FC2ブログ

2019-02

新しいロッド

66test.jpg

この春2本の新生ショートロッドが誕生しようとしています。
スペックは、6' 6" #4/5

その1本は3ピースバンブー。
◾️Hunter(ハンター) 7' 2" #4 ◾️Mirage(ミラージュ) 7' 5" #4 ◾️Undine(アンディーン) 8' 2" #5 ◾️Charmant(シャルマン) 8' 5" #5/6 に続くモダンパラボリック  

その名は【Buzz】

アクションも完成し、2月のハンドクラフト展にて初披露
もちろんご購入頂けます。

そしてもう1本は 4ピースグラファイト。
SIR-GREEN シリーズの最短モデル。

1週間ほど前に試作第1弾が上がって来ました。
年明けは、何かと忙しく、お客様のご注文分のロッド製作の合間を縫って本日漸く試投して来ました。

ジーニアスグラファイトはある意味独特なフィーリングを持ったロッド達ばかりです。
勿論このロッドもその味を存分に出したいと、ジェッターやハントを作って貰ったデザイナーと入念な打ち合わせの元
タイプの異なる2本のシャフトを作る事にしました。
同じテーパーで作った2本ですが、素材の違いからこうもフィーリングが違うものかと、ある意味感心いたしました。
この件は、また改めて詳しくお伝えするとして、試作第1弾は、まずまずの感触でした。
恐らくですが、もう2回ぐらい作り直すと、思ったアクションになるかも・・と期待しております。

これも、出来ればクラフト展でご披露したいところですが、運良く間に合えば、販売も念頭に入れて進めていこうと思っております。残念ながら商品に成らなかったとしても、一番出来の良いテストロッドを持参しますので興味がある方は、見てやってください。

このロッドが出来れば、今年はイワナ釣りがとても楽しくなりそうですよ!

みなさん期待しておいてください!
めちゃくちゃ良い竿 作りますので・・・

既に出来上がったバンブーは、一振りしたらフィールドで釣ってるイメージが湧いて来ますよ!
早く皆さんに見てもらいたいです。。

クラフト展が待ち遠しい今日この頃です。。

迎春 2019年

2019元旦

今年も宜しくお願いいたします。

お世話になりました。


2018年もあと2日。

今年もジーニアスロッドを愛する人達のお陰で良い年を過ごすことが出来ました。

VartigoShadowSwitch(デタッチドグリップ)を2月のつるやハンドクラフト展の発表を皮切りに、今年は特にスイッチロッドやスペイロッドの発信が多く、実釣でもそれらを使ってのフィールドが多い年でもありました。
このスイッチ、そしてスペイはもう少し地固めをして行きたいと思っております。

スイッチやスペイの発信が多くなった反面、シングルハンドでの発信が少なくなり、今まで支持して頂いたお客様方に些か寂しい年になった2018年でございました。
しかし2019年は、新しいシングルハンドロッドの販売を計画しております。
そのロッドとは6' 6"の3Pバンブーと、もう1本同じスペックのSir-Green4Pグラファイトです。

3Pバンブーも4Pグラファイトも、このスペックを完成させると、私が欲しい高番手から藪沢用の低番手まで、全て揃う事となります。
つまり、実践的ロッドのラインナップは、これで完結です。
正直今までのジーニアスロッドは、「何が売れるだろうとか」とか「流行り物は何か」なんて考えて作ったことは一度も無く、只々私が使いたいロッドや、欲しいロッドばかり作って来ました。
つまり一言でいえば至って自己中ビルダーです。
このように、欲しい物を形にしていける喜び、またそのワガママなスタイルが通用する職業は他に無いのでは。
早いものでビルダー開業から18年、このスタイルでやって来ました。
こんな幸せな人生を歩めるのは、このワガママな私を受け入れてくださっている皆さんのお陰と、本当に感謝しております。

これからも皆さんの期待を良い意味で裏切るような、ロッド作りに精進して行こうと思っております。
また、ロッド作りだけではなく、そのロッドをどのように使うのか?どのようにキャストするのが良いのか?
その使い道の発信も今まで以上にお伝えしていく所存です。

どうか、ジーニアスロッドを支持して頂く方々には、私を信じてついて来て頂きたいと心よりお願い申し上げます。
”極めた者にしか見えない世界がある” 私の大好きな言葉です。
出来る事なら、みなさんと共にその世界を見たいと願っております。

来年も良い年になりますように。。


ジーニアスロッド 新藤




ニュージーランド釣行

ushikubo1_201812141124288cf.jpg


ニュージーランド旅行釣果報告です。

バズーカ砲のようなをケースを担いで行った割に、スケジュールの都合で結果として、一日しか釣りにいけず、且つ又、ここ数日、クライストチャーチ山間部で雨が続き殆どの川が濁り、川ではなく、湖へのガイドとなりました。長くなりますので以下省略しますが、写真のようにブラウン鱒の大物を御社のロッドで釣り上げました。
ガイドもこの湖で、竹竿使ったのも、このサイズを釣り上げたのも、初めて見たそうです。ガイドも御社の竹竿のキャスティングパワーと、釣り上げるパワーに驚いていました。
いずれにせよ、ニュージーランドの釣りは想像以上に繊細でした。

ushikubo2.jpg

・ロッド Master Bow Longchamp 7ft.5in. #5 3P
・ライン DT5シルクライン
・フライ ドライフライ(14)に、ニンフ(18)

投稿者:牛窪基久

第16回 丹沢レクチャー結果報告

tanzawa2018aki1.jpg

第16回 丹沢レクチャーが無事終了いたしました。

今回は2名の新規お客様を含め、17日初日が6名 18日は12名という近年稀に見る大所帯となりました。
心配していた天気も何とか持ってくれて、17日はちょっと暑いぐらいの好天でのスタートとなりました。

Read More »

丹沢レクチャーのご案内

丹沢レクチャーに参加表明頂いた全ての方々へご案内です。

参加人数の関係で17日のキャスティングレッスンを少しプラン変更致します。
18日の実釣レクチャーは予定通りです。

17日(土)参加費用 お一人¥5,000(1日コース)
参加人数が5名です。そこでキャスティングを半日、実釣を半日と言うプランに変更いたします。
どちらを前半に持って来るかは、当日の天気で決めたいと思います。
よって、17日のみ参加の方も、実釣がで出来る用意を必ず持参ください

実釣は私のレクチャーでは無く、ドライフライを基本としマンツーマンで指導いたします。

注)当日は午後から一時雨模様です、出来るだけ円滑にプランをクリアしたいと思いますので、集合時間を30分繰り上げ、8:30受付とさせて頂きます。
17日参加の方は、時間を間違わないよう、厳守で集合してください。



18日(日)参加費用 お一人¥3,000(半日コース)
午前9時から正午まで実釣レクチャーを予定通り開催いたします。
この日の参加者数は12名です。
18日のみの参加者様は、午前9時の段階で釣の出来る格好に着替えてエントリーしてください。

フィールドでは最初簡単なレクチャー(今回は水中の釣)を行い、その後希望者にご指導いたします。

水温の低下により沈んでしまった鱒達を釣る為には、フライを出来るだけ早く沈め、ゆっくり鱒達に見せる・・
その為には、どんな仕掛けで、何処にキャストして、どんな風に流すのか?
狭く早い流れを持つ日本の渓流で上手に釣る為のシステムとテクニックをご紹介いたします。

持参頂くタックルとフライは、5〜6番程度の出来るだけ長いロッドを持参ください。
お持ちでない方は、弊社グラファイトロッド、バンブーロッドの貸し出しも可能ですが、ラインはご持参ください。
リーダーは4X〜3X 9FTがあれば大丈夫です。ティペットもそれに伴うものをご用意ください。

フライは、ドライフライ、ストリーマー意外であればなんでもOKです。
レクチャーでは#10〜#12程度のウエットフライを使用いたします。

wetfly.jpg


今回オススメのフライを4本セット¥2,000で予約販売いたしました。
現在3名の方に予約を頂いておりますが、全部で6セットご用意いたしました。
よって後3セット余裕があります。
最初は4本セットのつもりでしたが、小さなソフトハックルフライ1個をおまけして5個セット¥2,000で販売いたします。

万が一ご希望の方がおられましたら、ご一報ください。

完売致しました。

予約の段階で完売しましても、当日追加販売はいたしません。
ご購入頂いた方は、18日の実釣でお使い頂けます。
昼食後は夕方まで自由行動です。各々で釣りをお楽しみください。

今回新規のお客様2名を迎えてのレクチャーとなります。
2日目が12名と予想以上に多くの方が参加されますが、事故の無いように進めて参ります。
当日は、気温も低く寒い日になる予報です。
くれぐれも防寒対策は万全にお越しください。

では、当日丹沢ホームで皆様のお越しをお待ちしております。
道中お気を付けてお越し下さいませ。


ジーニアスロッドメーカー 新藤

追伸;17日の夜から宿泊されます方、夜の宴会為の差し入れ大歓迎です。


第16回 丹沢レクチャー 2018年"秋"のご案内

meeting_20130307120124.jpg

「ジーニアスミーティング&キャスティングスクール」

恒例となりました丹沢ホームでの弊社単独イベントのご案内です。

11月17/18日(土・日)に決定。
受付11月11日(日)締め切り 受付は終了致しました

✳️11月17日(土)はキャスティングスクール(お一人様 ¥5.000)
 『短いリーダーでのナチュラルドリフト』それは投げ方の工夫で誰でもができるテクニックです。
 そのちょっとした・・を伝授いたします。
 勿論、キャスティングの基本を学びたい人も大歓迎です。

午前9時に管理事務所に集合してください。
スクール開始はおおよそですが、午前9時半頃から午後2時半頃まで。
その後ジーニアスバンブー.SIR-GREENグラファイトロッドの試投会(日没 まで)


✳️11月18日(日)実釣スクール(お一人様 ¥3.000)午前9時から正午まで その後日没まで自由行動
スクール参加希望をされない方々は、自由に釣りをしてください。

今回の実釣レクチャーは【水中の釣り】をテーマに進めて行きます。
何時ものドライフライテクニックは、ちょっとお休みし、水中をどの様に釣るかをお見せ致します。
基本的には釣り上がりのウエットフライですが、春から盛期のウエットとは違い、低水温・低活性の渓魚をどう釣っていくか?深く早い流れに速やかにフライを沈める為のシステムとアプローチ、そして当たりの取り方等レクチャー致します。


✳️両日ともに昼食は丹沢ホームさんで用意していただけます(¥900別途必要)
万が一アレルギー等で特定なものしか食べれない方はご一報ください。
丹沢ホームさんへ掛け合って見ますので。。

また、入漁券は各自ご購入ください。

「参加詳細」

① 17/18日 両日とも参加希望 で 宿泊も希望する。(宿泊費¥7,000)
  両日ともスクールに参加する。


② 17日のスクールは参加しないが18日参加希望で夕食・宿泊も希望する。(宿泊費¥7,000)



③ 17/18日 両日とも参加希望 で 宿泊はしない。
  両日ともにスクールに参加する。


④ 17日のみ参加希望。


⑤ 17日のみ参加希望で夕食も同席したい。(夕食は別途料金)


⑥ 17日の夜(宿泊)から18日(スクール参加)を参加希望 (宿泊費¥7,000)


⑦ 18日のみ参加希望 で スクールも参加希望 (お一人様 ¥3,000)

フィールドでの実釣は、レクチャーエントリー料金とは別途に入漁券 ¥4.000が必要です。

参加希望の方は”□エントリーはこちら” をクリックして、上記プランの頭数字、お名前、ご住所、連絡先を明記の上送信してください。また、上記項目以外もご希望があればご相談ください。


※18日参加の方で、実釣ウエットフライがご希望の方は、当日私がレクチャーで使うであろう(私のフェバリットフライ)をサイズ別に4本4パターンを¥2,000にて販売いたします。
これに関したは、事前の予約が必要ですので、ご希望の方は11月4日(日)迄にご予約ください。
サイズは#10~#14までの実績フライです。

皆さんのご参加心よりお待ちしていおります。


過去の記事はこちらhttp://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-category-9.html

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ