FC2ブログ

2020-06

弊社ロッドをお使いになるにあたって・・・

「フェルールについて」

少し前の事ですが、フェルールの交換について、ある方から“お叱りのコメント”を頂きましたことは、皆様の中にもお気付きの方も居られたと思います。
その方は、弊社だけでは飽き足らず、ジーニアスロッドを使って頂いております方の“HP”や“ブログ”にまで弊社の商品が不良品であると言わんばかりのコメントを入れておられました。

インターネットがはびこる今日、多くの場合この様なコメントは、嫌がらせや野次的な誹謗中傷が殆どだとも言われております。しかしたったお一人とは言え、実際に弊社の営業システムにお怒りになられている事は事実です。
この事実を真摯に受け止め、皆様に納得して頂ける説明義務があると考え、ここで今一度このフェルール交換のシステムに付きまして、ご報告とご案内を申し上げます。

「有償であった理由」

2002年頃から「T’sオリジナルフェルール」を採用し、2004年頃から「つるやオリジナルフェルール」を採用してまいりました。
2000年の開業時は弊社にフェルールの作れる職人が常駐していたため、独自のフェルールを商品に着けていましたが、その職人が辞めることとなり、それ以来T’sフェルールに交換いたしました。
その後、つるやさんのフェルールになって行く訳ですが、入手先が異なっただけで、商品は全く同じ物でした。
このつるやフェルールを採用し始めて以来、弊社商品をはじめ、OEM等含めまして、実に三百数十本この世の中に出ております。
そして2009年春に完全オリジナルフェルールに変わりました。

昨年、弊社商品(つるやフェルール採用品)をご使用頂いておりますお客様の中から、僅かお二人ではございますが「使用時にフェルールが折れてしまった」と、報告がありました。 
一人の方は、購入から約2年少々、もう一人の方は購入から約3年が経過しての出来事でした。
金属フェルールは通常、勘合部をしっかり差し込んで頂いていれば、先ず折れると言うトラブルは発生しません。正確に言うとその可能性は極めて低いものです。
しかし、弊社ではその責任をお客様に押し付けることもしたくありませんでしたし、具体的にどの様に使用していたのかも、問い詰める意思もありませんでした。
と言うのも、弊社に全くの過失が無かったわけでも無いと判断したからです。
これは、製作において問題があったと言う事ではなく、ご使用頂く上での説明不足と言う事です。
このことからも、ユーザー様にその過失を問う事は、本意ではありませんでした。
そこで、フェルールを交換する費用を、弊社とユーザー様で持ち合うという結論に達しました。
元々使用しておりました“つるや製フェルール”を交換することには無償でさせて頂こうとも考えておりましたが、折角、より制度の高いフェルールをオリジナルで作ったにも拘らず、以前と同じ物を付ける理由は何処にもないと考えた結果の判断でした。
そんな事から、フェルールが折れた方には、通常より安く修理させて頂くシステムを導入させて頂いたと言う訳でした。

結果的に有料交換となった事により、弊社の商品の品質を侮辱するようなコメントが入れられました。 
これは弊社にとりまして、実に心外でありますが、これも全て、弊社の説明不足から発生しました事です。
また、フェルール交換に至りましても、不十分な回答をしてしまった事も事実です。
このことにより、ユーザー様には、誤解と不安を与えてしまいました事、深くお詫び申し上げます。  
申し訳ありませんでした。

そして、この場で誓い言い切らせて頂きます。
弊社商品は、決して欠陥品でも不良品でもございません。
今まで自信を持って採用してきた非常に完成されたフェルールでしたので、現在ご使用されております方々には、今まで同様ガンガン使ってくださって結構です。
2009年春よりオリジナルに変更しましたのは、自社商品を持ちたかったという理由のほか、今まで以上に精度を上げたかったからで、既存の物がダメだからではありません。
だから、今後万が一の事故が起こった場合にも、責任を持ってケアさせて頂く所存でありますので、ご心配なくお使いくださいませ。


『フェルールの保証について』
結論から進めます。

*ロッド使用時にフェルールが折れてしまった物に関しましては、無償交換させて頂きます。 
 しかし元に使用していた同形フェルールと交換とし、保障期間は3年と致します。
 購入から3年以上の物に関しましては、ご相談ください。
(OEM商品は、対象外とさせて頂きます)

*旧フェルールが折れて、新フェルールへの交換ご希望の方は、¥10.000から¥12.000必要です。
(料金はフェルールの サイズと作業工程により異なります)

*旧フェルールが折れていないのに、新フェルールへの交換をご希望される方は、¥16.000から¥18.000必要です。
(料金はフェルールのサイズと作業工程により異なります)


注)ロッドをご使用になられる場合、フェルールの抜き差し方法と、勘合部の差込度合いはトラブルを
避けるためにも大変重要となってまいります。
使用上の注意をよくお読みになり、正しくロッドをお使いください。


『使用上の注意点』

フェルールを差し込む場合は、ティップ/バットの出来るだけフェルールに近い所を握って頂き、最初は軽く差し込んでください(♂の先端部のみ)フェルールの前後にガイド面のマーキングを合わせて頂き、そのまま“ギュッ”と真っ直ぐに入るところまで差し込んでください。(年代によってはガイドマーキングの無いものがあります)
万が一ガイド面がずれて差し込んだ場合は、一度抜いて頂いて、最初から差し込みなおしてください。 
継いだ後には、決して回さないでください。

次に抜く場合です。
利き手をティップ側に持ち、反対側の手でバットを持ちます。
そのときバットは、なるべくフェルールから遠い場所を握ります。
バットを持った手は、ロッドを脇に挟み込むようにしっかりと確保し、利き手側のみ前に真っ直ぐ突き出すようにしてフェルールを抜いてください。その際絶対に捻って抜かないでください。
フェルールの故障及びブランクの破損に繋がります。ご注意ください。

ロッドが新しい間は殆ど差し込めますが、長期の使用により勘合部(♂の差し込まれるところ)に酸化皮膜が出来、新しい状態とは異なってきます。(抜き差しがきつくなって来ます)
しかし、差し込んだ状態が、おおよそ♂の勘合部の3分の2以上入っていれば大丈夫です。 
酸化皮膜の出来る度合いは個人差があります。あまり硬くなるようでしたら、歯磨き粉等微粒子研磨剤を乾いたウエスに付けて、軽く勘合部を回転させながら磨いてください。 
最初は軽く行い、差し込んで様子を伺いながら作業を進めてください。 
絶対に一度に沢山磨かないでください。

ロッドのご使用後は、乾いた布等(軟らかい物)で乾拭きして保管してください。
また湿度の高い部屋に保管する場合は、必ずケースから出して壁等に垂直にぶら下げるように吊るして保管して頂く事をお勧めいたします。


ご不明な点や、ご質問等ありましたら、ご遠慮なくお尋ねください。
ご質問はこちらから info@genius-rod.com
                               ジーニアスロッドメーカー 代表:新藤 忠伸

ジーニアス風・・・ってことで! «  | BLOG TOP |  » つるやハンドクラフト展

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ