2017-11

念願の・・・

sreed1.jpg

手に持っている緑色の物体・・なんだと思いますか?

実はこれ、ロッドにガイドを止める為の糸。 つまりラッピングスレッドです。

およそ500g。 長さにして約12500メートル。。

兼ねてから自社オリジナルカラーを持ちたいと、ずっと思ってきました。

しかし、この手の染物はとんでもない単位で取引されていて、とても廃業と背中合わせの一バンブーロッドメーカーが手を出せる金額ではなかったのです。 sreed2.jpg

ある日、とある染色業者とご縁があってこの件を相談したところ、廃業と背中合わせのメーカーでも何とか手が出せる金額で出来るとのこと!

これはラッキー!!  早速欲しい色のサンプルを提出し出来上がってきたのが写真のカラーです。
出来上がってきたのが1枚目の写真の物。

約12500メートルなんて一生掛かっても使い切れないほどありますが、これでもあちらの業界ではサンプル程度の量らしい。。

しかし皆さん、この色どこかで見たことがありませんか??

実はペゾンとほぼ同色のスレッドなのです。
弊社の商品はご存知 ペゾンをリスペクトしています。
アクションは勿論、グリップ形状やリールシートデザインに至るまでそれを思わせる形を採用しています。
唯一出来なかったのは、このスレッドカラーでした。
とあるメーカーにペゾン同色のスレッドが販売されていましたが、残念ながらちょっと太いのと素材がナイロンということもあって、中々弊社ロッドへの採用は考え物でした。
そんな中、遂に細くて強い絹糸で出来上がったのです。

二つ目の写真は、そのスレッドで巻いたサンプルです。
右と左とでは色の濃さが違いますが、元糸は両方とも同じ糸で巻いています。
これは、1回目に施す塗料の性格で出来上がりが異なります。
色の濃いほうが、70年代のペゾン、薄い方が80年代後期から90年代以降のペゾンといったところでしょうか。

今後、ジーニアスロッドのPOWER-BOWシリーズに濃い色の方をスタンダードカラーとして採用いたします。
MASTER-PAPA は今まで同様「ハイランダーグリーン」SHOOTING-BOW は「イエローラップ」で変更はありません。 そして、現在開発中の新しいシリーズ『SUPER-RECORD』では薄い色を採用いたします。


さて、ご覧のお客様の中で、ご希望があれば現在お持ちのジーニアスロッドのスレッド巻き替えも行ないます。 
また、ペゾンのレストアでお困りも方も、どうぞご相談ください。







平岩スクール 結果報告 «  | BLOG TOP |  » 平岩フィッシングスクール参加者の皆様へ

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ