2018-02

クラフト展 2018 その1

「クラフト展ネタ その1」

来たる2月23日・24日・25日の三日間
毎年恒例のつるやハンドクラフト展が開催されます。

kurafutoten2018 2


今年のジーニアスブースは、販売用のバンブーロッドは勿論、ちょっとユニークなバンブーやグラファイトロッドを展示する一方で、ワイルドキャナリーやジャシッドといった、日頃私がパイロットフライとして使っているパターンのタイイングデモを行おうと思っております。

1月22に発売のFly Rodddersにもフライボックスの中身のご紹介と、ワイルドキャナリー・ジャシッド・イエローサリー・ファイブハックルの4パターンのタイイングを紹介して頂きました。

kurafutoten2018 3

多くの方が、これらのフライに憧れを持っておられるとよく耳にいたします。
何故憧れかと言うと、キャストするだけでクルクル回って釣りにならない・・
長いティペッを使えない・・・!
など、細く長いティペットを常用されている方にとっては、厄介なパターンであることは間違い無いのですが、そんなことを抜きに兎に角”格好良いフライ”であるから、一度はこんなフライで釣ってみたい・・

そう思う方は少なく無いんですよね。。

kurafutotenn2018 1

私が常にドライフライに対して思っている事は

『良く浮き、良く見え、壊れない』

これが第1条件です。

そして・・・

『格好いい』

さらに・・

『良く釣れる』・・・と言う事です!

これらの条件を全て満たしてくれているのが、今回フライロッダーズでご紹介したパターンです。


kurafutoten2018 4

23日〜25日の3日間、ジーニアスブースにてそのフライ達の作り方をご披露いたします。

ただ、タイイングで出展する訳ではありませんので、常にブースで行なっている訳ではなく、リクエストがあればデモンストレーションいたします。
興味のある方は、遠慮なく「タイイング見せて!」とお声がけください。

ハックルを4枚巻くコツや、ウイングの選別方法等・・裏技も紹介

そして・・一番肝心な  どうやってこのフライで上手に釣るのか?
リーダーシステムやプレゼンテーションのちょっとしたコツが分かれば、すぐに実戦で使っていただけます。
その辺りも分かり易くご説明いたします。。

憧れだったフライが実際にヤマメやイワナの口元に飾られる日は近い・・・のでは!

当日は是非ジーニアスブースへお立ち寄りください。
心より皆様のご来場お待ちしております。

クラフト展 2018 その2 «  | BLOG TOP |  » Vertigo Shadow 再来

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ