にスカンジナビアンヘッド等が、ご機嫌にマッチすることから、本格的にスイッチロッドとして立ち上げる事と致した次第てあります。。
オーバーヘッドキャスト用のシングルハンドですが、ハイスピード・ハイラインを可能にしたアクションは、ティップの強さもスペイラインを投げるに十分な強さを有しておりました。

グリップがおおよそ1フィート4インチで、グリップエンドまでのロッド長は、HandsomeBoy G-7が11フィート 丁度で#7指定の400~440gr(25g前後)。
ARSTAが10フィート4インチ #6指定で350~380(23g前後)そしてRYDEENは10フィートで#5指定の320~330gr(20g前後)とどれも9m前後のスカンジナビアンシューティングヘッドとのマッティングはぴったりです。

このロッド達は、Vertigo-Shadowシリーズとして、新たにリリース予定ですが、もう少しだけテストを繰り返そうかと思っております。
 
kurafuto2no3.jpg

先日からお伝えしています、デタッチド・グリップ・システムのバンブーロッド。
このロッドも今後は、グラファイトとの汎用性を持たせるため、コレット形式で脱着することにいたします。

グリップ1本あれば、あとはシャフトを買い足していただくだけ・・
その日の気分や、フィールド状況で、シャフトを着せ替えていただけます。

勿論、気に入ったシャフト1本で、デザインの異なるグリップを着せ替えて・・
お気に入りのリールには、この形状のグリップを・・
なんて遊び心で色々楽しんでいただけるでしょう。
そのためには、グリップデザインも、基本形を2タイプ。
あとは、お客様のお好みでカスタマイズ・・なんてこともありです!

kurafuto2no4.jpg

色々とユニークなロッドですが、システムが良かっても肝心のアクションがダメでは、元も子もありません。
クラフト展では、実際にグリップを接続してアクションをご確認ください。
グリップ合成も完璧で、不安要素は一切ありませんので、その辺りもテェックして見て下さい。

どのロッドも今すぐフィールドへ出掛けたく成る様な、素晴らしいアクションを有しておりますので、クラフト展当日は是非楽しみにお越しください。

クラフト展 2018 その2

「クラフト展ネタ その2」

krafuto1.jpg

以前このブログで、グリップが脱着式のバンブーロッドをご紹介しました。
その節、詳細は改めて・・・という事で、実に中途半端な記事になってましたが、とうとう出来上がりました。

スペックは9’2” スイッチロッドで、当初20g前後のラインが丁度良いと思ってましたが、23g前後340gr〜350grと当初の予想よりも1つ重たいラインがベストマッチいたしました。
スペイラインとしての番手表示をするならば、5/6番といったところでしょうか、小さな本流と言いますか、中規模な渓流上流部と言いますか、日頃6番前後でウエットフライをしている様なフィールドに丁度良いロッドになりました。


krafuto3.jpg

このロッドの特徴は、何と言ってもグリップが脱着式であるという事です。
このシステムは、グリップと本体を接続するフェルールを汎用出来れば、短く軽いスペックや逆にもう少し長く重たいラインが投げられるスペックのロッドを着せ替えられると言う、大変ユニークな発想から形にしてみました。

krafuto2.jpg

しかし、バンブーロッドに使われる金属フェルールでは、太さの違うブランクを同じサイズのフェルールで使用するのは少々無理が生じます。だからと言って、そのブランクに合うフェルールを1から作っていたのでは、時間と経費が掛かり過ぎました。。。

何か良い方法はないかと、閃いたのがバスロッドに採用されているコレットタイプのグリップ脱着方法です。
バス釣りに馴染みのない人は、何の事かさっぱり?と思いますが、バスロッド(ベイトロッド)では昔からグリップが脱着できるシステムが採用されていて、その性能と言いますか、システムと強度は実証済みです。


kurafuto7.jpg

一つ問題は、バスロッドは長くても6フィートそこそこ。
フライロッドを採用した場合、少なくとも8フィート以上のブランクを支えなければいけないこととなるので、強度的に大丈夫なのか?

でもこれが上手く行けば、グリップは1本で、色々なフィールドやそのシュチエーションに対応するロッドを着せ替えることができる・・

案ずるより・・・・

強度計算をしながらバスロッドで採用されているコレットを試作してみました。

上の写真 下のロッドがそれです。
グリップ先端の金属部がネジ式になっていて、ブランクに接着されている丸く太い金具を、グリップ先端に突っ込みます。
そして、グリップ先端の金属ネジを回して硬くなるまで締め込みます。
するとブランクはしっかりと固定され、抜けることはおろか、回ることもなくしっかりとロックされるのです。

krafuto6.jpg

写真はまだプロトモデルです。
このシステムを完成させてから、毎日のようにラインを通して投げてテストをしていますが、現在のところ特に問題になるトラブルはありません。
もうしばらくテストをして、強度的に大丈夫と確信した段階で商品化をと思っております。

写真のバンブーは、このシステムを考える少し前に出来上がったものですので、通常の金属フェルールがついていますが、バンブーもこのコレット方式にすれば、その日の気分でバンブーを使ったりグラファイトを使ったりと色々楽しめます。

とりあえずテスト第1段階としては、まずまずの成功です。
このロッドは、皆さんにも触って頂き、意見をお聞きしたいこともあり、クラフト展へ持参いたします。

バスロッドの世界では当たり前のシステムでも、フライロッドの世界では、大変ユニークなこのシステム。
私はこれを「DETACHED GRIP SYSTEM」デタッチドグリップシステムと名付け、バーティゴシャドーシリーズとして
再出発させようと思ってます。。




クラフト展 2018 その1

「クラフト展ネタ その1」

来たる2月23日・24日・25日の三日間
毎年恒例のつるやハンドクラフト展が開催されます。

kurafutoten2018 2


今年のジーニアスブースは、販売用のバンブーロッドは勿論、ちょっとユニークなバンブーやグラファイトロッドを展示する一方で、ワイルドキャナリーやジャシッドといった、日頃私がパイロットフライとして使っているパターンのタイイングデモを行おうと思っております。

1月22に発売のFly Rodddersにもフライボックスの中身のご紹介と、ワイルドキャナリー・ジャシッド・イエローサリー・ファイブハックルの4パターンのタイイングを紹介して頂きました。

kurafutoten2018 3

多くの方が、これらのフライに憧れを持っておられるとよく耳にいたします。
何故憧れかと言うと、キャストするだけでクルクル回って釣りにならない・・
長いティペッを使えない・・・!
など、細く長いティペットを常用されている方にとっては、厄介なパターンであることは間違い無いのですが、そんなことを抜きに兎に角”格好良いフライ”であるから、一度はこんなフライで釣ってみたい・・

そう思う方は少なく無いんですよね。。

kurafutotenn2018 1

私が常にドライフライに対して思っている事は

『良く浮き、良く見え、壊れない』

これが第1条件です。

そして・・・

『格好いい』

さらに・・

『良く釣れる』・・・と言う事です!

これらの条件を全て満たしてくれているのが、今回フライロッダーズでご紹介したパターンです。


kurafutoten2018 4

23日〜25日の3日間、ジーニアスブースにてそのフライ達の作り方をご披露いたします。

ただ、タイイングで出展する訳ではありませんので、常にブースで行なっている訳ではなく、リクエストがあればデモンストレーションいたします。
興味のある方は、遠慮なく「タイイング見せて!」とお声がけください。

ハックルを4枚巻くコツや、ウイングの選別方法等・・裏技も紹介

そして・・一番肝心な  どうやってこのフライで上手に釣るのか?
リーダーシステムやプレゼンテーションのちょっとしたコツが分かれば、すぐに実戦で使っていただけます。
その辺りも分かり易くご説明いたします。。

憧れだったフライが実際にヤマメやイワナの口元に飾られる日は近い・・・のでは!

当日は是非ジーニアスブースへお立ち寄りください。
心より皆様のご来場お待ちしております。

Vertigo Shadow 再来

長い間 封印していた"Vertigo Shadow"が形を変えて再来いたします。

まず初めは、スイッチロッド。
Power-Bow PRINCE(http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-208.html) で得た知識を元に、デタッチドグリップで誕生いたします。

vertigo1_20180204151737b2e.jpg

写真はまだプロトタイプですが、280gr(20g)前後のラインを良い感じでキャストできる性能を有したロッドです。

その全貌は改めてご案内するとして、このデタッチドグリップは、いろいろ釣り人にとって、とっても都合の良いシステムになりそうです。。

vertigo2_20180204151738a9c.jpg

Vertigo Shadow Switch
9' 2" #6/280~320gr Detached Grip
このロッドはクラフト展でご覧いただけます。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ