FC2ブログ

2019-12

2014年 丹沢イベント結果報告

tannzawa191.jpg

4月19日/20日の2日間、恒例の「丹沢イベント」を開催致しました。

初日19日はHS/HLキャスティングスクール、翌20日は実釣レクチャーと
今回も丸秘テクニック盛り沢山でお送りいたしました。 tanzawa193.jpg
8名の参加者を迎え午前9時スクールスタート。

約40分のHS/HLレクチャーを含み参加者全員の個人指導がジーニアススタイル。

tanzawa192.jpg
個人指導は、その人のレベルアップは勿論、自主トレ時でのアドバイスもいたします。

僕に習っている時間より、自分で練習している時間の方が長いので、自主トレ時のアドバイスは重要。

午前中1回、午後から1回の計2回の個人指導で時間は午後4時、これにてスクールは終了。

その後日没までジーニアスバンブー振り放題。。

tanzawa195.jpg
丹沢ホームと言えば“鴨の鉄板焼き”

これが毎年無性に食いたくなるんです。。

スクール終了で帰られた方、夕食から参加の方等入れ替わり総勢9名での鉄板焼きタイム。

鴨が美味過ぎて何時もビール、飲みすぎちゃいます。。

tanzawa196.jpg
ほろ酔い気分でタイイング。

今回もリクエストにより、スペントバジャーとジャシッドのタイイング。

最近あまりフライを巻いてなかったので、上手くいくかと心配してましたが、
ほろ酔いってのが良かったのか2本とも満足の出来上がり。。

勿論サービストークも忘れずに披露させて頂きました。。


tanzawa197.jpg
あれ! めっちゃ格好良く巻けたスペントバジャーが無い?
もう誰か持って行っちゃったのかな・・・?

残されたジャシッドをホワイトワックスの上において1枚。
このフライもこのあと直ぐに嫁入りしました。。


tanzawa201.jpg
一夜明けた20日、この日は実釣レクチャーです。

HS/HLテクニックがフィールドでどの様に有効なのか?
最も基本形となる釣り上がりのアプローチの仕方等を学んで頂きました。

フィールドに立つ前に、リーダーシステム等説明

tanzawa202.jpg
相変わらずハックルをビシバシに巻いたフライで釣るのが私流です。


tanzawa203.jpg
さて、今回はドライフライフィッシングに加え、釣りあがりのウエットフライフィッシングも
レクチャーさせて頂きました。

先ずは、ドライフライフィッシングです。

12フィートそこそこのリーダーで4Xや3Xを使って、如何にナチュラルドリフトをするか?
それはアプローチ・・つまりプレゼンテーションの仕方で全てが決まります。

それには『ドライフライキャスト』と言われるプレゼンテーションが不可欠になるため、その方法を説明。

tanzawa204.jpg
我々スタイルは出来るだけ遠くから釣る事を心掛けています。
しかしそれは決して近寄らないと言う事ではありません。
近寄って手際よく釣れるポイントは思い切って近寄ります。

そこでもドライフライキャストで小さなポイントを探っていきます。


tanzawa205.jpg
ドライフライレクチャーの後は、ウエットフライレクチャーです。

多くの方がウエットフライは釣り下るもの!と思っておられます。
つまりダウンアンドアクロスの釣りです。

アップストリームでは当たりをどう取ればいいのか・・? 
そういった疑問から殆どの方がアップストリームウエットを
苦手とされているようです。

先ずは私流ウエットフライのドレッパーシステムを仕様フライの説明。


tanzawa207.jpg
アップストリームのウエットフライはドライフライフィッシンと全く同じことをすれば良いだけです。
一つだけ違う事は、ドライフライは目で確認できますが、ウエットフライは見えない・・ことぐらいかな。。
あ!あともう一つは、ドライフライほどロングキャストで釣りにくいって事ですかね!

でもね、ドライフライと同じ事をして釣れるウエットフライですが、ドライフライをどの様に釣っているかで
その人にとっては、ウエットフライが異次元の難しさになるんです。
短いリーダーでも上手に流せるテクニックを身に付ければ、アップストリームのウエットも得意になるはずです。

tanzawa208.jpg
レクチャー最中でも希望者には個人指導を・・

アップストリームにウエットを投げる場合の注意点等アドバイス。

tanzawa206_2014050116105488c.jpg
左奥の白泡にキャストし、ウエットフライをナチュラルドリフトさせる。
上手く流れに乗ると当たりは明確にラインに出る。

tanzawa2013_20140501170126b61.jpg
ラインを引っ張っていった可愛い岩魚。


tanzawa209.jpg
午後からは自由時間。
レクチャーで学んだ事を自分なりにやってみる。。

基本に忠実に釣りをすれば必ず結果は付いてくることを、身を持って証明していただいたSさん。

tanzawa2010.jpg
ラインの動きに最善の注意を払うYさん。

tanzawa2011.jpg
イメージ通り釣れて思わず頬が綻ぶMさん。
もうウエットフライの虜になった事でしょう。

tanzawa2012.jpg
12名の参加者と記念撮影。


参加して頂きました方々にとりまして、この丹沢イベントが有意義な物であった事を節に願うばかりです。
初参加の方々には今後の展開を期待しております。また常連様には目殴るしい進歩に正直驚きました。
ブレル事無く一心に進んでいる様は、私にとってもいい刺激になりました。
次回は秋(出来るかな・・・?)にお会いいたしましょう。

皆さん、今回もご参加ありがとうございました。
そしてお疲れ様でした。


PS:キャスティングスクール時のDVDですが、まだ編集段階です。
  発送は連休明け少し向こうになりそうです。しばらくお待ちください。





天川稚魚放流のお手伝い «  | BLOG TOP |  » ジーニアスロッド丹沢イベント出席者様へ、、

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ