FC2ブログ

2020-06

HS/HL(ハイスピードハイライン)の話 PART2

hshl2.jpg


前回の内容は、HS/HLのHL(ハイライン)についてそのウエイトを置いて進めました。
単純に表現するとHS(ハイスピード)はHL(ハイライン)投法の上に成り立つものであるといった内容でした。

今回は何故HL(ハイライン)投法がHS(ハイスピード)を生み出すのか? 
そしてそのHS(ハイスピード)が如何に効率よくロッドを曲げることが出来るのか?
そのあたりに迫ってみたいと思います。

「HSハイスピードライン」
HS(ハイスピード)ラインを投げるには、ロッドティップを出来るだけ高速で、前方あるいは後方に移動させてやれば良いわけです。 しかもロッドが前後に移動する時間をなるべく短くすることでロッドティップは早く、前方ないしは後方に向けることが出来ます。 しかしそれはあくまでもスピードの事で、放出力とはまた別の話。
放出力とは、ラインを押し出すエネルギーのことで、理想は短時間に力強くロッドティップの移動をしたい。
これがハイスピードを放出する最大の要因です。

「スピードとエネルギーの関係」
スピードを時間、エネルギーを放出力とすれば、この二つを効率よく融合させればいい事になる。つまり短時間でロッドを大きく曲げてさえやれば、時間と放出力が上手くタッグを組むことになるわけです。
大きく曲がったロッドは、力強く反発するし、手首と言う一番早く動く関節を利用することでロッドティップは早く反対側へ移動させることが出来る。
実に時間と放出力の融合を具現化した最善の方法です。

「リストの効果」
ロッドのスタートと同時に手首を使うことで、ロッドティップを高速で反対側に向けることが出来る事はご理解頂いたと思います。この結果、後方あるいは前方に発射されたラインの高度を下げずにその反対側へ放出できるといった、素晴らしいメカニズムを生み出しています。 またこの行為は同時にロッドを大きく曲げる作業にも一躍買っているのです。
つまり先に述べたエネルギーの部分です。
では、何故スタートと同時にリストを使えばロッドが大きく曲がるのかについて説明したいと思います。

ここで皆さんにイメージして頂きましょう。
ラインの通ったロッドを水平に構えます。この時リストは完全に閉じて固定しています。
ロッドから垂直に垂れ下がったラインの先端を固定します。
その状態からスタートするのですが、問題はここからです。
手首を開いてロッドティップを持ち上げた場合を(A)とし、水平のまま真上にロッド全体を持ち上げた場合を(B)として、一体どちらの方がバットまで大きく曲がるでしょう?


答えは(B)ですが、イメージできましたでしょうか?
これはロッドとラインの関係が90度にあることがポイントとなります。 つまりロッドに対して90度方向から引っ張った時が最もよく曲がることとなります。 しかし実際のキャスティングでは、前後でロッドは僅かに寝た状態からスタートしますので、正確には90度の原則から外れるわけです。
では、出来るだけ早く90度に持って行く事の出来る行為を行なえばどうでしょう。 

もうお分かりですよね!

ロッドのスタートと同時にリストをスタートすることで、どんな行為よりも早く90度の原則に近付く事が出来ることがイメージ頂けると思います。
ロッドを大きく曲げながら、ロッドティップは高速で反対側に向くわけですから、最も理想的な「時間と放出力の関係」が獲られることとなるわけです。

ただこのメカニズムには一つだけ条件があります。
それはラインベリーが常にロッドティップの高度に伴った方向で飛んでいると言う事です。
例えば、ロッドティップより低い高度で飛んでいる場合、同じ行為でロッドを振るとロッドティップに大きな負担が係り、真っ直ぐなティップの移動奇跡が得られなくなるため、テーリングループに成りやすかったり、自分目掛けてラインが飛んできたりする結果を招いてしまいます。
「リストを最初に使うとテーリングになる」と思い込んでいる人の殆どは、ラインの高度が低すぎる傾向が強く、最初にリスト=乱暴な加速=テーリングと解釈されてしまっていることもまた事実です。 

「習得の近道」
貴方がもしHS/HLテクニックを身に付けたいと思うなら、良い指導者の下で学ぶべきです。
このHS/HL(ハイスピードハイライン)の話 PART1/PART2ではあくまでもHS/HLの最も基本理念を掻い摘んで発信しただけに過ぎません。 つまり、文章から得られる技術は知れたものですし、HS/HLの真相はたったこれだけの活字では言い表せないからです。
私の経験上、どんなキャスティングでも指導者の下で学ばなければ上達は望めません。
言い換えれば、独学で上手くなった者は居ないということ。
もし貴方の周りにそんな方が居られたら、それは異例中の異例で、やはり良い指導者に学ぶ事が最も上達の近道です。


フライフィッシングをする上で、不可欠なキャスティング・・・
フィールドで悩まない為にも、HS/HLテクニックを是非習得してください。

***お知らせ**************************************
Master-PaPa "SPEED STAR" DEBUT 好評発売中
Master-PaPa "SPEED STAR" オフィシャルサイト
http://www.genius-rod.com/001/masterpapa/masterpapa.html

キャスティングレッスン開講
詳しくはhttp://www.genius-rod.com/001/lesson3/lessonnara.html

東日本大震災 «  | BLOG TOP |  » 関東地区限定ですが・・・

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ