fc2ブログ

2024-05

レッスン

saka2.jpg

先日は大阪のSさんの実釣レッスンでした。
午前9時からのスタートでしたが、季節外れに寒い日になり、魚達の活性も低いのでは?と思っていましたが、釣ってみると意外や以外・・・
水深の無い速い瀬からも、大きなドライフライに飛び出すと言う、外は冬の様な気温でも水中はパラダイス状態。

saka3.jpg

実に5年振りのレッスンでしたので、もう一度ドライフライキャストの基本から指導。
しっかりとロッドは高い位置で止めて、フライがターンするまでティップを下げない!

フォルスキャストは凄く上手なのに、プレデンテーションが不味い。多くの方がそうなんです。
最後にロッドを”ビュン”と振り下ろしてプレゼンテーションするから、全部リーダーから先に落ちちゃう。
なのでフライが落ちる頃には、リーダーが下流に流されてるので直ぐにドラグが掛かっちゃう。。
このプレゼンテーションが可能なのは、ロングティペットロングリーダーだけ。
リーダー全長が12フィート前後での釣りでは、絶対にやっちゃいけないプレゼンテーションなんです。

saka1.jpg

Sさんは非常にセンスの良い感覚を持ってらっしゃる方で、僕のアドバイスを瞬時に理解して、ドライフライキャストを実践しておられました。
とは言えまだまだ完璧ではありませんので、出た魚の数は多くても、キャッチ出来た数は僅かでしたが、自分が思い描く通りのプレゼンテーションが出来た、その上で釣れた1匹は非常に価値があるんです。
ご本人も喜んでおられました。

このドライフライキャストを常に行えた上で、そのバリエーションが増えていきます。
3〜4個のバリエーションを身に付ければ、確実に釣れる魚の数も増え、もっともっと楽しいフライフィッシングライフを送ることが出来るのです。

長いリーダーでの釣りはなんだか飽きてきた・・・
長いリーダーは面倒臭い、短いリーダーで上手に釣りたい・・・
そんな方は、是非ご一報ください。
1日の実釣レッスンで、短いリーダーでもこんなに流れるのか!と驚かれるはずです。
世の中シンプルなのが1番です。それは釣りも同じ事。
シンプルでカッコ良いフライフィッシングを目指す方、ご連絡お待ちしております。

info@genius-rod.com←ここから問い合わせて

あ!最後に一言
よく短いリーダーしか使わない!って言う方も沢山おられます。
しかし、そんな方と話をしていくと、時として話が食い違うときがあるんですね。
よくよく聞いてみると、そんな方達は、かなり小さな沢で釣りをなさってる・・・
そりゃ、長いリーダー使えないよね!と言うようなフィールドです。
僕が、常日頃から発信しているのは、世間の方々がロングティペットロングリーダーで釣っておられるフィールドであえて短いリーダーを使い、キャストを駆使ししながら釣る事を意味していますので、そこんとこ宜しくです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ