FC2ブログ

2020-06

ロッドテストを兼ねた北海道釣行

hokkaidou0.jpg

私事ですが、近年何かと飛行機でフィールドへ出かけることが多くなった。
LCC の普及により場所によっては非常に格安で現地まで行けるのは実に有難い。
しかしその一方では、手荷物以外は有料だし、特に長いバツーカに入れたロッドというと、その料金もバカにならない。

そんな中出来るだけコンパクトに仕舞えるロッドをどうしても作りたかった。
機内手荷物と迄はいかないものの、預け荷物に入る寸法だと、あの長いバツーカが一つ減ることになるからです。

hokkaidou27.jpg

最初に着手したのは、3P化です。
本来仕舞寸だけを考えれば4Pの方が圧倒的に有利であることは当然である。
しかし、現在の僕には4Pで今までのような2Pアクションを出す事が難しいと思ったし、たとえできるとしてもかなり遠回りをするのではないかと・・
ならば3Pから形にしていき、3Pで完璧なものができれば4Pも夢じゃなくなると考えました。

今回は7'2" #5 3Pを1本 そして 7'5"#4/5 3Pを1本用意してそのテストの場として北海道を選択した。



今年の春先、丁度つるやハンドクラフト展が終わって間なしであった。

昨年から何かと好意にしていただいている十勝鱒竿の橋本さんから「新藤さん、北海道でデッカいドライフライを使って、デッカいブラウンが釣れるところがあるんですが、来ませんか」と一報が入った。

実は兼ねてから、ジーニアスユーザーさんに紹介できるフィールドは無いものかと・・模索していた。
もしも、その地が面白ければ紹介もできるし、もっともっとジーニアスロッドの素晴らしさを知っていただけるはず。。
そして、3P計画のテストの場としても願ったり叶ったりであったから、"YES"と返事する事に時間はかからなかった。

hokkaidou1.jpg

7月25日 午前8時過ぎ とある道の駅で2日間お世話になるガイドと待ち合わせた。
今回のガイドさん。実は約5年ほど前まで地元でプロショップを営んでおられた。
フライ歴も相当長く、当時は知らない人は居ないとまで言われた凄腕中の凄腕であった。
店を辞められてから今日までは、他の仕事をしながら依頼があった時だけガイドを務めるといったスタイルで、現在も何某この業界に関わったおられるようだ。

ガイドの仙石さんとは今から10年ほど前、キロワールドさんと営業活動に同行させていただいた時お会いして以来の再開であった。

久しぶりの再開の挨拶もそこそこに、そうそう川へ向かった。

北海道と雖も川の規模や形は様々で、案内してもらった最初の川は、その大きさや渓相は私が地元で釣っている川とほとんど変わりない。
いざ出陣とばかりに引っ張り出した最初のロッドは7'2"#5であった。

私のスタイルは、北海道に来たからといって特に変わる事はない。何時ものリールに何時ものライン。何時ものリーダーを袋から出しリーダーリンクに何時ものように結ぶ。そして何時ものようにジャシッドを3Xに結んだ。
何時もと違うのは、ここは北海道という事と、テストのために用意したロッドであるという事。

ガイドが一通りの釣り方の説明をしてくれる。ふむふむとそれを聞きながら第一投を投じた。
数回流し、出なければ次のポイント、また出なければその次とかなりハイペースでガイドが指示を出す。

普段アマゴやヤマメ釣りでの常識なドリフトもここでは勝手が違った。
僕はガイドが指示するポイントや流し方の色々を疑問に感じながら釣っていると、何故そうするのかを説明された。
なるほど・・久しぶりに目からウロコであった。

丁度9年前、秋田の池田浩悦氏の釣りを拝見し、その真髄を聞かされた時以来かもしれない・・
兎に角、全てが理に叶っていた。


hokkaidou3.jpg

入渓して3個目のポイントで一際大きな波紋とともにフライが消えた。
威勢のいい声でガイドがあわせのタイミングの指示をする。

乗ったと思ったのもつかの間、ピンと張られたラインが一瞬で弛んだ。

合わせが緩かったらしい。。

そういえば最初の説明で、こんな事を言っていた。
「合わせは、ティッペットが切れてもいいと思うくらい思いっきり合わせてください」・・と
自分では合わせたつもりでもまだ足りなかった様だ。

ガイドはプールからプール(プールが一番大物のチャンスのある場所で本命ポイントとなる)までの瀬を中継ぎとよぶ。
中継ぎは大小の瀬の集合体で、本来なら出ても小物だろうと言うようなポイントまで丹念に攻めさせた。

早い瀬はできるだけ接近して手際よく釣っていくが、その作業が今回のプロトタイプ7'2"では、少々手こずった。
というのは、反発力がありすぎてショートレンジでの融通が利かないのである。
それと強いロッドというのは、ロッドを振っている時に感じる滑らかさに欠けるため、重く感じるのものである。
つまりその強さゆえに、握力がそれに負けない様に力を入れて振ってしまう傾向があるからだと思うのです。 
しかし、ミドルレンジからロングレンジは申し分なかった。
改善所は言うまでも無く、もう少し滑らかさを味付けした方が良さそうである。
と言っても、かなり微妙な味付けで改善はできそうなのだが・・


hokkaidou2.jpg

そんな事を思いながら次なるポイントは大きなプールであった。
ガイドが「新藤さん、得意のロングキャストでお願いします」
そう言われれば思い切って投げたいところであったが、ほどほどにした。
というのは、もしまた大きなブラウンが出た時、遠くを釣れば釣るほど合わせが伝達できなくなるからだ。

入渓して約30分少々、ガイドの仙石さんともなんとなく慣れてきて、釣り方や話し方の緊張がほぐれ、いい感じに世間話をしながらプールの芯を狙っていた時、さっきより明らかに大きな波紋とともにフライが消えた。
ガイドに付けてもたっらた、超デカフライが一瞬で水面から消えたのだ。

私は思いっきり・・そうティペットが切れるくらい・・魚釣りをしていて生まれて初めてこんなに強く合わせたよ!
というくらい、思いっきりロッドを煽った。。

乗った…・!!

ガイドはあと2回思いっきり合わせて!という。 その通り2回大きく合わせをくれたやった。

ロッドの感触からデカいと一目でわかった。
数十秒後その魚体は水面まで上がってきた。ロッドのパワーは十分であった。曲がりも申し分ない。
そしてついに北海道初ブラウンがガイドのネットに収まった。
その素晴らしい魚体は64センチの♂であった。

そのデカさに圧倒されるが、なんといっても美しいの一言である。
特にストローカラーのバンブーにハニカムゴールドがブラウンとマッチして素晴らしい。。

と自画自賛しております。。


hokkaidou6.jpg

今回の狙いは大物1点に的を絞っての釣行であった。
よって、ガイドも小物が沢山釣れる場所や釣り方は教えてくれない。
兎に角、デカい魚を釣るにはどうするか・・終始それに尽きた。

午前中の川はまた夕方攻めるとして、大きくポイント移動をした。
案内された川は、北海道では立派なヤブ沢? と言っても過言ではないなんとも生い茂った雰囲気の渓相であった。

しかし、秋田で鍛えたテクニックは、どんなフィールドでもWelcomeである。
難しいほどワクワクしてくるから、困ったものだ。。

ロッドは午前中に使っていた7'2"#5が丁度いい長さであった。

午前中の開けた川から午後のヤブ沢と、そのポイントに対して様々なアプローチが強いられる。
テストの場としても申し分はなかっが、釣れてくる魚も申し分ない。

上の写真をご覧いただきたい。
左岸側から生い茂った木の枝、写真では分かりにくいが流心は木の幹に当たるように流れている。
垂れ下がった枝をかわし、流心へ投げなければいけないのである。
もちろんその規模からわかるように、後ろのスペースもそう多くないし、だからと言ってポイントに不用意に近寄る事もできない。
私は膝をつき、垂れ下がった枝を避ける為、できるだけ水面(地面)すれすれの水平のループを作った。
比較的ゆっくりとしたリズムであるが、落下しないループとスピードを維持しながら、最後は狙いたいポイントに”ギュ”と
リストダウンを強調させるようにポイントにロッドティップを向けた。

ループはそれまでとは明らかに違う力で向けられたティップの方向へくさび形を形成しながら大きなフライを枝の向こうに運んでくれた。

後ろのガイドから「ナイスキャスト」と声がこぼれた。

hokkaidou4.jpg

フライは予定通りのコースを流れ出して間もなく、大きな波紋とともに消えた。

合わせのタイミングもやり方も分かっている私は落ち着いてその魚とやりとりを楽しめた。
ネットに収まったのは、随分と痩せ細った60センチ少々のブラウンであった。

最初餌が乏しくて痩せているのだと思っていたが、違うようだ。
あまりにも歳をとり過ぎて太れないらしい。。
そりゃそうだ。。餌が少ない川に60センチものビックトラウトが住めるわけないですからね!
それにしても、このおじいちゃんブラウン。
いい仕事してくれました。。


hokkaidou5.jpg

面構えも実にカッコイイ。。

何歳まで生きれるか分かんないけど、いつまでも元気で僕たちを楽しませてくれよ!
そんな釣り人のエゴ満載な気持ちで川へ返しときました。。

hokkaidou7.jpg

十勝鱒竿とジーニアスロッド

お互いにいい刺激を受けながら今後も成長していきたいと、強く願うばかりです。

しかし、橋本さんのロッドは綺麗ですね〜〜!
高級感満載です。。

それに比べれて僕の竿は・・・

hokkaidou13.jpg

さて、その綺麗な竿を作る橋本さんはというと、やぱり大きい魚を釣り慣れているという感じと風格。
ポイントの見立ても独特で、僕のように流れを見ると早く投げたい!と焦ることもなく、じっくり型ですね。。

余談ですが、このとき使っていたロッドは確か8'0"#4の十勝鱒竿だったと記憶しております。
この竿、びっくりするくらいバランスがいい。
8フィートで3Pとなれば持ち重りが生じてもおかしくないんですが、どうにかすると私の使っている7'2"より軽く感じました。
流石、世界が認めた唯一の日本人ビルダーでした。。

hokkaidou10.jpg

中継ぎと言われるポイントから見事良形ブラウンを引きずり出した橋本氏。

これまでにも何本かは50クラスのブラウンを釣っているらしい。
本人は釣っても写真を滅多に撮らないらしい。
だから、この写真は数少ない橋本氏の勇姿かもしれません。


hokkaidou11.jpg

初日から何とか納得のいくサイズに会えました。
この日は7'2"#5のみで通しましたが、問題点はやはり近距離の融通のなさです。
先に述べたように、もう少し全体的にしなやかさを味付けすると非常にいい感じになると直感しております。
特に北海道では5番ってやっぱり必要です。
時としてねずみをも食してしまうツワモノは、一際大きなフライにしか興味がない時もあるようです。
私達が普段大きなドライフライといったところでせいぜい10番、さらに大きくても8番あたりです。
でもここでは、6番や4番なんか当たり前のように使ってる。
そんなことを考えれば、5番ロッドが6番ロッドでもいいくらいですね。

でもバンブーロッドって良く出来ていると思います。
たとえそれが6番ロッドであっても、グラファイトのような強さは無いし、かと言って弱いかと言うとそうでも無いでしょ。 小規模河川でと言うより、8フィート迄の長さで十分なフィールドでビックトラウトを狙うには、やっぱりバンブーロッドが一番適していると実感いたしました。

hokkaidou8.jpg

さて、2日目は選手交代 

7'5"#4/5 3Pの出番です。
ラインは昨日と同じサワダのAR2 WF5F
川も初日の午前中に入ったところと同じ、しかもポイントまで同じところ。。
デカいブラウンの生息エリアが一番際立つところらしい。

私にとっては有難い。
それは昨日のロッドと同じところを釣るのだから、その性能の違いが嫌がを上でも分かるからです。

中継ぎの瀬をテンポ良く打っていく。
ロッドが出来上がって、工房の近くの空き地でガイドの設定やアクションを確かめている時は5番より4番かな?
と思っていたが、フィールドで実際に使ってみると5番がドンピシャ!
先のロッドより3インチ長いにもかかわらず、振ってる感は実に軽快で軽いでは無いか。。

そして何よりも足元から遠くまで狙ったところにストレス無くプレゼントできる。
しかも、ガイドが「これ使え!」と渡された特大フライでもである。。

そして昨日合わせが不十分で会え無く取り逃がしたポイントでのこと。。
上流の流れ出しから複数の筋が合流し、対岸の壁に当たる。やがてその流心は壁面を這うように流れ、如何にも釣れそうなポイントであった。
一投一投慎重にその壁を擦るかのような場所にフライを落とし流れの載せる。
流心の波立ちが穏やかになったところに差し掛かった時、水中から大きな三角形をした物体がまるで潜水艦のように浮上してフライを咥えた。

そう、頭だけ出してフライを捕らえたからそう見えたのだ。

ガイドが威勢のいい声で合わせを促すシーンは昨日と同じである。
違っていたのは、完全に合わせがあったこと。

この魚も良く引く、リールを逆転して2回ほど走ったのち、奴は静かに私の足元へ寄ってきた。
これも素晴らしいブラウンだった。
サイズは昨日の64センチには程遠いが、存在感は昨日の魚同様、厳つくて格好いい♂ブラウンであった。

hokkaidou9.jpg

肝心のロッドはと言うと、先の7'2" より約3インチ長い性か、しなやかさが加味されて申し分無い。
大きな魚とのやりとりも、別段不安も無い。いや!十分である。

この日の夕方、とあるダムの放水ポイントへ案内された時のことです。
流れ出しの泡の切れ目にフライを投げて、アクションを付けながら引っ張ってくる。ドライフラですよ!
つまり、深いプールではアクションを加えて、少しでもアピールした方がデカい魚が釣れると言う。
問題はその泡の切れ目まで約25メートル。
5番のラインが簡単に全部出ることはわかっていたので、このポイントも実践的遠投を試すには持ってこいであった。
やはり予想通り意図も簡単に25メートル先へフライを飛ばすことができた。 と同時に新しい発見があった。

それは短いラインでもかなりの遠投が効くロッドと言う事が分かった。
通常ロングキャストをする場合、フォルスキャストのラインはできるだけ長い方が遠投が容易である。
ライン荷重を十分にかけて投げるからである。
例えばフォルスキャストのラインが短ければ、それなりの荷重しかかから無い事になり、結果飛距離もその荷重に準じてしまう事は言うまでも無い。
ところがこの7'5"はそう長く無いフォルスラインでも、ほとんどフルラインに近いほど良く飛ぶのであった。
常に長いラインを振るだけのスペースがある事が少ないフィールドでは、非常に良い味方になる。

良く飛ぶロッドは強く硬いから良く飛ぶのである。
しかし遠くは得意でも近くが苦手となるケースがほとんどです。
しかしこの7'5" #4/5 3P はそんな常識をいい意味で破ってくれました。
これは使えると自身をもっとお勧めできるでしょう。
ただ、ティップと2Dセクションのフェルール重量と形状をもう少し改良すると、もっと良くなると自負しております。
一つ問題といえば、3Pにする事で、上のフェルール重量によるモーメントが諸に先端に掛かるため、2Pのようなスローテーパーなシャフトとは違い、非常にきついテーパーを持ったロッドになります。
しかし、それは構造上の事で従来の2Pのアクションを出すためのテーパーと理解していたでければ有難い。
何が言いたいかと言うと、ロッドを外見だけで判断されると、そのきついテーパー故にパラボリックアクションから離れたのでは・・と勘違いを呼ぶ恐れがあると懸念しているわけです。

なにわともあれ、今回のテスト釣行は大成功でした。

良い魚もたくさん釣る事ができたし、ロッドの新しい未来も見えたと思いますので。。


hokkaidou16.jpg

この川のいたるところに大物が潜んでいる


hokkaidou12.jpg

川辺が気持ち良いのは何も人間ばかりではないようです。。

hokkaidou19.jpg

ガイドの指示はいつも的確でした。
恐らく今回の釣果もガイド無しでは、あり得なかったでしょう。

hokkaidou14.jpg

ブラウンのみならず、アメマスも生息しています。
堰堤上のプールの開きからドライフライに飛びついた1匹

hokkaidou15.jpg

本州の渓流でこのサイズが出るとお祭り騒ぎ、でもこと北海道では小さいらしい。

hokkaidou17.jpg

今回、企画から宿の手配と色々お世話になった十勝鱒竿の橋本氏。

hokkaidou18.jpg

さて、知る人ぞ知る名ガイド仙石氏
来年もこの人にお世話になるつもりです。。





hokkaidou20.jpg

北海道釣行最終日は十勝でのレポートです。

先日の2日間は小雨交じりの冴えない天気でしたが、この日は快晴。
ここは北海道ですよね!と疑うたくなる程の気温30度超え。。
前日夜に橋本邸へ戻り最終日は十勝の河川でニジマス釣りです。


hokkaidou21.jpg

4畳半ぐらいのスペースが橋本さんの仕事場。
僕には片付けず散らかりっぱなしにしか見えないのですが、本人曰くどこに何があるかちゃんと分かっているらしいです。 でも、形はどうあれ、この小さな工房から生み出されるロッドが、あのスコットであることもまた事実。

hokkaidou22.jpg

橋本さんは、フェルール等のメタルワークも自身でこなしているらしい。。
僕も旋盤は使いますが、使い込まれた道具というのは、なんとも言い難い雰囲気がありますね!


hokkaidou23.jpg
実は、テストロッドがバンブーの他にもう1本
ジーニアスグラファイト4Pモデルです。

出発数日前にブランクが出来上がり、この日のためにガイドの設定や使用に必要な組み上げを大急ぎでしましたが、結果アクションはイマイチでした。
これもバンブーロッドの2Pから3Pへの各ジョイントモーメントの関係の重要性が問題となるのと同じく、グラファイトにも同じことが言えました。つまり3Pから4Pへの変換は、ジョイントの重さが仇となり、予想以上に弱く柔らかいアクションになってしまったのです。

グラファイトはもう一度練り直しです。

お盆までには訂正後のブランクが届くと連絡があったので、それも楽しみです。

hokkaidou24.jpg

北海道といえばソフトクリーム。。
牛乳が違うから、やっぱり うまい!!!


hokkaidou25.jpg

帯広駅前のインディアンカレー
豚丼よりインディアンカレーって誰が言ったか、正解かも。。

hokkaidou26.jpg

美味しカレーを食べた後は、帯広駅からリムジンバスで一路千歳空港へ

今回十勝鱒竿の橋本さんには、何から何までお世話になりっぱなしでした。
ありがとうございました。

釣行を振り返って、素直に感じたことは、ブラウントラウトってバンブーロッドのターゲットとして丁度良いのでは?
例えば今回釣った64センチを筆頭に60センチに絡む魚体がレインボーだったら、果たしてネットに収まってくれたかどうかわかりません。これはあくまでも私的見解ですが、レインボーはファイト中の諦めが悪く、いつまでも威勢がいいのですが、ブラウンの場合ある程度引っ張り合いの末、素直に寄ってきてくれます。
そのファイト時間も、実にちょうどいい。。と感じました。

今後の展開として、是非ジーニアスユーザーさん達にはこのブラウンを釣っていただきたい。
川も大き過ぎず、時としてテクニカルキャストも強いられ、バンブーロッドを買っていて良かったと思えるフィールドが北海道にありましたよ。。皆さん。

Taka.Sugisaka Favolite "DEBUT" «  | BLOG TOP |  » 想い通り釣れればそれで全て良し!

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ