FC2ブログ

2020-06

『釣 道 楽』の取材を終えて・・

hokaido1.jpg
雑誌『釣道楽』の取材を受けるため、北海道に行ってきました。

その昔、代理店との同行で幾度と無く北海道へは訪れたのですが、本格的に釣りをするのは初めて。。

僕のテクニックが何処までこの北海道で通用するのか楽しみでした。

hokaido2.jpg
常日頃、出来るだけ遠くから釣る事を心掛けています。勿論北海道でも同じ事。。

と言うより、北海道だからこそ自分にテーマを持って釣るとより楽しいと感じました。。

hokaido3.jpg
編集長から詳しくポイントの説明を聞く。

hokaido4.jpg
ロッドは、Master-PaPa“Speed Star” に#5をチョイスして釣り上がった。

このくらいの規模にはSpeed Starが丁度良かった。

hokaido5.jpg
適切なアドバイスがあったからこそ、数々の魚を釣る事ができました。

30センチに満たない虹鱒やアメマスでも流石ワイルド! 引きが違います。 引きが・・・

hokaido6.jpg
ポイントを変えて中規模河川へ。

ともすれば20ヤード以上のキャストも出来、ドライフライフィッシングの王道である「キャスティングを楽しむ釣り」を大いに満喫出来ました。。  流石北海道!!!

hokaido7.jpg
この小さな虹鱒でも引きの強さは本州の尺クラス。。

hokaido8.jpg
当然、キャスティングシーンもしっかり撮影いたしました。。

撮ってはモニターで確認。 撮ってはまたモニターで確認。

さて何回キャスティングしただろうか・・

カットシーンは優に1000枚は超えていたそうです。。

hokaido9.jpg

今回『釣道楽』さんを通して私が伝えたかった事は、ドライフライフィッシングって楽しいって事!
それには一つ条件があります。 それは出来るだけ遠くから釣る事です。

当然自分との距離が増えると言う事は、それだけラインを出さなければいけない事になります。
つまりロングキャストです!
ロングキャストと言っても、必要以上に遠投をすると言う意味ではありません。
魚に気付かれない様に十分な距離を取って投げる事を一番に気を使うのです。

参考までに・・ 私は出来れば川に入らないで狙える距離を心掛けています。
勿論入らなければ釣りが出来ないポイントもありますが、そんなときは深く入らないでと言う事になります。。
その距離はポイントの成り立ちによりますが、時としてそれは例え小さな渓流でも15ヤード以上のキャストも珍しくありません。

ロングキャストをして問題点と言うか、大きく2つの壁にぶち当たります。
それは、正確にフライをプレゼンテーションをすると言う事と、障害物への干渉です。
正確にフライを飛ばすには、やはり出来るだけ真っ直ぐにそして小さな動きでかなり的中率がUP致します。
障害物の干渉も、常にフライの高度を高く維持したキャスティングを心掛ければこれも大半がクリアできるものです。 

北海道と言うところは、釣れるからそんな必要が無いと言われればそうかも知れません。
だけど、僕は逆に釣れるから自分にハンディをつけて楽しみたいと思いました。
難しい事を駆使して釣った1匹は何よりも価値があると思うし、上手く行った時の支配感と言うか、達成感と言うか、実に楽しくて気持ち良いのです。
北海道はそれが出来る恵まれた環境があるんですから、遠くから格好良く釣りをしないと勿体無い!

その当りを次号の『釣道楽』で上手く伝えてくれれば嬉しいのですが・・

なにわともあれ、3日間の取材は大成功だったと自負しております。
まだ今の段階ではお見せ出来ませんが、手が震えるような魚も・・・・

興味のある方は是非次号の『釣道楽』を買って見て下さい。
今回の様子は、何回かに分けて連載されるようです。。
詳しくは http://hekifuusya.p2.bindsite.jp です。
この雑誌は年4回発行ですので、年間定期購読がお勧めです!


いやーしかし、楽しかった北海道!!





本流は健在なり! «  | BLOG TOP |  » 今年も尺イワナをゲット

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ