FC2ブログ

2020-12

2本のスペイロッド

test928.jpg

現在2本の新しいスペイロッドの開発に尽力しています。

1本は12' 6" #6/7で400gr前後のラインを使う事のできるロッドで、SIR-GREEN SPEYシリーズの新生ロッドとして進めています。

現在試作2本目で何とか目的のアクションが出ましたが、更に上を目指すため、もう一回試作依頼中です。
気が早いと言われそうですが、モデル名も【DAYTHREE】と決定し、リリース出来るその日を誰よりも楽しみにしております。

今年はコロナ禍のため、遠征は皆無でしたが、来年はこのロッドを持って、天竜川や犀川を攻めてみようと思う、そんなロッドです。


2本目は池田浩悦プロデュース"SakuraMaster" 第3弾 です。
第1弾は、Searcher"SakuraMaster" 13' 9" #7/8/9
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-596.html
第2弾は、Highlander"SakuraMater" 14' 8" #8/9/10でした。
http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-815.html
Searcherは池田氏が関与する前からSIR-GREEN SPEYシリーズに既存していて、そのロッドを池田氏に使って貰ったところ、『これ良いじゃない!』という事になりそのシャフトを使って"SakuraMaster"というブランドが誕生しました。

そして今年の3月、サクラマスフィールドでのハイウォーターを攻略するための長尺竿を池田浩悦プロデュースとし1から立ち上がったロッドが、Highlander"SakuraMater" 14' 8" #8/9/10でした。

本格的なハイウォーターロッドがあるのであれば、ローウォーターロッドも必要ではないか!
今まではSearcher"SakuraMaster" がその役目を担っていましたが、もっと本格的なローウォーターロッドが欲しい!とその考えは、池田さんも私も全くの同意見でした。

池田さん曰く、近年ではローウォーターもヘッドシステムで攻略する事が多くなって来たが、それを使うかどうかは別として、やはり最低でも55フィート以上のヘッドを持ったスペイラインがちゃんと使えるしなやかなアクションが欲しい。。
つまりハイランダーアクションをそのまま小型化したようなロッドです。

このロッドは現在5本目の試作依頼をかけています。
スペックは13' 5"と確定ではありませんが、ちょうど450grあたりが良い感じで使えるパワーをと進めています。
現在かなり良いところまで漕ぎ着けているのですが、今一歩決定的なフィーリングが得られていません。
と言っても、一般的に使うのであれば、もうこれで良いんじゃないの!と言うくらい良い感じのアクションになってますが、そこは池田浩悦氏です。


あの方は、納得なさいません。。。


この5本目の試作で納得のいくアクションが出ない場合は、少し長さを長くして再チャレンジしようと思っています。
サーチャーは13.9フィートです。それに近いスペックまでローウォーターロッドとして使えるらしいので、アクションの捻出の為に、長さを調節して・・と言うこととなるわけです。

5本目の試作は早くても10月中旬でしょう。
出来ればこれで打ち止たいところですが、如何なることやら。。
楽しみでもあり、不安でもある今日この頃です。








"SPORT" 10' 4" - 11' 0" #7 «  | BLOG TOP |  » バンブーの性能に痛感

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ