FC2ブログ

2020-06

ドライフライキャスト

drycast.jpg

ドライフライをプレゼンテーションする時のキャスト法があるのを知っていますか?

その方法をドライフライキャストって言うんですが、それはドライフライだけではなく、ウエットフライでも活用します。
それは、渓流や河川の釣り上がりのプレゼンテーションです。

多くの方はプレゼンテーションの時、ロッドは水平かそれ以下まで振り下げます。
それでは良いプレゼンテーションとは言えません。
通称“前下がりのループ”を作り、プレゼンテーションはロッドを振り下ろさずできるでけティップを高い位置で静止!
ただこれだけ・・・

一度やってみてください。。

フライの落方が明らかに違うはず。。  ですので!
DSC_0782.jpg
わかりにくい写真ですが、ループヘッドに注目してください。
ヘッドが下向きになっているのがわかると思います。

DSC_0789.jpg
そのまま、ロッドを止めて待っている状態。
ループヘッドは更に水面へ向かってロールアウトしていきます。

DSC_0791.jpg
やがてラインが伸び、続いてリーダーもターンします。
このテクニックを使って流芯へフライをプレゼンテーションすると
魔法に掛けられたようにフライが自然に流れます。

明日の試投会 «  | BLOG TOP |  » SIR-GREEN 第2弾完成

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ