FC2ブログ

2020-07

恭悦

昨年の冬の事であった。。

日頃弊社のキャスティング練習会に熱心に来られている夫妻がある事を言い出した。

それは「アングラーズクラスキャスティング競技に出てみたい」・・・と!
しかもバンブーでと言う。。

彼らの熱意は強く感じた。 しかし現状のアングラーズクラスはもう私の知るざっくばらんなゲームとはかなりかけ離れている。
その中で、バンブーロッドでどう戦うと言うのだ・・・
しかも、アングラーズクラスと言う文字通りの釣竿で・・・

彼らは練習に明け暮れた。

来る日も来る日もキャスティングし続けた。。

そして・・・

2009年 4月12日 西日本選手権大会で“アングラーズクラス”8番クラスシングルハンド種目で見事な成績を残した。 

記録は39.71m  

そして先日、その彼から「JCAのホームページに成績順位が出てます」と連絡があり早々拝見。。

すると、堂々の8位!!!!   実に素晴らしい成績です。。 


この記録を見て色々な意見や感じ方の違いはあるでしょう。。
それは、40m超えが独占する世界だから・・・
しかし一番恐い事は、成績だけを見てその人の技術やロッドの性能を決めてしまう事です。
現在のアングラーズクラス競技において、そのタックルレギュレーションのあり方にかなり疑問を感じる中、正々堂々と誰が振っても『釣竿』と言える8番ロッドで、しかも常識の範囲でカットされたWF8Fライン。 (彼のシステムは誰が振っても違和感はないですよ)

彼らはこれからも良い意味で競技に参加し続けるだろう。

特別な事は出来ないものの、弊社のロッドでピュアに戦っている彼らをバックアップしていこう。
アングラーズクラスの本質を見失わない限り・・・

番外編 «  | BLOG TOP |  » やっぱり“バンブー”っしょ!

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ