2017-07

Power-Bow「Shantez(シャンテ)」6' 6" #4  ドライフライロッド


Power-Bow「Shantez(シャンテ)」6' 6" #4 ”ドライフライロッド”

クラフト展では残念ながら…

と言うことで、このブログにて販売致します。

turushantez1.jpg

この商品はクラフト展にて”訳あり商品”として出品いたしました。
その理由は最後の欄で綴りますので、ご理解いただきました上でご購入ご検討ください。

その前に先ずは商品説明です。

昨年パワーボウシリーズのシャンテに4番モデルが追加されました。
今回ご紹介するロッドは、その前身モデルと言いますか、シャンテ4のプロトモデルと言いますか、作り上げた状態でストックしてあった商品です。

プロトモデルと表現しましたが、試作品とか失敗作とかでは全くありません。
この商品も既存のモデル同様自信を持ってお勧めできる商品でもありますが、ロッドを作る上で、既存のジーニアスロッドとは少し違ったコンセプトで製作したモデルです。

turushantez4.jpg

このモデルは、ターゲットを比較的近い所に設定致しました。その為、ジーニアスロッド特有のティップの強さも程々に設計したドライフライロッドです。
近距離と言いましてもそこはジーニアスロッドです。決して足元を釣る為のロッドではありませんが、既存のジーニアスロッドに比べて、その射程距離が些か手前にあると言うこととご理解して下さい。

その為、既存のシャンテ4よりも幾分しなやかに作っています。
しなやかなのに4番ラインをスピーディーかつ力強く投げることができる不思議なロッドです。
スピードと力を持ち合わせたラインは、厚巻された大きくかつ抵抗のあるフライを思い通りのポイントへ理想的に運んでくれる性能は、既存モデル同様です。

ロッドポテンシャルを楽しみたい方は3M社ラインを。 ロッドが幾分勝ち気味で使いたい方はサワダ社製のラインをお勧めいたします。いずれのラインも、ベリーが”ピン”と張ったタイトループを作る事ができます。

turushantez3.jpg

コスメは既存のシャンテと同様ですが、パーツの一部は既存シャンテよりも多少豪華になっています。
まず、リールシート金具は通常のアルミ製からニッケルシルバーに変更しています。
勿論それに伴い、ワインディングチェックも同素材で作りました。
リールシート金具ですが、ポケットが小さい為、ご使用のリールフットが肉厚の物は入らない可能性があります。
ご購入希望されます方はご確認下さい。

そして、写真ではご紹介してませんが、専用ハードケースが添付さてれいます。


turushantez2.jpg


この商品は、弊社定番モデルではありません。
その為、現品1本限りとなりますが、諸々のアフターに関しましては、既存モデル同様の扱いとさせて頂きます。
ご安心してご使用頂けます。



『Power-Bow Shantez』 
6' 6" #4 2P(ワン&ハーフ) ¥135,000+税  sold out
専用ハードケース付き 送料無料
*******************************************************************


ロッドポテンシャルを楽しみたい方は3M社ラインを。 ロッドが幾分勝ち気味で使いたい方はサワダ社製のラインをお勧めいたします。いずれのラインも、ベリーが”ピン”と張ったタイトループを作る事ができます。

写真のものが実際の商品です。ご購入はご入金確認後の即納品可能です。
写真にはありませんが、専用ハードケースが付いています。



”訳あり商品”のわけ・・

2年前ある方から6'6"の4番ロッドが欲しいと依頼がりました。
その方もHS/HL推奨派で、フィッシングキャストはHS/HL論以外ありえない!とまで言う方でしたので、喜んでその依頼話をお聞きする事にしました。
しかし当初弊社にはそのスペックが無かったため、シャンテ(6'6"#5)を見ていただき感想を聞く事にしました。

その方は、「これは自分には強すぎます」「このスペックで4番、そしてもう少しティップを柔軟にして欲しい」
と・・そんな感想でした。

私も兼ねてからシャンテ4番を作りたいと思っていたので、良い切っ掛けが出来たとその依頼をお受けする事にいたしました。ただ、依頼者は本当に自分の思っているのが出来るのか不安だったんでしょう、「気に入らなかったらどうしましょう?」と相談されました。
試作を兼ねられるので有ればお安い御用だと・・作り変えます!という条件で引き受けたのです。

そしてシャンテ4番に取り掛かりました。
出来上がったのは、既存シャンテをそのまま4番にしたようなロッドでした。
しかし、自分では正直これでは先方さんはまだ強い!と言うかも。。自分的にはこんなもんなのだが・・・

予感は的中でした。

そして約束通り作り変えることに・・

今度はその4番をもう少ししなやかにしたロッドを作りました。
そのアクションは、自分が思う4番のほぼ限界に近いアクションでした。
しなやかにすれば近距離は誰でもが投げやすくなります。しかしその為だけのロッドは未完成と常日頃から思っているからこそ”しなやかな4番”に限界があると言う事です。
近距離を重んじながらも、それなりの遠投も可能なロッドを求めるからこそ僕に依頼されたのだと思っていました。

しかしそれは僕の勘違いだったようです。。

2回目に作り変えたロッドもまだその方には強いと・・
後から分かった事ですが、その方は沢山色々なロッドをお持ちの方のようで、柔らかい6フィート代の4番が欲しかったらしい。。
それだったら何も僕に依頼しなくても、そんなロッドが得意なビルダーさんいくらでもいるだろう!!!
ジーニアスロッドの看板背負ってそんな蒟蒻のようなロッド作れないよ!
正直そう思った次第であります。。
まだまだ人間が出来ていませんよね・・・僕は。。

流石に作り変えたロッドを断るのは気が引けたようで、何やら困った様子だったのでこちらから「そんな理由なら返却してください」「まだまだ勉強不足です。私はお客様のご依頼に添える商品は作れません」「ごめんなさいこの話はなかった事にして頂けませんか」・・とこちらからお断りさせて頂きました。

その時のロッドが今回”訳あり”と銘打って販売したものです。

これが”訳あり”の真実です。
ジーニアスロッドとして第一にあくまでもフライロッドを作っていると言う事。
第二に使用目的をはっきりとしたロッド作りをする事。
その事に尽きるといっても過言ではほどに専念してきました。
勿論その精神はこれからも揺るぎないものと思います。
そして他のビルダーが追随出来ないポテンシャルを持ったロッド作りを常に目指してまいりました。
だからこそ、その精神を覆す事がどうしても出来なかったのです。

今回このロッドの販売にあたり、訳あり理由を書くべきか書かざるべきか大変悩みました。
しかし、この商品を買っていただくお客様にあたり、ジーニアスロッドのラインアップに無いロッドが何故あるのか?
また、なんで作ったのか?正当な理由を知る権利があるし、私としましてもそれを伝えなければいけない義務があると思ったから正直にお伝えする事にいたしました。

この商品もれっきとしたジーニアスロッドコンセプトに基づき作ったモデルです。
ラインアップには有りませんが、自信を持ってお届けできる商品です。
諸々の理由あり商品ではございますが、これでも”使いたい”と言う方ご一報ください。

 
『Power-Bow Shantez』 
6' 6" #4 2P(ワン&ハーフ) ¥135,000+税  sold out
専用ハードケース付き 送料無料
*******************************************************************


ロッドポテンシャルを楽しみたい方は3M社ラインを。 ロッドが幾分勝ち気味で使いたい方はサワダ社製のラインをお勧めいたします。いずれのラインも、ベリーが”ピン”と張ったタイトループを作る事ができます。

写真のものが実際の商品です。ご購入はご入金確認後の即納品可能です。
写真にはありませんが、専用ハードケースが付いています。


ご質問も承っております。上記アドレスよりお尋ねください。

オーダーフォームが文字化け «  | BLOG TOP |  » VertigoShadow 8'6" #6 LF/LL

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ