2017-11

7'2"#4 実釣テスト

testo.jpg

長い間天気続きで、奈良の川も渇水で魚を釣るのが少し難しい時でしたが、1日も早く7'2"#4のテストをしたくて、先日地元の川へ行ってまいりました。

午前10時過ぎに現地へ到着。
前回の釣行時にテスト出来なかったタイプB(製造番号4と6を組み合わせた物)は、グランドでの試投では中々のポテンシャルを見せてくれた。

実践ではどうなるか? 出来れば納得の行く結果であってほしいと祈る様な気持ちで、あり得ない水の低さの川へ入渓した。

この日も、使用したラインはサワダARⅡ WF4F にスーパーテックリーダー12f 4Xに#12のドライフライを結びました。

さて、、、結果は如何に。。。


testo2.jpg

ポイントに立って、軽くロッドを振りながらラインを徐々に出して行く。
この時に前回のタイプAと全く異なる事がわかった。
その違いは圧倒的にショートレンジが打ち易い。
生理的に感じる軽快感も、ストレスは無い。

testo3.jpg

バックハンドキャストでも特に問題は感じなかった。
ロッドが柔らかい分、多少ループ形状が気になるが、問題になるほどのことでも無かった。
しかしそれは、足元からせいぜい7~8mほどの距離での話であった。

少しラインを出してみる。
すると試投の時は感じなかった、ロッドの返りの速さが少し物足りない。
特にラインをピックアップする際、私はよくロールピックアップと言われるテクニックを用います。
ピックアップ後間髪入れずにバックハンドキャストに移るのですが、バックのロケーションによっては、バックループがまだ伸び切らない時に強制的にフォワードキャスト、つまりプレゼンテーションしなければ行けないポイントは、渓流釣りには沢山存在します。
未完成なバックループを強制的にフォワードへ移った場合、問題となるのがやはりロッドティップの返りの速さです。
つまり、ラインを常に引っ張って来れるティップの強さと、曲がったロッドが復元する速さが必要になるのですが、タイプBはそれが少し遅い。

testo4.jpg

ロッドの返りが遅いと、そのロッドのタイミングに合わせた振り方が必要となる。
このリズムを無視してキャストした場合、ポイントへ上手く飛ばなかったり、ターンがしなかったり、知らず知らずに力んでたりと、相当なストレスになるのです。

バックキャストではリストを開き始め、フォワードではそのリストを素早く閉じます。
そのリストの動きに同調するかの様にティップが素早く反応しなければ、様々なドライフライシーンには対応出来ないと考えています。

testo5.jpg

そのことを考えると、グランドでの試投の感度良好から残念ながら落選であった。

ダメだ… また振り出しだ、全く落胆しか無かった。

ショートレンジからそのプラスαで良ければ合格かも知れない。
しかしジーニアスロッドでは100%認められない。
特にロングレンジに焦点を合わせているわけでは無いが、たった20メートル程の距離を飛ばすのに、頑張らなくてはいけない4番はそれ以下の距離でもそれ程優れたロッドでは無いからです。

testo6.jpg

遅めの昼食を済ませた後、ひょっとして…と思い、ある組み合わせを試す事にした。
それはティップセクションとセカンドセクションがタイプB、サードセクションとバットセクションをタイプAの組み合わせです。

タイプBのセカンドセクションとタイプAのサードセクションのジョイントが甘かった為、テープを貼って太さをかさ上げしジャストフィット。
するとサードセクションとバットセクションが強くなった為、先程までの返ってこない感覚は無くなった。
それに伴いラインスピードも先程より速い。

基本的にティップとセカンドはそのままであるから、ショートレンジからそのプラスαは相変わらず打ち易い。
それに加え、サードセクションとバットセクションが強くなっている為、ロングレンジも中々であった。

「さっきより全然良いじゃない!」

案の定、ドライフライキャストも良い感じ。
タイプBでの不満は、とりあえず解消されたいた。

しかしラインを長くしていくに連れ、今まで感じた事のない違和感がロッドハンドに伝わってきた。
何だろう? フォワードとバックキャストの終了直後に一瞬荷重抜けした様な感触。

その違和感は飛んで行くループを見てすぐに分かった。
ロッドを振り終えた瞬間、ティップがピタッと止まらずオーバーターンするからであった。
例えばフォワードキャストの場合、リストダウンによりロッドの振りを終了します。
その時必要以上にティップが返り込むと、ティップが真っ直ぐになるまでにラインにたるみが出来、スラックが入ります。その一瞬の間が荷重抜けの原因となり、振った感覚に違和感があったのです。

これもダメです。
セミサイドで平行移動でロッドを振るとループが安定しますが、その投げ方はあくまでもキャスティングテクニックのバリエーションの一つに過ぎません。
やはり基本は真っ直ぐ12時方向でロッドを振って、正確なループが出せないとドライフライロッドの意味が無い事からこの組合せもまたまた落選です。

結局、今回も納得のいくアクションは出来ませんでした。

今まで試したロッドの中でタイプAが、4番では少々強い感覚はあったものの一番理想に近い物でした。
このタイプAを元にもう1本ブランクを作る事にします。

実に9本目の試作となりますが、納得の行くものが出ない限り仕方の無いこと。
ロッド名まで考え済みで、発売秒読み段階とたかを括っていただけに、少し残念ですが今度こそはと期待して再チャレンジ致します。

お待ちの皆様、気を長くしてお待ち頂ければ幸いです。





この動画はテスト風景をまとめてみました。
ロッドが未完成のため、あまり良い映像ではありませんが、あくまでもテスト釣行と言う事でご覧頂ければ幸いです。

Chantez Four 6' 6" #4 デビュー «  | BLOG TOP |  » 試作ロッドを試投して

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ