2017-11

SIR-GREEN 7'2" #4 4P

sirgreentest3.jpg

ジーニアスグラファイトSIR-GREEN

次なるモデルは7' 2" #4 4P モデル。
つい先日実に5回目の試作が上がってきました。

テーパーと肉厚を微妙に変えたちょっとづつ異なるブランクが4本。
その中で、これは!と思うものが何本かあったので早々実践出来るように組み上げフィールドテストをしてきました。


sirgreentest4.jpg


テスト内容はバンブーロッドでいつも釣っている事と同じ事です。
フライの飛んでいく方向や水面への落ち方をロッドティップで調整しながら釣っていきます。

ドライフライロッドに特化したこのモデルは、完璧なドライフライキャストが出来るか?
プレゼンテーションループの形や速さを自由に変える事が出来るか?

そして、例え4番といえども、遠投が容易に出来るか?

これらの項目を重点的にテストしてきました。

sirgreentest2.jpg

今回の4本のテストロッドと今までの4本と合わせて計8本。

その中に2本何となくそそられるアクションがありました。

これだけ本数を作ると、本来の4Pの組み合わせ以外にも、フェルールが何となく合えば違う組み合わせも試せます。

例えば、ティップとセカンドセクションは製造NO-3でサードセクションとバットセクションが製造NO-5と言ったようにです。

そんな事をしながら「お〜〜〜! この組み合わせ良いじゃない!」って言うのが出るんです。

勿論それを期待して作っているわけではなく、本来のアクションに物足りなさをを感じた時に良くやる方法なんです。

さて、今回2セットが目出度く予選通過でしたが、実践でどうなるか・・

予選を通過したロッドは、製造NO-5と製造NO-4のティップ/セカンド/サードに製造NO-6のバットを組み替えたものでした。面倒なので製造NO-5をタイプAとし、後をタイプBと表現させて頂きます。

タイプAとBは非常にアクションが似ていますが、全体的な張りと言いますか、強さと言いますか・・その辺が圧倒的にAの方が勝っています。
自分的にはラインを通さず空振りした感じでは、間違いなくAでした。


sirgreentest1.jpg


そこでとりあえずAをテストする事に。。

サワダAR2 WF4Fにスーパーテックリーダー4X12F ティペット部を少しカットしそこへジーニアスマスターパパスーパーティペット4Xを継ぎ足し#10に巻いたジャシッドをそのティペットに結んでテスト開始です。

釣り場では色々な距離や角度での釣を強いられます。
比較的足元から20ヤード近く遠投を余儀なくされる事も珍しくありません。
それだけではなく、オーバーヘッドが全くできないロケーションも日常といえばそうです。
そんな様々な状況でテストしていて、結果的に感じたのは、4番じゃちょっと強いかな・・
でも、振っている感じは、ハンサムボーイ”イオ”をグラファイトにしたような、なかなかの感触でした。
ポイントにフライが”スパスパ”決まる様は、まるでイオやハンサムボーイを使用している時の様であった。
ただ、近距離は少し強いかな?・・感は付きまとったわけですが。。

イオに非常に似たフィーリングを有したタイプA。
では本物のイオとどれくらい違うのかを検証するため、後半は確認のためイオを使用。

正直に言います。

やっぱりイオは凄いロッドです。
何と表現したら良いのでしょうか・・あの独特のトルク感はやはり竹と言う素材とその質量なんだと改めて感じました。
それから比べると、タイプ Aにはイオのような押し出す力が違いました。
これはライン荷重が軽すぎるのではないかと判断し、念のため5番を試すことに。
するとどうでしょう。。水を得た魚とは正にこのこと。
素晴らしいパフォーマンスを展開いたしました。

不思議なことにそれまでの4番ではイオを思わせるフィーリングでしたが、5番では少し違ってきました。
やはりバンブーロッドをグラファイトで表現するのはとても難しいのでしょう。。
ただ、ジーニアスグラファイトはジーニアスバンブーを追いかけている訳だは無いので、あまり気にする事は無いのですが、ついつい手元にあれば比べてしまいます。。

本題に戻して、タイプAは圧倒的に5番の方が相性がいい。
ちょっと強いかな?って感じた近距離も、ドンピシャ!ビンゴ!!!!でした。
ポイントに”スパスパ”決まる事に変わりなく、違和感のあった近距離も気持ちいい。

これ・・欲しい!!!! って思わず叫んでしまいました。


しかし・・・!
今回はあくまでも7'2" #4ロッドです。  #5ではそもそも論が崩壊します。。


はじめにタイプAの方がいいのでは?と思った理由は、BがAより少々ソフトだったからですが、この分だとBに期待できそうです。

しかし残念な事に、生憎その日は時間切れ。
結局タイプBを試す時間もなくその日が終了いたしました。

来週早々、できるだけ早くタイプBのテストを終了し、なんらかの答えを出さなければ・・

このロッドを待ってもらっている人達、結構いらっしゃるので1日も早くリリースしないと。

でも焦りは禁物です。。
じっくりと早く、ゆっくりと急いで、リリース致しますので今しばらくお待ち下さい。。

試作ロッドを試投して «  | BLOG TOP |  » 丹沢が中止になったので・・・

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ