2017-11

HUNT入魂

seto1.jpg

ようやくハントを使って釣りができましたので、ご報告です。

場所は岐阜のある河川です。

1日目
 雨で水位が回復した頃を狙っていったところ、いたるところに車があったため、空いていそうなところに入ってみたものの、足跡だらけ。それでもドライへの反応は良く、何度も出てくれるのですが、体がまだ思うように動かず、なかなかフッキングまでいきません。
結局、8匹フッキングして、3匹ネットインでした(すべてアマゴ)。3匹のうち、1匹は、今年初の尺越え。写真を撮ろうとカメラの準備をしていたところ、逃亡。写真なしです。
夕方4時半ごろに狭い流れでかけたのは、40はあろうかという大アマゴ。
ハントがバットから曲がりました。
しばらくファイトした後に下流側に回り込もうとしたところ、足がもつれて転倒。左ひざをしこたま打ち、しばらく立てませんでしたが、我に返って竿を探すと、まだ近くにありました。
フライもありましたので、フッキングが甘かったようです(おかげで竿は助かったか・・・)。
初日に傷物にしてしまいましたが、持っていかれなかっただけラッキーとしましょう。しかし、まだ十分体力が戻っていないことを実感です。
もちろん、その日は終了。
もちろん、その日の夢は河原で転倒。

2日目
数日あけて行ってみましたが、かなり水が減っています。大アマゴのポイントも15cm位水位が下がり、望み薄です。
前回入っていないところに入ろうと、上流部に。
フライを変えながら釣りあがっていくと、パラシュートビートルパターンで、イワナが釣れだしました。
2匹目は、この日最大のイワナ(添付写真)。写真を撮ったのち、サイズを測ろうとメジャーを探していたら、逃亡。
ネットの内径縦が25cmなので、9寸位でしょうか。
その後、ちびイワナをかけた時のことです。チビがローリングしていると、落ち込みの泡の中から、チビの4倍はあろうかいうイワナがチビの横から腹にかみつくように突っ込んできました。が、チビさん、うまく避けます。そのまま食われれば、人生最大のイワナだったかも。それを最後にぱったりと反応が無くなりますが、先行者の影響のようでしたので、下流がわに場所を変えるも、小アユの猛攻に会うばかり。疲れもありましたので、早めに納竿です。

さすがに岐阜は魚影が濃いですね(釣り人も多いですが)。
ここなら新藤さんでも(失礼)大物がつれるかもです。
まだまだいますよ。
日程が合えば、ご案内致します。

投稿:移住したばかりのフライマン。

Chantez Four 6' 6" #4 現品限り «  | BLOG TOP |  » 藪沢の大イワナ

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ