FC2ブログ

2020-06

また一つ、引き出しが増えた日

tokoyanouchi2013.jpg

しばらくの間渇水だった山に、2日間の雨で十分すぎるほどの雨。土日になれば釣り人が50人は訪れるという激戦河川の渓に潤いを与えた。水が引いて良い感じの時に休みが重なりどこからでも魚が出るんじゃないかと期待を膨らまし出かけた日の事だった。

川に入り最初の1投目、流真のど真ん中から肩にかけてフライを流していく あれ? 何も反応がない

続いて流真脇を流してみる あれ? ここも反応がない

流れのゆるいところも巻きも何処も 何も反応がない。魚が出るだろうと想われる場所で全く反応がない。
しばらくはそんな感じでゆっくり丁寧に時間をかけ釣り上がっていた。普段はチャラ瀬で出ても小さい魚が出る場所。今日は水深もあるしと、とにかく魚の生命反応が見たいのでそこも流した時だった。流れ出しの一番先から流れるフライ、チャラ瀬の中でも一番水深がある場所で魚がフライを咥えた。
ここで出るならやっぱり今日は良い日のはずなんだけど、おいらの中の少ない経験と知識の引き出しをごそごそと捜すも答えは見つからず午前の部が終わる。

お昼を食べいつもならまったりするが、この日はすぐ釣りを開始した。

午後の部一番最初の場所は大好きな場所、ロングキャストで流真の頭にぶち込む為、大きな浮力の有るフライを投げる小さいフライだと波に飲まれてすぐに沈んでしまうからだ。
そして、ロッドはジーニアスクリムソンビューティー。私のお気に入りの1本である。
ドンブラことフライが流れる。頭から半分位流した時、魚が上流からフライを追いかけてきて、#8のジャシッドを綺麗に咥えていた。

このとき、もしかして今日は頭から流さないと釣れないのかと。
次の場所でも次の場所でも、それは同じだった。
何がなんだか分からないがとにかくこの日は、白泡から流れ出すその切れ間にキャストし、長い時間フライを流すと釣れるのだ。

ジャシッドを持ってきて良かったと思った。
波に飲まれてしまうフライだったら魚に出会えなかったかもしれない。
それと同時に改めて大きなフライの威力を痛感した日であった。

投稿者:床屋のうっち

#6ジャシッドを丸呑みした奴 «  | BLOG TOP |  » 遠征いろいろ・・・

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ