FC2ブログ

2020-05

7番と言うバンブーロッド

画像-109-aaa

久しぶりの更新です。
年末から年始にかけて、イレギュラーな仕事があったり、関東から来客があったりと、何かと忙しく、中々更新できませんでしたが、ようやく諸々の事情が一段落し、先日「なごみ湖」に友人2人と釣りに行ってきました。
そのとき“ふっと”感じたエリアフィッシングで有利なロッドの話を少々・・・
我々一行が「なごみ湖」に到着したのは午前10時過ぎであった。
本湖にはもう既に何人ものアングラー達が釣りをしている。
早い人は、夜明け前に来て、管理人が登場するのを待って、一番乗りで良い場所を確保すると言う。
それに比べて私達は、なんて怠慢なことであろう・・
当然そんな怠慢な奴には良い場所など与えてもらえるわけも無く、「あそこの桟橋が丁度3人釣れそうだ」なんて喜んでいるのも束の間・・なぜその桟橋が開いているのか??
答えは簡単である。 時期的なものがあるのだろうが、この時期はその桟橋は良くないポイントであるからだ。

しかしそんな3級ポイントも人の狙えない遠くを釣ると良く釣れる。
これは“いい格好”を言っているわけではありません。
本当に良く釣れるんです。

先ずShootingBow DS-6にタイプ1のシューティングヘッドをセットし、リトリーブの釣りをしていたのだが、全く当たりもかすりもしない。しばらくやっては見たものの、全く状況は変わらなかった。
やはりスローリトリーブとは言え動いているフライには反応しないようだ。
リトリーブを諦め、持参したホスキンスに5番のフローティングラインをセットし、ドライフライをインジケーターと見立て、そのドライフライからトレーラーとして1.5メートルほどティペットを結び、その先に18番のニンフを結んで釣ることにした。
画像-100-aaa
このサイズがぽつぽつ釣れる。

このドライ/ニンフの釣りは、インジケーターをあまり好んで使わない私にとっては、実に具合が良いメソッドで、止水の釣りにはよく用いる釣り方である。
このシステムは、キャスティングに殆ど支障をきたさず、思い切ってロングキャストできるところも気に入って、管釣りでは無くてはならないシステムとなっています。

今回もこのシステムで、その桟橋からほぼフルラインに近い距離をキャストし当たりを待った。
するとどうだろう・・ キャストして数分・・ぽっかりと浮かんでいるドライフライが水面から消えた・・ヒットである。
そうして、定期的にあたりは出続け、この水温の非常に低いとても釣り難い条件化でそれなりに楽しく釣ることができた。

そこで私は思った・・
今使っているロッドは7’ 8” の4/5番である。これにWF5Fをセットして釣っていたが、約25メーター先を釣るとなれば、やはり6番以上のタックルの方が楽であることは間違いない。7番でも良いくらいである。
キャスティングを熟知した者は、たとえ5番であっても、フルラインをキャストして釣ることは容易ではあるが、決して楽をして投げられるわけではない。
フィールドには風が付きまとう。それも自分に有利な風とは限らない。
桟橋に回収してくるラインを落とすと、汚れが直ぐに付着し、ラインの滑りも悪くなる。
そのような様々な悪条件を考えれば、容易に遠くを釣ることができる番手が必要となる。

桟橋のある釣り場では、その立地状況から遠投をしないでも釣れることが多い。また遠投のできない立地条件もある。
しかし、「なごみ湖」は違う。桟橋と桟橋の間が裕に4~50メートル以上はあり、思いっきり遠投のできるフィールドである。
この環境は、飛ばせるフライマンにとっては願ってもないフィールドである。
そんなフィールドがあるのに、足元を釣っているなんてもったいない!
画像-107-aaa
お隣の桟橋まで裕に50メートル以上はある。

7番と言うバンブーロッド! 弊社ジーニアスではラインナップはあるものの、その需要はやはり6番までが圧倒的である。
それだけに7番の開発もサイレンスモブ以降していない。
これを気に、7番と言うバンブーロッドを見直す時期なのかもしれない。
8フィート少しのスローアクション・・・
ぶっ飛びのスローアクション・・
そんなロッドあったらおもろいんちゃうの!と桟橋の上で一人考えるのであった・・・

Genius Rod Maker officialsite

Development story第6話 『Crimson-Beauty』 «  | BLOG TOP |  » A HAPPY NEW YEAR

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ