FC2ブログ

2020-06

部長からの招集で長野へ・・・

nagano9910no1.jpg

9月初旬、東京のS部長から招集が掛かった。。

場所は長野のとある河川。

関西から私を含めたN川、K川氏の3名で行ってきました。
nagano9910no2.jpg
最初に選んだ川は、ある河川のダム上流部。
今回は、S部長のお供にUッチさんも参加しての計5人。
初日のUッチさんは、ビデオ係。 
S部長の釣りシーンを後ろから撮るUッチさん(写真上)

nagano9910no3.jpg
関西組みの一人、N川氏。

数人で入渓は、お互いの釣り方を観察できる。これは上達するには不可欠で、何時も良い刺激を与え合える。

nagano9910no4.jpg
長い深い瀬で出た、アマゴ。
この日のファーストフィッシュであった。

nagano9910no5.jpg
そのアマゴをM2ネットと共に撮影。
釣ったときには、もう少し大きいと思ったが、量ってみたところ9寸に数ミリ足りませんでした。。

nagano9910no6.jpg
午前中は私が釣った、9寸アマゴのみ・・

昼食後、ダムのバックヲーターから再び入渓することに。

nagano9910no7.jpg
バックヲーター直ぐ上の橋から川を観察。
そこには、これと言った石も無く、一見にしてポイントとは思えない光景があった。

nagano9910no8.jpg
しかし、その期待の無いポイントからまたもや良形のアマゴが私のキャストした#10ジャシッドを捕らえた。

nagano9910no9.jpg
紅班が鮮やかな綺麗なアマゴ。
恐らく産卵のためダムからの遡上アマゴ、通称ダムサシ・・であろう。
午前中に釣ったアマゴより体高があり、サイズも少し大きかった。


そのヒットシーンをUッチさんが撮影していた。
UッチさんのYouTubeより拝借。

nagano9910no10.jpg
ポイントは徐々に険しくなり、場所によっては高巻きや、へつりをも強いられた。。

遡行の難易度とは逆に、私の1匹から後は音無しであった。。



nagano9910no13.jpg
二日目、河川を大幅に変更。
ここは、超有名な河川だが、奈良県民の私としてはあえて伏せておく事にしたい。

兎に角、綺麗な水がとうとうと流れている。
石も白く、全体的に美白美人の川であった。

nagano9910no11.jpg
河川敷の遊歩道には、なにやら男心を擽るオブジェが・・・

ガキの頃、クワガタのプラモデルを良く作った。。
そんな童心にも返らせてくれたオブジェをバックに、ロッドの撮影。。

nagano9910no12.jpg
この川で初めて釣りをする私でも、水量が多いのは人目で分かった。
最初ドライフライで釣りあがったが、なにやら雰囲気が違う・・・
特に確信は無かったが、直感でドライは駄目・・と思った。

早々にドライからウエットに替え、アップストリームで釣り上がることにした。
すると、リードフライに付けた#10ダークセッジを可愛いアマゴが銜えた。

nagano9910no14.jpg
小さなサイズばかりヒットする中、今度は見るからに良いポイントから、期待の良形が・・・

nagano9910no15.jpg
中層をナチュラルドリフトするウエットフライに飛びついた。

川の色と同化して白い綺麗なアマゴであった。


nagano9910no16_2013091713024621d.jpg
午後は、またもや河川変更。

泣いても笑ってもここで最終。  ラストスパートを掛けたが、結果納得の行くサイズは出ませんでした。
日が落ちる少し前に退渓、上流で釣っていたS部長とUッチさんが帰ってきた。
S部長は9寸イワナと小さなサイズを数匹。Uッチさんも方を見たそうだった。

nagano9910.jpg
今回の釣行メンバー!
カメラマンのK川氏はOOOの人だから・・  写真に入れず(笑)



結果的には、2日間で9寸前後のアマゴを3匹釣っただけでした。
しかしそのアマゴはどれもコンディションが良く、楽しめました。

やはり激戦区の河川、秋となれば今までに沢山の釣り人が入渓し釣った魚を持って帰ることから
相当数が少なかったように思いました。
渓相も、餌釣りが泣いて喜びそうなポイントが多く、容易にそれらが想像出来た。
しかしその分、残されたアマゴは大きく成長するのでしょう。

秋のアマゴやヤマメは薄っすらと紅く化粧を施し、初夏の装いとは一味も二味も違う。
自然の摂理と言うか、その偉大さに心打たれることしばしば。。
次世代への期待を胸に、優しくリリースした事は、言うまでもありません。。

さて、今シーズンも後10日少々。
今度は薄化粧をした婚活中のヤマメに会いに行って見るとしょう。

HandsomeBoy IO DEBUT «  | BLOG TOP |  » 禁漁間際にして尺便り続々!

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ