FC2ブログ

2020-06

新生グラファイトロッド 告知

geniusrod1.jpg

この度ジーニアスロッドメーカーから新生グラファイトをリリースすることになりました。
構想から数ヶ月、幾度と繰り返し制作したブランク。

ようやく私が求めるアクションに仕上がりました。
先ずは、9’6” #7 3ピース
持ち運びの利便性と、ジョイントが及ぼすモーメント計算、また各セクションでの弾性/プライ数を変えることで
最高のアクションを生み出すことに成功いたしました。 geniusrod2.jpg

ご存知ジーニアスロッド=パラボリックアクションです。
勿論グラファイトでもその志向は変わりません。
現在私の知る限り、HS/HLキャスティングを完璧に出来るグラファイトロッドは残念ながら“あの国産銘竿”以外その存在は知りません。 HS/HLキャスティングができるロッド聞けば、何かキャスティングに特化したロッドと連想させますが実際にはフィールドにおいて、適切なプレゼンテーションを約束してくれるロッドアクションこそが、HS/HLテクニックを具現化する事から、まさにフィッシングロッドとして不動の性能を誇るものです。
その“国産銘竿”も現在は製造中止となり、現実には中古市場でしか手に入らなくなりました。
勿論中古たりとて、いつかは幻のロッドとして簡単には入手できない時代も来ることは、容易に想像がつくでしょう。

生産中止の一報を耳にした時から、それに代わるグラファイトを作りたいとその思いは募るばかりでした。
勿論あのビックネームには中々か敵わないわけで、それに代わるとは恐れ多いですが、現存するロッドで完璧なHS/HLテクニックを用いることができるグラファイトロッドをどうしても作りたかったわけです。

HS/HLの優位性を各地でお伝えしているのですが、中々伝わりにくいのも現実です。
それはHS/HLを一つのスタイルとして捉えている方々かまだまだ多いからでしょう。
HS/HLテクニックは、あくまでも最善のプレゼンテーションをするための手段であり、それを投げる事が目的になってはいけないのです。 その極上のテクニックも、あの銘竿が無くなってしまった現在、弊社のバンブーロッドだけで伝え続けることは非常に無理があるとも感じています。

各々に好き勝手なテクニックが横行している現在、正統派フライフィッシングを継承していくための基本的ロッドがどうしても必要ではないか・・と強く感じています。
そのためには、比較的求めやすい金額で、メンテナンスフリーで、何年使ってもくたびれないで、格好いいデザインで、完璧なHS/HLキャスティングができるロッド・・その答えが、ジーニアスグラファイトロッドでした。

幾度の試作を繰り返し、これならば大丈夫!と思うアクションが出来上がりました。
最終テストを終了し、あとは正式にブランク発注と、パーツの収集。
正式リリースにはもう少し時間が掛かりますが、誰でもがスピードと高度のあるラインを投げて頂けるアクションに仕上がりました。


下記の画像は最終チェック時のフォワードキャストとバックキャストの連写です。

「フォワードキャスト」
11.jpg

22.jpg

33.jpg

44.jpg

55.jpg

「バックキャスト」
__ 1

__ 2

__ 3

__ 4

イオで初尺ヤマメ «  | BLOG TOP |  » 「金とく 命つなぐ川へ ~岐阜・石徹白(いとしろ)の旅~」

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ