2017-11

ファールドリーダーのテスト

afr1.jpg

ファールドリーダーのテストに行ってきました。
タイプの異なる3本のリーダーをそれぞれテストいたしました。

結論から先に話をすると・・・・

第1弾としては、失敗でした。。


afr2.jpg

7.5フィートのファールドリーダーに先ずは4Xティペットを約5フィートほど付けて全長12.5フィートとし、そこへ#14のワイルドキャナリーを結んでスタードです。

三者三様それぞれに個性はありましたが、共通してターン能力が凄まじかった。。
1.5mものティペットを付けているのに#14のフライだとターンし過ぎてしまう。
その後、3Xティペットに#10ジャシッドまで色々使ってみましたが、結果はそう大差ありませんでした。

実践において、僕の理想のターンは、ゆっくりと目で追えるくらいのスロースピードでループを作り、ロッドティップを止めた状態で待っていると、フライはゆらゆらと惰力でターンする。。
これが僕の基本ターンオーバー状態です。
あくまでも惰力でターンする・・がとても大事で、これがあるからロッドを振るスピードや力加減で、しっかりとターンさせたり、逆にさせなかったりのコントロールが調整できるのです。


afr3.jpg

テスト第1弾としてのファールドリーダーは、そのターン性能は極めて強く、リーダーコントロールやティペットコントロールがちょっとしたコツが必要でした。
この辺りは、リーダーそのもののテーパーを変えたり、織り込む糸の本数を加減したりと改善方法はあるらしいのですが、ファールドリーダーはその柔らかさから、比較的短いシステムでもナイロンと同じような釣りが出来るのではないかと期待してましたが、今回のリーダーの場合に関してはそれでは無かった。

実践での欠点はありましたが、利点もあったのは事実です。
取り敢えずテーパー変更やその他考えられる方法で再チャレンジしてみる事とします。
上手く行けばジーニアスリーダーとして・・と考えていますが、さてどうなることやら。。。



ぺゾンタイプ金具色々 «  | BLOG TOP |  » ファールドリーダー

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ