fc2ブログ

2024-05

ジーニアスオリジナルフライラインの話①




この度、フライラインを作る事になりました。

現在入手出来るラインでも十分釣りは可能なんですが、やっぱり僕の中にはサワダARラインの使用感が一番好きで、入手できなくなって以来、ずっとそれに変わるラインを探し続けて来ました。
そして遂に出会ったのが、リーウルフロングベリー(リーウルフラインの中でこれ1択です)でした。
ロングベリーと言うだけあって、サワダARと比べてもかなりベリーは長いのですが、キャスト中のフィーリングが物凄く似ていたんです。あとリーウルフラインではバンブーラインと言う銘柄の物も、それに似ていました。

なのでそれ以来、そのロングベリーラインを弊社ロッドの推薦ラインとして現在に至りました。
また購入価格の8000円台とお求め安い価格でしたが、現在は12000円と非常に高くなってしまいました。
これは明らかに円安が原因と考えられ、ある意味仕方ないとは思うのですが、12000円は簡単に勧められなくなってしまいました。

とは言え、このぐらいの価格は現在では当たり前・・とも言えるほど、どのラインも高額ですよね。
特にスペイラインはちょっと異常?とも言えるほど高い。。

高額なバンブーロッドを売っていて、何言ってるんだ?
と突っ込まれそうですが、私の考えはこうです。

ロッドやリールと言ったハードギアに関しては、使い方によっては一生物です。
壊れたら直して・・ガイドを交換して・・グリップも交換して・・と!
しかし、ラインはあくまでも消耗品です。
消耗品が高額だったら駄目なんです。。


オリジナルライン2

そんな事を思っていたある日のことです。
あるお客さんと話をしている時に「それじゃフライライン作れば?」との一言が・・
初めはそんなの無理だよ! 幾ら掛かるか分かんないし・・なんて電話口では初めっから諦め回答でした。

電話を切って数分後。
駄目元で一回聞いてみよう・・とあるメーカーへ問い合わせたところ。
「オリジナルライン大丈夫ですよ」との回答が。

金額もなんとか行けそうではないか。

よし決めた! ライン作ろう。。

まずは試しにそのメーカーさんの販売しておられる既存ラインを試す為、WF4FとWF5F 2本を購入致しました。
そのテスト風景が、上のYouTubeにてご覧頂けます。

使った感想をメーカーに伝え、これからの打ち合わせをしていた所、そのメーカーさんにも色々お知恵を頂き、最終的に信じられない展開になってしまったのです。今の段階では詳しくは言えないんですが、私にとっては非常に喜ばしい展開になりました。
いずれまたその内容はお伝えするとして、お客さんとの電話で、あ〜ダメダメ!と初めっから諦めて、次の行動に出なかったら、この話は無いわけで、物事はなんでも諦めては行けない・・と、物作りの基本を改めて勉強させて頂きました。

今後は、完全オリジナルラインが出来上がるまでを、youtubeとこのブログにてその経過をアップして行きますので興味のある方はどうぞお楽しみにしていて下さい。

あっそうそう。
ラインが作れると分かって直ぐに、助言して頂いたお客さんに速攻で電話したのは言うまでもありません。

師匠からの報告 «  | BLOG TOP |  » 実釣レッスン

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ