2017-11

SIR-GREEN SPEYROD

spey1.jpg

SIR-GREEN SPEY ROD

ジーニアススペイロッドに新しいコンセプトとデザインが追加されました。

spy2.jpg

speysm1.jpg


モデルは4機種

▪️SOLOMON 12' 11" #9/10 ▪️SEARCHER 13' 9" #7/8
▪️SEARCHER SakuraMaster 13' 9" #7/8/9(NEW) ▪️LOOPER 11' 6" #5/6
  2017年10月SakuraMaster が新しく加わりました。 

※上記商品は全てご注文頂きましてからの製作と成ります。

spey3.jpg

当初湖に打って付けのスペックを具現化しようと開発に着手致しました。
その一番の特徴として、番手の割にロッドが短いことです。
短いロッドは回転半径が小さくできることから、バックスペースをあまり必要としません。
その為遠くまでウェーディングできないポイントでも、釣が可能となるわけです。
これは湖のみならず、河川でも大変有効なメカニズムです。
河川の場合、その規模にもよりますが、例えば遡上魚を釣る場合、概ね16フィート前後が標準とされてきました。
しかし近年のスペイ事情も一部ではスカジットラインを多用するアングラーが増え、そのラインも驚くほど短くなってきています。
短いラインを長いロッドで振るとアンカー抜けを起こす為、河川でもロッド長は段々短くなってきています。
これは、湖専用と思って作ってきた弊社にとりましても、大変ありがたい事で、大川でも十分使用して頂けると自信を持ってお勧め出来る時代となりました。



spey4.jpg


この様に短いロッドは近年大変都合の良い、空気の読める存在に成りつつありますが、その一方で問題がに浮上してきます。
それは、飛距離の問題です。
長いロッドと違い竿先の移動範囲がどうしても狭くなるため飛距離が望めなくなります。

オーバーヘッドキャスティングであれスペイキャスティングであれ、遠投して釣る楽しさは言うまでもありません。
短いから飛ばない・・これはしょうがない・・
その代わりに以前では入れないポイントから釣りができる・・・
飛距離が出なくても、ここで釣りが出来るだけましだ・・  今までの事を考えると。。。

こういう言わば妥協の境地は如何なものか!

それならば短くてもよく飛ぶロッドを作れば全てが解消する。
それにはやはりパラボリック理論しかありませんでした。

バット付近を中心に曲がるよう設計することで短いロッドでも遠投に必要なロッドティップの移動範囲を設けることができました。しかし、よくあるバットアクションの柔らかいロッドは違い、どちらかと言うと”シャキッ”としたアクションを作りたかったのです。
何故ならば、折角背後のスペースの無いところで使用できる短いロッドを作っておきながら”ダルンダルン”したアクションでは、狭い空間でコンパクトに振ることができなくなるからです。

つまり、曲がって欲しいのだけれども、その曲がりは最小限であって欲しい。
なんとも勝手な考え方ですが、答えはちゃんとありました。

セミパラボリックアクションで作ることで、私のわがままが具現化致しました。
一見ちょっとバットが強いかな?と思わせるアクションですが、素晴らしいフィーリングを持ったアクションに仕上がりました。 ライン荷重が乗った瞬間から”ジワッ”と曲がり始め、さらに荷重が乗り続けることで、バット付近まで大変綺麗な弧を描いて目的の距離までトルクのあるラインを放出してくれます。

湖専用・・と思って作ったロッドでしたが、近年のライン事情により河川でも十分活用できるというありがたい事実は、一粒で二度美味しいロッドとして誕生いたしました。


「2017,10,2追記」

spey11111.jpg

弊社オリジナルグラファイトロッド『Sir-Green Spey』に新しいデザインとニューコンセプトが加わりました。

写真下側が既存のデザインで、上が追加された新しいデザインとなります。
新デザインは、何処となく昔のヨーロピアン調に仕上げました。

そしてニューコンセプトは既存のSEARCHER(サーチャー)13' 9' #7/8にSukura Masterが追加されました。


speysm1.jpg

先ずは『SEARCHER Sakura Master』です。
ブランクス、ガイド位置、グリップ形状、全て既存のサーチャーと同じですが、このロッドで桜鱒を専用に狙いたいと言う方のために、デザインを少し変えてみました。

ブランク右側には 花文字でSir-Green Spey 左側に "SEARCHER" Sakura masterと入れました。
そして、指定番手も#7/8から#7/8/9と3番手に跨いだ指定としています。


speysm2.jpg

ブラックのスレッドにオレンジトリム。
そして、トレードカラーは、ハンサムボーイでお馴染みの池田浩悦カラーを採用。

今年の7月に師匠 池田浩悦氏にこのロッドを見て頂いたところ、何と驚いた事に大絶賛頂きました。
最高のロッドと褒めて頂いた上に、来季はこのロッドで桜鱒を釣りますと新調までして頂きました。
その時に、デザインをあれこれ相談していて、今回の形にたどり着いたのです。

池田さんとの話の中で、折角なので桜鱒をこのロッドで・・と思って頂ける方には、ご覧のデザインでご提供しようと言う事になりました。
勿論、既存のデザインも販売中ですが、ご注文時にサクラマスターと指示頂ければ、同デザインでご購入頂けます。

池田浩悦氏のインプレッションは↓↓↓↓↓
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-664.html



『ヨーロピアンデザイン』を追加しました。

speyh1.jpg

Sir-Green Speyに新しいデザインを加えることとなりました。

写真のデザインがそれで、一昔前のヨーロピアンロッドの様なデザインに拘ってみました。

写真のモデルは、O-REXブランクで仕上げたジーニアスモデルですが、勿論Sir-Green Speyブランクでのご提供も致します。

speyh2.jpg

富士山型のワインディングチェックに、トレードカラーもワインレッド/ミントグリーン/ラベンダーのトリコロールは、バンブーロッドと同じ。
写真ではスレッドカラーはブラウンとブラックからお選び頂けます。
また、カラー変更も希望により承ります。

speyh3.jpg

一番の特徴としては、リールシートがロッキングタイプでは無く、リングで締め込むと言う至って単純な構造。
リールフットの当たる部分は、バールコルクを使用していますので、長年の使用でもコルクが潰れ難く、良い感じのフィッティングが持続致します。
また、このタイプのシートはリールの脱着がスヌーズで、リールのフィッティングも良好です。
勿論取り付け時にリングをしっかりと締めておけば、使用中にリールが外れることはありません。

speyh4.jpg

バットエンド マッシュルームも古き良き時代の英国デザインをモチーフに作りました。
アルミ金具の後ろにラバーコルクを丸く成形した弊社オリジナルパーツです。

spey2.jpg

弊社スペイロッドには、オリジナルブランクを使用したSir-Green spey Rodの他に、O-REXブランクを使用したジーニアスバージョンもお求めいただけます。

spey4_201709281730531ac.jpg

写真はO-REX BUTEO(ビューティオ)14' 0" #8/9ですが、その他ACCIPITER(アクシピター)15' 0" #9/10もジーニアスバージョンでご購入いただけます。

ハンドルデザインは、お好みにより2タイプからお選びいただけます。

【SIR-GREEN SPEY ROD】

▪️SOLOMON 12' 11" #9/10  ¥92,500(本体価格)
 「適合ラインウェイト38g前後」


▪️SEARCHER 13' 9" #7/8  ¥92,000(本体価格)
 「適合ラインウェイト30g前後」

▪️SEARCHER Sakura Master 13' 9" #7/8/9 ¥92,000(本体価格)
「適合ラインウェイト30g前後」

▪️LOOPER 11' 6" #5/6  ¥86,800(本体価格)
 「適合ラインウェイト23g前後」


【O-REX ジーニアスモデル】

▪️BUTEO 14' 0" # 8/9  ¥95,000(本体価格)

▪️ACCIPITER 15' 0" # 9/10  ¥10,0000(本体価格)


ご注文(ご入金後)からお届けまでに、約20日程度掛かります。
オーダー混み具合によりそれ以上かかる場合がございます。

※お好みのハンドルデザインをご指定ください。
※ご注文頂いてからの組み上げとなります。
※SIR-GREEN全品 ブランク販売も行っております。価格等お尋ね下さい。
※コンプリート及びブランクの業販(0-REXは省く)も行っております。 お尋ね下さい。
※上記商品には送料が別途必要となります。
e-collect.jpg
※クレジットカード払いは佐川e-コレクトで、配達時にお手持ちのクレジットカードで決済頂けます。
※お手持ちのクレジットカードのシステムによっては、リボ払い、分割払いもご利用頂けます
※e-コレクトの場合、送料の他にコレクト料金が加算されます。

ご購入,ご質問はこちらから 購入希望






3pieceモデル 完成 «  | BLOG TOP |  » メリーが最高の相棒になった日

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ