FC2ブログ

2020-12

アップアイの角度について

afly1.jpg

前回のワイルドキャナリーのタイイングでご紹介したアイの角度を変えて使うについて、私なりの考察を纏めてみました。
あくまでも私的見解の中で行っている事なので、正統ではないと言ったご意見もあろうかと思いますが、長年アップアイのフライを使ってきて、実戦で感じた事を形にしたものですので、何卒ご理解を・・・

afly2.jpg
afly3.jpg


まず上の2枚の写真をご覧ください。
両者共に、リマリックスピナーの#12です。

上の写真は前回ご紹介したアイの角度を変えた物です。
下はオリジナルの角度でワイルドキャナリーを巻いたものです。

注目して頂きたいのは、アイから出ているティペットの角度です。
アップアイのフライは、アイに直接ティペットを結ぶのではなく、ティペットはアイを通るだけで、ボディーに結びます。
フライの構造上、ティペットも最低で4X、時として3Xや2Xを用いる事が多くなります。
細いティペットでは、フライがキャスト中に回転して、グルグルにギンクしたり、空気抵抗が大きいことからしっかりターンしなかったりと、使っていてストレスが溜まるし、全く釣りにならないので使えません。

特定な条件を省けば、ティペットが太いから釣れないと言う事はないのですが、太い故に困った事も起きてしまうのもまた事実です。
その一つが、今回ご紹介したアップアイフックに巻かれたフライの使用時でした。

何が問題だったかと言うと、フライが水面で逆立ちをしてしまうと言った事が、度々あったのです。
特に、フロータントの効果が十分にある時ほど顕著でした。

何故逆立ちするのだろうか?
色々考えた結果、辿り着いたのがアイから出るティペットの角度ではないかと思ったのです。

では、何故ティペットの角度で逆立ちするのか?

私の見解はこうです。
4Xや3Xと言った太いティペットは、当然水の抵抗も大きくなります。そして太い糸は細い糸より硬くなるのも、物理的な宿命です。太くて硬い糸はちょっとした水の(水圧)の動きに影響され糸が引っ張られます。硬い糸は直ぐにフライまで連動し、フライが引っ張られると言う現象が生まれます。勿論ティペットの何処かが沈んだ状態になれば、その現象が更に顕著に起こります。その時アイから出る糸の角度が下向き(写真下)であれば、当然その方向へ引っ張られる事となり、フライの浮力が強けば強い時程、ハックルが抵抗となりテールが持ち上がる、即ち逆立ちし易くなるのでは?と考えました。


勿論常に逆立ちして困る・・・と言うものではありませんでした。
多くの場合、プレゼンテーションを計算して投げていれば、頻繁に起きる事では無いのですが、実際のフィールドでは風もなく穏やかな日ばかりでは無いし、無理な姿勢から遠くを狙わなければ行けなかったりと、思い通りキャスティングが出来ない事は日常茶飯事です。
そんな中、フライが変な形で浮かないか、常に気を付けて釣っていては神経が持ちませんでした。

こんな格好いいフライを常に使って釣りたい。。。
でも逆立ちが怖いから、肝心なポイントは違うパターンを結んでしまう。。
いつの間にか、知らず知らずこうなってたんです。

そこで一つの解決方法にたどり着いたのは、アイの角度を変えてはどうか?ということでした。
角度を変える目的は、シャンクに対して出来るだけ真っ直ぐに糸が出る様にしたかったからです。
これがまた大成功で、アイの角度を変えてからは、逆立する事は殆ど無くなりました。
(実際は少しありますが、以前ほどの事では無くなりました) 

そう!既存のフックが悪いと言う事ではありませんので、勘違いしないで下さいね。
そもそも、一般的にはハックルを厚巻をして使うと言う概念がないと言う事でしょう。
#12で1〜2枚のハックルをパラっと巻いたものであれば、アイの角度は変えなくても良いのかも知れません。
しかし、ハックルを厚く巻く事で芯が太くなり、ハックルの通り道よりアイの穴の方が低い位置となり、どうしてもそこを通るティペットはアイから下方向へ出ざるを得ません。


afly7.jpg

ちょっとこの糸の通り方を見てください。 こちらの写真はオリジナルの角度です。
ボディーに結ばれた糸は、ボディー↗️ハックル↘️アイと、アイから出たティペットはフライの下方向へ出ています。

afly6.jpg

一方こちらはアイの角度を変えたものです。ボディー↗️ハックル➡️アイという風に、ハックルを通ってきた糸は、その高さにアイの穴がある為、そこから出る糸も真っ直ぐに出ているのがお分り頂けますでしょうか。


出来るだけアイから真っ直ぐに出す事で、それまで悩んでいた現象が減った事と、何より常に神経を使ったプレゼンテーションをしなくて済む様になりました。

一部では、これらのトラブルを懸念してダウンアイフックに巻く人もおられる様ですが、それも1つの方法だと思います。
ただ、僕の場合フライフィッシングと言うものを、魚を釣ると言う理屈だけで考えてる訳では無いので、私の中で有りか無しかと問われれば、無しです。。。
例えば、糸は細く無いと釣れないと思い込んでいる人が居るとしましょう。
あながち間違いでは無いのですが、細い糸は太い糸に比べて同じ銘柄でも柔らかくなります。
柔らかければ柔らかいほど、水の流れに同調し易くなる為、ドラッグは掛かり難くなります。
と言う事は、5Xより6X、6Xより7Xや8Xと細い方が、よりナチュラルドリフトを可能にします。
そんな細い糸に今回(前回)ご紹介した厚巻スピナーフライを使うと、直ぐにティペットはヨレて”グチャグチャ”状態です。何とか細いティペットで使いたいと言う事で、フライに工夫に工夫を重ね、挙げ句の果てにはもうワイルドキャナリーでは無くなってしなってる・・・なんて事も。
既存のスタイルが格好良いと使い始めたのにいつの間にか??????

私はそう言うフライフィッシングは、したく無いのです。
やはり、格好良いフライは、出来るだけオリジナルのまま使いたい。
そのフライが太い糸しか受け付けなかったら、それで釣れる様に自分を磨く!
だから、例えばスピナーフライをダウンアイに巻く事に否定はしませんが、私自身は絶対に有り得ないと言う事です。

アップアイに颯爽と巻かれたスタイルこそが、スピナーフライの最も美しい形で有ると思うし、その美しいフライを使って釣りをするからには、自分自身も美しい釣り方をしなければいけないとも思うのです。
だから、キャスティングも練習し、タイイングも練習し、釣り方も練習する。そしてその先には、常に美しく格好良いフライを加えた美しい魚と出逢える事の出来るアングラーになれるのです。

これらのフライを、足元から遠くまで苦労する事なく実践的ループで投げなければ、美しい釣り方にはなりません。
だからロッドもその性能を有したものを使います。
小さな魚を掛けても曲がって楽しい!なんてコンセプトは何処にもありません(笑)
全てが格好良いフライを使って、格好良く釣りたい。実はそれが一番シンプルなフライフィッシングのスタイルだと思って止まないのです。

あ!すみません。。文章を書いててちょっと熱くなってしまいました。
アイの角度を変えたら良いよ!って内容だったんですが、僕自身のフライフィッシングのあり方というか、哲学と言うか、余計な事を書いてしまいましたね。。

とにかくこれらのフライで釣っておられる方々で、逆立ちの悩みを持っておられる方は、一度試してみてください。
既に巻き上げっているフライも、アイのバイスに挟んで、指で徐々に曲げる事ができますので、ぜひお試しあれ。。。


ご質問、お問い合わせはこちら→→info@genius-rod.com





プロトモデルの販売 «  | BLOG TOP |  » スピナーを格好良く巻く方法

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ