FC2ブログ

2020-06

キャスティング話 色々 その1

写真は昨年のスクールのワンシーン。
20141030102953f22.jpg

皆さんにとってのフライキャスティングってどんな感じ…ですか?
突然意味不明な質問すみません。
皆さんのキャスティング感と言うかキャスティング論と言うか、どの程度キャスティングに対して意識があるのかが、気になったものですので…

僕はその昔、それをしていることが楽しく、ただ投げるだけの練習や、またどれだけ飛ばせるか?に一生懸命でした。駆け出しの頃は、フルラインが出たら一人前! 的な考えもあり、その本質は実践から掛け離れた練習ばかりしていたと。。今から思えばですが…
しかし、今はあくまでも釣りをする為に如何に無駄が無い投げ方が出来るかを、追求しています。

釣りをする為のキャスティング(本来こんな書き方はおかしいおですが)に大切と思う事、現在の私のキャスティング論をこのカテゴリー(キャスティング話色々)でお伝えして行こと思います。

先ずは、フィッシングキャストで一番大切なことを綴って見ました。

練習の季節到来ですので、参考にして頂ければと思います。
興味のある方はどうぞ

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Master-PaPa シリーズ 2015年モデル 予約受付中
詳しくはhttp://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-474.html



キャスティング練習と言えば多くの場合、それなりの長さのラインを出して、兎に角綺麗なループで投げる練習をするものです。確かにそれはそれでとても大切な事ですが、何の為に綺麗なループを作るのか?
その辺りを明確に理解して練習している方は少ないはず。

キャスティングには様々な投げ方があります。それをスタイルと呼ぶ人も居ますが、私的に表現すれば単なるバリエーションです。
そもそもですが、キャスティングとは、自分の思いのポイントへ、これまた自分の思いのプレゼンテーションをする為のものです。一言で言えば、「キャスティングとは良いプレゼンテーションをする為」のものです。
だからポイントやロケーションによっては、必ずしも真っ直ぐ12時方向で竿を振れるとは限りません。場合によっては水平まで寝かせて振ったり、時には逆手側で振ることを強いられたりするものです。

こう言った様々な投げ方のバリエーションを会得するには、やはり基本となる12時方向で真っ直ぐ竿を振ることが出来た上でのことです。
ロッドを真っ直ぐ振ると言うことは、正しい言い方をすれば、ロッドティップを真っ直ぐに振る必要があるということですが、そのロッドを真上に振り上げて静止した時、大体の方は肘が外へ出ます。特に意識せずに何気に振り上げた場合ほどその傾向は顕著にでるものです。勿論何もしなくても真っ直ぐに振れる人は居ますが、100人に1人いるかどうかと言う確立です。
肘が外を向くと言うことはティップはスタートからフィニッシュまで同一面上を軌道せず、それより内側に入ります。それは人によって様々で、軌道中に内側に入る人もいれば、ロッドを静止した時に内側に入る人もいます。
また、それとは別に外側を通る人も居ますが、いずれにしても真っ直ぐにロッドを振っていないことには変わりないわけです。
肘が外へ出るのは人間の構造上の話で、その人がダメと言うことではありませんが、だからと言って楽な方法で振っていたのではいつまで立っても成長は致しません。
近い距離で命中率を自慢出来ても離れた距離では太刀打ち出来ないのは、そもそもロッドを真っ直ぐに振る癖が着いていないから。

ループの形やスタイル、またどれだけ飛んだかにこだわる一方で、自分が本当に真っ直ぐにロッドを振れているかどうか検証しましょう。
出来れば第三者に前方に立ってもらい、ロッドの軌道を指示してもらうと、信じられないほど歪んでいる事も…

竿が長くなればなるほど、誤魔化しが効かなくなるので出来るだけ長い竿で、しかもロッドを振る方向は必ず12時方向、つまり垂直でお試しください。





ロッドの話 色々 その1 «  | BLOG TOP |  » せっせと作ってます。

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ