FC2ブログ

2018-09

BTSブランク組み上げ ジーニアス風

bts1.jpg

新しく出たBST(ビックトラウトアンドサーモン)は杉坂ブランドの湖用スペイロッドです。
グラスとカーボンのコンポジットで、張りと粘りを上手く融合させた、杉坂さんお気に入りの1本です。

そのブランクを使って、組み上げの依頼が来、ようやく出来上がりましたのでご紹介させて頂きます。

スペックは 13' 0" #8,9,10と正に湖スペック・・・
と言うより、朱鞠内湖でのイトウスペックですね!
そして、ご覧の通りブランクは目が醒めるような赤!
このブランクで、センスよく作って下さいとの依頼でした・・・

正直困りました。。
ここをこうして、あんな形で・・スレッドはこの色で・・と細かな指定を頂いた方が、作るには楽。
だけど、ざっくりと”センスよく”と言われても・・・

まあ〜頼まれた以上、私なりに頑張ってみました。。

bts2.jpg

組み上げるにあたり、クライアントさんは2つの意向を下さいました。
一つ目は「これをグリップの何処かに使って下さい」と緑と赤と黒のバールコルクを数個渡されました。
二つ目は、トリミングを山吹色ないしはそれに近い色を巻いて欲しい。
あとは、新藤さんのセンス・・・で・・・でした。。

グリップデザインは、Wハンドロッドの顔の様なものですから、ここが不細工で雑だったら、幾ら素晴らしいアクションでもテンションが下がります。。
数少ない指定条件をクリアしながら、どの様なデザインにするか・・

本当に悩みました。

で・・出来上がったのが写真のロッドです。

クライアントさんは、コルクに塗装が掛かっているのが嫌いらしく、卒なくかつ存在感のあるデザイン。。
いくら塗装をしないと言ってもバールやラバーコルクでコテコテのコンビネーションは避け、ブランクの色とのマッチ性を考えた結果 ご覧のデザインに・・

bts3.jpg

ブランクを入手した数日後、杉坂さんからリールシートが送られて来ました。
ALPS SPEY ALS20というリールシートですが、このシートは本来メタルフィラーが一体構造になっているもの。
それを杉坂さんが、フィラー部分を切断し手持ちの花梨バールでスペーサーを再生されています。

花梨は木固めエースという塗料?が施されていました。
これは、木目に塗料が浸透し、木の本来の風合いを損なわずに防水処理ができるという塗料です。
そう! どこの家にもある木肌むき出しの食器、例えばお碗とか・・
あれも、木固めエースで処理されているものが多いのです。

艶が無いのだけれども、しっかりと防水になっていると言うのが特徴的ですが、私はこれをあえて塗装しちゃいました。
だけど、”てらってら”に光らさず、半艶状態で仕上げています。

やっぱり、全く艶が無いものよりも、半艶とは言え多少艶がある方が高級感が出る様に思いますので・・・

bts4.jpg

さて、今度はネーム入れです。
そもそものBTSロッドは、綺麗な字で書かれています。
つまり、手書きですね!
本当に器用に綺麗に書かれています。。  羨ましいです。

僕はあんなに綺麗に書けないので、レタリングを作っちゃいました。

ロゴも勝手に作っちゃいました。。
杉坂さんには了解済みですので、思いっきり自分好みに作っちゃいました。。。

bts5.jpg
bts6.jpg

最後はバットエンドです。

以前、杉坂バンブーを作った時に使ったゴム製のマッシュルームがあったので、それを使うことにし、土台となる金具は特注で作りました。
このマシュルームは、M8の国産ネジを使用していますので、本体にもネジ穴を作り、くるくると回すだけで脱着できます。

目の覚める様な赤いブランクにスカーレットのスレッド、そしてその脇には淡いオレンジの飾り糸。
ワインレッド/ミントグリーン/ラベンダーのジーニアストリコロールもちゃんと付けました。
そして、ネーム上部にはバットエンドから丁度80cmの所にトリミングと同じオレンジで印を入れました。

本日出来立てのほやほや状態です。
クライアントさん、気に入ってもられると良いのですが・・

最近は、こんな仕事もお受けしています・・って 言う意味の投稿でした。。

ジーニアススペイロッド試投会in天竜川 «  | BLOG TOP |  »  Vertigo Shadow Switch "DEBUT"

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ