FC2ブログ

2020-06

オリジナルフェルール完成

遂にジーニアスオリジナルフェルールが完成した。
サイズは、今のところ6.0mmと6.5mmの2サイズ。
画像-288

今までフェルールには随分悩まされた。
ジーニアス開業当時は、旋盤に詳しい友人に作って頂いてましたが、精度が安定せず1本のフェルールを作るのに何日もかかり、仕事にならない事度々。その友人もほんの1年足らずで、音を上げてしまった。
その後T'sオリジナルフェルールも使った。
最終的につるや釣具店さんのオリジナルフェルールを採用し、今日に至ってました。(まぁT'sさんの物とつるやさんの物は同じみたいですが・・)

このつるや釣具店さんのフェルール時代が一番長く、このサイトをご覧の皆様のお手元にあるジーニアスバンブーの殆どが、それを採用したものです。

つるやさんのフェルールを採用し始めた頃、まず率直に感じたのはその精度の高さでした。
やはり“餅は餅屋に限る”って事ですよね!

予断ですが、大阪に堺市ってところがありまして、昔から堺と言えば「包丁」 包丁と言えば「堺」ってなぐわいに、腕利きの料理人さんは皆堺の包丁を使っておられるらしいです。
日本一とも言われる堺の包丁が出来上がるまでの工程は、実は分業だそうです。

包丁の命である刃物の部分は、鍛冶屋と研ぎ屋とで成り立っているのだそうですよ。

バンブーロッドだって、その道のプロフェッショナルが各々の分野を担当するのは、良い物を作る上で欠かす事の出来ない条件では無いかと思うのです。
しかし、何時かはオリジナルのフェルールを作りたいと、ず~っと思ってました。

今からおよそ4~5年ほど前だったかな? 「HARIKIフェルール」と言う屋号の職人さんが、つるやさんの主宰しますハンドクラフト展名古屋会場に出展者として出てこられたのです。

「大阪に物凄い精度のフェルールを作る人が居る」とは噂では聞いていたのだが・・・
この人がそうか!!!  って感じで早々にご自慢のフェルールを見せて頂き、びっくり!!!!

“なんじゃこりゃ~”  今まで見た事もない完成度。

私は直ぐにお見積もりおば取って頂いたのですが・・
日本一貧乏ビルダーの私には、とてもとても手の届く物ではなかったです。。
画像-291

思い続けて数年目・・
ようやくオリジナルフェルールを作れるようになりました。
勿論、ハリキ製で・・・

デザインをあれこれと悩んだのですが、結局ペゾン様のその形とほぼ同形に作っちゃいました。
作るにあたって、ハリキさんに強度的な事や構造的な事等のお知恵を頂き、まるっきりペゾンって事にはなっておりませんが、構造からのアクションへの繁栄度等は理想的に出来上がったと思います。

2009年の製作分から一部のモデルを省いてその殆どにこのハリキ製ジーニアスオリジナルフェルールを採用いたします。(サイズ適合外は既存フェルールとなりますご了承ください)



作ってよかった。。。

何回も言いますよ・・・・

精度はバツグンです。。。


ハリキさんは、他にもこんなもの作っておられます。
流石・・大阪の職人さんですね!
http://www.hariki.com/index.html







”4thジーニアスロッドを楽しむレクチャー”in丹沢ホーム  «  | BLOG TOP |  » ハンドクラフト展の報告

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ