FC2ブログ

2018-10

ハンドクラフト展 ご来場ありがとうございました。

kurafutoriza1.jpg

今年も盛況のうちに無事終了いたしました。
3日間に渡り、大変多くの方にお越し頂き、感謝申し上げます。

ジーニアスブースでも、大勢の方に足を止めて頂きました。
中でもデタッチドグリップシステムは、想像以上に反響があり、販売の時期が待ち遠しいとの声も頂きました。

帰宅後のPCメールでは、すでに数件のお問い合わせを頂いていて、正直びっくりしております。
お客様の期待にお答えすべく、超特急でリリースの準備を進めて行こうと思っておりますが、今しばらくテストをし、完全なる商品であるかどうかを確認した上での発売とさせて頂きます。
今しばらくお待ちください。

その経過等は、このブログで随時アップしていきますので、気になる方は”テェック”の程、宜しくお願い致します。


kurafutoriza2.jpg

さて、盛況だったのはデタッチドグリップだけではありません。

今年は私が日頃渓流でパイロットフライとして使用しています、ドライフライのタイイングデモもさせて頂きました。
リクエストされるパターンは100%ワイルドキャナリーでした。。

キャストしているとウイングが”やじろべい”の様になる・・・
複数のハックルがうまく巻けない・・
巻いてはみるものの、使用したことがない・・ets

と、やはり日頃これらのフライを使って釣りたいのだが、どうやって使えば良いのか分からないと言う方が大変多くおられました。

タイイングのコツや実戦での使い方等の説明を加えながらですので、たった1本のフライを巻くのに随分と長丁場であったにも関わらず、多くの方に最後までご覧頂きました。
そして使い方のコツの話では、質問される方もあり、今後に期待出来るのではないこと嬉しく思いました。

この実践攻略については、4月中旬あたりに「丹沢イベント 第15回ジーニアスロッドを楽しむレクチャー」を開催予定です。ここに出席して頂きますと、今回ご紹介したワイルドキャナリーを始めとしたハックルをたっぷり巻いたスタンダードフライの使い方を実践を交えて詳しくご指導いたします。
もちろんその様なフライパターン限定の釣り方では無く、パラシュートやエルクヘヤーカディス等のフライでも大丈夫。

騙されたと思って出席してみてください。
きっとそれまでのフライフィッシングに関する人生観が変わるはずです。。。

詳しくはこの時期を見てこのブログで告知いたしますので”チェック”してください。
第14回の様子は→http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-680.html

kurafutoriza3.jpg

今回も沢山の皆様にきて頂き、そしてロッドを見て頂き、タイイングを見て頂き誠にありがとうございました。

タイイングでは、まだまだそれらのフライを使って釣って見たい人達が多くいらっしゃることも実感いたしました。
そしてデタッチドグリップに興味を持って頂きました方々の多くは、新規のお客様であったこと。
ジーニアスロッドのホームページもブログも見たことがないと言う方が、興味を示して頂きました。

ドライフライを愛好するお客様層、スイッチロッドやスペイロッドで湖や河川を楽しむお客様層との二極化がはっきりと別れたことにも、この後のジーニアスロッドとしての方向性を感じたイベントでありました。

もちろん、どちらもブレる事なく、一生懸命発信してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。

スイッチロッド用 ライン «  | BLOG TOP |  » クラフト展 2018 その3

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ