2018-02

ジーニアスビルド スペイロッド色々

speyirir1.jpg

年末から新年にかけて、なぜかスペイロッドの依頼が多くなってきた。
注文の大半は、SIR-GREEN SPEY。
中でもSEACHER"SakuraMaster"の注文は圧倒的ではあるが、中には他社ブランクをジーニアスビルドで・・
とおっしゃる人もいます。

そこで今回、その他社ブランクを使って作ったロッド達を紹介したいと思います。





『O-REX ブランクス』
speyirir2.jpg
speyirir13.jpg


この3本はO-REXブランドです。
上からアクシピター15'0" #9/10 真ん中と下が共にビューティオ14'0" #8/9

ハンドル長も全て60cm以上で番手も#8以上と言うことから4'以上の大きなリールが似合いそうですね!


speyirir3.jpg
speyirir4.jpg

ネームはO-REXビルトーゾスペイシリーズをそのまま拝借。
ただ、ロゴはSIR-GREEN SPEY同様 花文字を採用。
これはレタリングを特別に作って、ブランクに転写しております。
もちろん、そのままでは剥がれてきますので、その上に塗料を施し養生しております。。

ブランク左側にはモデル名を。。
これもO-REXがリリースされているモデルと同じ名前を拝借。

さて塗料の話ですが・・通常ネーミングのところは筆で描くにしろレタリングで転写するにしろ何らかの形でその部分を養生しない限り、使用中に剥がれてしまいます。
よくある方法としたは、エポキシやウレタンと言った塗料でコーティングいたします。
弊社もそこは同じななんですが、掛け方が一般的方法とは違うのです。

一般的には刷毛やヘラの様なもので、塗料を載せていきます。
しかし弊社ではそう言った道具は一切使いません。
何をどうするかは、ごめんなさい企業秘密(ちょっと格好つけてます)なんですが、そうすることでまるで塗装が施されていない様な仕上がりで、しっかりとレタリング部は保護されています。
つまり、よくあるネームのところが塗料で”もっこり”していないわけです。。




『CNDブランクス』
speyirir10.jpg
speyirir7.jpg


さて、続いてはCND社のブランクで作った2本です。

モデルは最近リリースされましたGTソルスティスです。
上が15'0" #7/8/9 下が14' #6/7/8 です。

O-REX ビューティオの1本がそうであった様に、どことなくハーディをイメージできる様なデザインで作りました。

グリップ長は57.5cmと54cmと短めです。



speyirir8.jpg
speyirir9.jpg

CNDはCNDロゴ及びモデル名はスクリーン印刷で最初からブランクに印字された状態です。
多くの場合、その印刷はシンナー等で消せるのですが、CNDの場合は消せませんでしたのでグリップ長も自ずと決まって来ます。
印字を無視してグリップを長くする場合は別ですがね・・・

そして、ブランクはアンサンド仕上げでブルーのつや消し塗装。
僕の中で、青い竿はソルトウォーターや安価竿のイメージが強かったのですが、流石CNDですね!
実に洒落た色に纏まって、今までの僕の変なイメージが吹っ飛びました。。

ロゴが消せないことから、弊社独特の花文字でのレタリングはできません。
なのでジーニアストリコロールにネームを挟んでアクセントラップを施しました。


speyirir12.jpg
speyirir11.jpg

続いてリールシートの話です。

弊社スペイロッド(グラファイト)には基本的にロッキングタイプと言われるネジで締め付けるタイプのものと、スライドバンドと言われるリングだけで締め付けるタイプを好みで採用しています。

どちらも良い感じでリールフィットしますが、やはりロッキングタイプの方に人気が集中いたします。
おそらくスライドバンドでは使用中にリールが落ちる心配があるのと、デザイン面で高級感がない?ってところだと思いますが、私個人的には、このスライドバンドの方が好きなんですがね・・

スライドバンドは相手がコルクだからしっかりとリールがフィッティングいたします。
コルクの柔軟性がリールフット部に、絶妙な締め付け具合を約束してくれます。
ただ、唯一難点といえば、長時間あるいは長期間の使用でコルクが変形してくることです。
そこで弊社ロッドは、一番圧の掛かる部分をバールコルクで形成いたしました。
そうすることで、通常のコルクより変化がしにくいと言う利点がありますので、安心してお使いいただけます。
もちろん、きちんとリールを着けていただければ、使用中に落ちることはありません。

リング形状は、特別にアルミ素材から削り出して作っていますので、好みの形に仕上げることができます。
ここで紹介していますのは、古いハーディ等で採用されています6角形のリングを作りました。
それに伴い、バットエンドの金具も、実際にハーディのものを採寸して出来るだけそれに近いものを作りました。
ちなみにロッキングリートは既成品でALPS社のリールシートを採用しています。

グリップ長は一般的なスペイロッド(スペックの割に・・)短めとなってしまいますが、3 3/4インチから4インチのサーモンリールが似合う様にグリップ形状と太さを考えて作らせていただきました。

肝心なお値段ですが、O-REXさんやCNDさんで販売されていますコンプリート価格に比較的近いお値段でお作りしております。

コンプリートを買うか、自分だけのデザインで楽しむか・・

楽しみ方色々ですが、気に入ったデザインで使う喜びもまた格別なものがある様です。。



Power-Bow "Crimson Beauty MK2" 7' 6" #4 現品限り «  | BLOG TOP |  » フライボックスとタイイング

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ