2018-04

第15回 丹沢レクチャー 2018のご案内

meeting_20130307120124.jpg

「ジーニアスミーティング&キャスティングスクール」

恒例となりました丹沢ホームでの弊社単独イベントのご案内です。

4月14/15日(土・日)に決定。
受付4月8日締め切り
予約受け付けは終了しました。

✳️4月14日(土)はキャスティングスクール(お一人様 ¥5.000)
 『短いリーダーでのナチュラルドリフト』それは投げ方の工夫で誰でもができるテクニックです。
 そのちょっとした・・を伝授いたします。
 勿論、キャスティングの基本を学びたい人も大歓迎です。

午前9時に管理事務所に集合してください。
スクール開始はおおよそですが、午前9時半頃から午後2時半頃まで。
その後ジーニアスバンブー.SIR-GREENグラファイトロッドの試投会(日没 まで)


✳️4月15日(日)実釣スクール(お一人様 ¥3.000)午前9時から正午まで その後日没まで自由行動
スクール参加希望をされない方々は、自由に釣りをしてください。

この実釣スクールは、丹沢のフィールドをどう釣るのかの指導ではありません。
短いリーダーでの実践です。どのようにそのフライをプレゼンテーションすれば綺麗に流せるのか?
そのためには、どのようなループを作らなければいけないのか?等を詳しく説明いたします。
このレクチャーはフィールドで困らない様に、基本的なプレゼンテーションをご指導いたします。


✳️両日ともに昼食は丹沢ホームさんで用意していただけます(¥900別途必要)
万が一アレルギー等で特定なものしか食べれない方はご一報ください。
丹沢ホームさんへ掛け合って見ますので。。

また、入漁券は各自ご購入ください。

「参加詳細」

① 14/15日 両日とも参加希望 で 宿泊も希望する。(宿泊費¥7,000)
  両日ともスクールに参加する。
□エントリーはこちらから→order@genius-rod.com

② 14日のスクールは参加しないが15日参加希望で夕食・宿泊も希望する。(宿泊費¥7,000)
□エントリーはこちらから→order@genius-rod.com


③ 14/15日 両日とも参加希望 で 宿泊はしない。
  両日ともにスクールに参加する。
□エントリーはこちらから→order@genius-rod.com


④ 14日のみ参加希望で夕食も同席したい。(夕食は別途料金)
□エントリーはこちらから→order@genius-rod.com


⑤ 14日の夜(宿泊)から15日(スクール参加)を参加希望 (宿泊費¥7,000)
□エントリーはこちらから→order@genius-rod.com


⑥ 15日のみ参加希望 で スクールも参加希望 (お一人様 ¥3,000) 入漁券別途必要 ¥4,000
□エントリーはこちらから→order@genius-rod.com

参加希望の方は”□エントリーはこちら” をクリックして、上記プランの頭数字、お名前、ご住所、連絡先を明記の上送信してください。また、上記項目以外もご希望があればご相談ください。


※POWER-BOW Lyric(3P BAMBOO)全モデル試投、SIR-GREENグラファイト全モデル試投、新生VertigoShadowSwitchの試投もできますので、ご希望される方はご一報ください。
また、14日夜(夕食後)タイイングデモも可能ですので、希望者はエントリー時にご一報ください。

皆さんのご参加心よりお待ちしていおります。


過去の記事はこちらhttp://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-category-9.html

スイッチロッド用 ライン

ballis.jpg

デタッチドグリップシステム スイッチロッド用のラインが届いた。
軽いものから順に ◼︎5/6F-320gr(20gm) 30f ◼︎6/7F-380gr(24gm) 32f ◼︎7/8F-440gr(28gm) 33f

このバリスティックラインは、スカンジナビアンヘッドで、長さも9m~10mと短めに設定されているため10f~11fのスイッチロッドにぴったりです。
また、重さの割にライン全体が細いので、オーバーヘッドキャストも十分できる優れたラインです。

いずれロッドが完成しましたら、どこか関東地方に近い河川での試投会も計画していますので、興味のある方は楽しみにしておいて下さい。

ハンドクラフト展 ご来場ありがとうございました。

kurafutoriza1.jpg

今年も盛況のうちに無事終了いたしました。
3日間に渡り、大変多くの方にお越し頂き、感謝申し上げます。

ジーニアスブースでも、大勢の方に足を止めて頂きました。
中でもデタッチドグリップシステムは、想像以上に反響があり、販売の時期が待ち遠しいとの声も頂きました。

帰宅後のPCメールでは、すでに数件のお問い合わせを頂いていて、正直びっくりしております。
お客様の期待にお答えすべく、超特急でリリースの準備を進めて行こうと思っておりますが、今しばらくテストをし、完全なる商品であるかどうかを確認した上での発売とさせて頂きます。
今しばらくお待ちください。

その経過等は、このブログで随時アップしていきますので、気になる方は”テェック”の程、宜しくお願い致します。


kurafutoriza2.jpg

さて、盛況だったのはデタッチドグリップだけではありません。

今年は私が日頃渓流でパイロットフライとして使用しています、ドライフライのタイイングデモもさせて頂きました。
リクエストされるパターンは100%ワイルドキャナリーでした。。

キャストしているとウイングが”やじろべい”の様になる・・・
複数のハックルがうまく巻けない・・
巻いてはみるものの、使用したことがない・・ets

と、やはり日頃これらのフライを使って釣りたいのだが、どうやって使えば良いのか分からないと言う方が大変多くおられました。

タイイングのコツや実戦での使い方等の説明を加えながらですので、たった1本のフライを巻くのに随分と長丁場であったにも関わらず、多くの方に最後までご覧頂きました。
そして使い方のコツの話では、質問される方もあり、今後に期待出来るのではないこと嬉しく思いました。

この実践攻略については、4月中旬あたりに「丹沢イベント 第15回ジーニアスロッドを楽しむレクチャー」を開催予定です。ここに出席して頂きますと、今回ご紹介したワイルドキャナリーを始めとしたハックルをたっぷり巻いたスタンダードフライの使い方を実践を交えて詳しくご指導いたします。
もちろんその様なフライパターン限定の釣り方では無く、パラシュートやエルクヘヤーカディス等のフライでも大丈夫。

騙されたと思って出席してみてください。
きっとそれまでのフライフィッシングに関する人生観が変わるはずです。。。

詳しくはこの時期を見てこのブログで告知いたしますので”チェック”してください。
第14回の様子は→http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-680.html

kurafutoriza3.jpg

今回も沢山の皆様にきて頂き、そしてロッドを見て頂き、タイイングを見て頂き誠にありがとうございました。

タイイングでは、まだまだそれらのフライを使って釣って見たい人達が多くいらっしゃることも実感いたしました。
そしてデタッチドグリップに興味を持って頂きました方々の多くは、新規のお客様であったこと。
ジーニアスロッドのホームページもブログも見たことがないと言う方が、興味を示して頂きました。

ドライフライを愛好するお客様層、スイッチロッドやスペイロッドで湖や河川を楽しむお客様層との二極化がはっきりと別れたことにも、この後のジーニアスロッドとしての方向性を感じたイベントでありました。

もちろん、どちらもブレる事なく、一生懸命発信してまいりますので、宜しくお願い申し上げます。

クラフト展 2018 その3

「クラフト展ネタ 最終回」
3pno1.jpg

クラフト展での出展品のお知らせはこれで最後です。
ちょっとデタッチド・グリップの記事で時間を取り過ぎて、肝心の販売用ロッドの告知が随分と遅れてしまいました。

しかし、ここでしっかりと宣伝させて頂きます。。

今回の即売品は、昨年リリースいたしました『Power-Bow Lyric』3pバンブーシリーズです。
この3Pバンブーは一気に4アイティムリリースいたしましたが、その中でも解禁からすぐに使って頂ける様、渓流用ドライフライロッドを2本ご用意致しました。

モデル名は ”Hunter"と"Mirage"
Hunter(ハンター)は7' 2" Mirage(ミラージュ)は7' 5"  共にラインは4番。
両者とも言わずと知れた、完成度の高いHS/HLキャスティングが可能であるとともに、かつて無い柔軟性を持ち合わせた全く新しいパラボリックアクションです。


3pno2.jpg

日頃私はハックルをしっかりと巻いたドライフライをパイロットフライトして常用しております。
それらのフライで上手にナチュラルドリフトさせる為には、プレゼンテーションループを出来るだけ高い位置から水面に向かって鋭角に発射した方が、そうで無いものより、明らかにナチュラルで流れる距離あるいは時間が違います。
さらに理想を言えば、鋭角に発射したループのベリー部は、腹の膨らんだ状態では無く、”ピン”と張った状態が望ましい。
この辺りの詳しい説明は、クラフト展当日 タイイングデモをご覧頂きながら聴いて頂けると、より一層ご理解が得られると思います。

これらのループを作るには、どうしてもティップの強いアクションでないと上手くいきません。
簡単に言うと、ティップの強いロッドを使う事で、理想のループが簡単に作れてしまう・・と言う事です。

今までのジーニアスロッドは、そのループに特化するがあまり、ティップの柔軟性を何処かで犠牲にしてきました。
とは言うもののキャスティング養成ロッドを作ってきた訳では無いので、釣竿としての性能を一番に考えた上でのアクション作りであった事は言うまでもありませんが、その境目が、どちらかと言えばキャスティングの方にありました。

3pno3.jpg

今回の3Pモデルは、既存の2Pモデル(Power-Bow)に比べて、幾分ティップの柔軟性をプラスしての設計としています。
3P構造で優れたアクション(パラボリック)を作るには、2Pでやっていた概念を根本から変えないと完成しませんでした。
特にティップのテーパーには苦労いたしました。
と言うのは、2Pの時の様なテーパー構造では、たとえ7フィートそこそこの長さでも持ち重り感が出てしまい、1日中釣りに使うにはちょっと問題があり過ぎました。
そこでティップの強さをギリギリまで落として作ってみたところ、驚くほど軽く感じるロッドに生まれ変わりました。
ティップが軽くシャープになったお陰で、セカンドセクションやバットセクションも今まで以上に贅肉を落とせる事となり、結果的に非常に軽くシャープでありながら、しっかりと伝統的パラボリックアクションを継承する事に成功いたしました。
見事なまでに完成したHS/HLキャスティングを約束してくれる一方で、硬過ぎないティップは、極めて近距離のアプローチもスムーズかつ滑らかにこなしてくれる、最高のアクションです。

3pno4.jpg

3Pはとかく重たい意識が拭い取れませんが、全く持ち重り感がなく、むしろ今までの2Pモデルより軽いんじゃ無いかと思うくらいバランス良く出来上がっています。

今回の3Pモデルは、どれも皆自信作です。
どうぞ手に取って、そのポテンシャルをお確かめください。
即売品ではございませんが、Undine(アンディーン) 8' 2" #5 とCharmant(シャルマン)8' 5" #5/6のデモロッドは持参いたしますので、興味のある方はご覧ください。

クラフト展販売価格
◼️Power-Bow Lyric "Hunter"(ハンター) 7' 2" #4 3P
¥199,000(税込)(フルオプション仕様)

◼️Power-Bow Lyric "Mirage"(ミラージュ)7' 5" #4 3P
¥202,000(税込)(フルオプション仕様)

3Pバンブー情報は→http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-entry-673.html

当日はSIR-GREENグラファイトのデモロッドも持参いたします。
テーブルスペースの関係上展示はいたしませんが、手に取ってご覧いただけますので、お気軽にお声がけください。
SIR-GREEN情報は→http://geniusrod.blog118.fc2.com/blog-category-55.html

kurafutoten2018 4

皆様のご来場 心よりお待ちしております。

クラフト展 2018 その2の2

「クラフト展ネタ  その2の2」

kurafuto2no2.jpg

またまたデタッチド・グリップのお話です。

クラフト展では、2本の異なるデザインのグリップをご覧頂けます。
グリップ下に写ってますグラファイトは、弊社Sir-GreenのHandsomeBoy G-7, ARSTA, RYDEENのシングルハンド3Pモデルをそのまま使用しています。
そのブランクのバットエンドにコレットを接着し、そこへご覧のグリップが接続できるように致しました。

当初は、ちょっとした遊び心で試してみたのですが、個々にスカンジナビアンヘッド等が、ご機嫌にマッチすることから、本格的にスイッチロッドとして立ち上げる事と致した次第てあります。。
オーバーヘッドキャスト用のシングルハンドですが、ハイスピード・ハイラインを可能にしたアクションは、ティップの強さもスペイラインを投げるに十分な強さを有しておりました。

グリップがおおよそ1フィート4インチで、グリップエンドまでのロッド長は、HandsomeBoy G-7が11フィート 丁度で#7指定の400~440gr(25g前後)。
ARSTAが10フィート4インチ #6指定で350~380(23g前後)そしてRYDEENは10フィートで#5指定の320~330gr(20g前後)とどれも9m前後のスカンジナビアンシューティングヘッドとのマッティングはぴったりです。

このロッド達は、Vertigo-Shadowシリーズとして、新たにリリース予定ですが、もう少しだけテストを繰り返そうかと思っております。
 
kurafuto2no3.jpg

先日からお伝えしています、デタッチド・グリップ・システムのバンブーロッド。
このロッドも今後は、グラファイトとの汎用性を持たせるため、コレット形式で脱着することにいたします。

グリップ1本あれば、あとはシャフトを買い足していただくだけ・・
その日の気分や、フィールド状況で、シャフトを着せ替えていただけます。

勿論、気に入ったシャフト1本で、デザインの異なるグリップを着せ替えて・・
お気に入りのリールには、この形状のグリップを・・
なんて遊び心で色々楽しんでいただけるでしょう。
そのためには、グリップデザインも、基本形を2タイプ。
あとは、お客様のお好みでカスタマイズ・・なんてこともありです!

kurafuto2no4.jpg

色々とユニークなロッドですが、システムが良かっても肝心のアクションがダメでは、元も子もありません。
クラフト展では、実際にグリップを接続してアクションをご確認ください。
グリップ合成も完璧で、不安要素は一切ありませんので、その辺りもテェックして見て下さい。

どのロッドも今すぐフィールドへ出掛けたく成る様な、素晴らしいアクションを有しておりますので、クラフト展当日は是非楽しみにお越しください。

クラフト展 2018 その2

「クラフト展ネタ その2」

krafuto1.jpg

以前このブログで、グリップが脱着式のバンブーロッドをご紹介しました。
その節、詳細は改めて・・・という事で、実に中途半端な記事になってましたが、とうとう出来上がりました。

スペックは9’2” スイッチロッドで、当初20g前後のラインが丁度良いと思ってましたが、23g前後340gr〜350grと当初の予想よりも1つ重たいラインがベストマッチいたしました。
スペイラインとしての番手表示をするならば、5/6番といったところでしょうか、小さな本流と言いますか、中規模な渓流上流部と言いますか、日頃6番前後でウエットフライをしている様なフィールドに丁度良いロッドになりました。


krafuto3.jpg

このロッドの特徴は、何と言ってもグリップが脱着式であるという事です。
このシステムは、グリップと本体を接続するフェルールを汎用出来れば、短く軽いスペックや逆にもう少し長く重たいラインが投げられるスペックのロッドを着せ替えられると言う、大変ユニークな発想から形にしてみました。

krafuto2.jpg

しかし、バンブーロッドに使われる金属フェルールでは、太さの違うブランクを同じサイズのフェルールで使用するのは少々無理が生じます。だからと言って、そのブランクに合うフェルールを1から作っていたのでは、時間と経費が掛かり過ぎました。。。

何か良い方法はないかと、閃いたのがバスロッドに採用されているコレットタイプのグリップ脱着方法です。
バス釣りに馴染みのない人は、何の事かさっぱり?と思いますが、バスロッド(ベイトロッド)では昔からグリップが脱着できるシステムが採用されていて、その性能と言いますか、システムと強度は実証済みです。


kurafuto7.jpg

一つ問題は、バスロッドは長くても6フィートそこそこ。
フライロッドを採用した場合、少なくとも8フィート以上のブランクを支えなければいけないこととなるので、強度的に大丈夫なのか?

でもこれが上手く行けば、グリップは1本で、色々なフィールドやそのシュチエーションに対応するロッドを着せ替えることができる・・

案ずるより・・・・

強度計算をしながらバスロッドで採用されているコレットを試作してみました。

上の写真 下のロッドがそれです。
グリップ先端の金属部がネジ式になっていて、ブランクに接着されている丸く太い金具を、グリップ先端に突っ込みます。
そして、グリップ先端の金属ネジを回して硬くなるまで締め込みます。
するとブランクはしっかりと固定され、抜けることはおろか、回ることもなくしっかりとロックされるのです。

krafuto6.jpg

写真はまだプロトモデルです。
このシステムを完成させてから、毎日のようにラインを通して投げてテストをしていますが、現在のところ特に問題になるトラブルはありません。
もうしばらくテストをして、強度的に大丈夫と確信した段階で商品化をと思っております。

写真のバンブーは、このシステムを考える少し前に出来上がったものですので、通常の金属フェルールがついていますが、バンブーもこのコレット方式にすれば、その日の気分でバンブーを使ったりグラファイトを使ったりと色々楽しめます。

とりあえずテスト第1段階としては、まずまずの成功です。
このロッドは、皆さんにも触って頂き、意見をお聞きしたいこともあり、クラフト展へ持参いたします。

バスロッドの世界では当たり前のシステムでも、フライロッドの世界では、大変ユニークなこのシステム。
私はこれを「DETACHED GRIP SYSTEM」デタッチドグリップシステムと名付け、バーティゴシャドーシリーズとして
再出発させようと思ってます。。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

GENIUS ROD MAKER

Author:GENIUS ROD MAKER
このブログは、ジーニアスロッドメーカーの正式サイトです。

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ